女性側の事情に踏み込んだ男性には分かりにくい知識習得体験の話

公開日: : 最終更新日:2016/07/01 ネタ・雑学

【キーワード】きっかけ

女性に夢を見ている男性諸氏の幻想を粉々に打ち砕く(笑)貴重なエントリです。

女性がエロ知識を習得するきっかけは何なのか考えてみた - まじまじぱーてぃー

女性がエロ知識を習得するきっかけは何なのか考えてみた – まじまじぱーてぃー

女性なのに慎みがないと噛みついてくる時代錯誤な男性も中にはいますから、女性諸氏はこういうことをなかなか語りたがらないものです。女性同士なら既に分かっていることですから、あえて外に向けて語ることで男性諸氏のヘイトを集める必要もあるまいという保身も働きますしね。

女子高出身者が当時を振り返って語る話のなかでも、休み時間に級友が大声でえげつない下ネタの話をしてた、なんて体験を聞かされます。
なので、この記事の4.女子会以下のくだりには大きく頷くよりありませんでした(笑)
これが実体なんだなぁ……うん(^^;

表に出して男性の耳に入るとそれだけで叩かれる率が高い分、こういう方面の話に関しては女性はどうしても慎重にならざるをえない中、男性諸氏にも伝わりやすい形でこういう話に触れてくれたのは、やはり英断だと思われます。

この記事に寄せられたはてなブックマークの各コメントにも、自らの体験談について語っているものがいくつかあり、それぞれ大変興味深いものとなっております。お時間ある方はこちらもぜひ。

関連記事

20141115

人の体験談を読むと自分の知らなった世界を垣間見てびっくりすることがある

【キーワード】びっくりした けっこうみんなすごい体験してるんだな……! びっくりした

記事を読む

20160715

元の価値以上の値段がついた硬貨について中学生が調べている

【キーワード】貴重な ギザ10の存在は知っていたけど、フデ5の存在は知りませんでした…… 貴

記事を読む

20131116

淡々と記録されたものの価値は計り知れない

【キーワード】独特な言い回し こういう記事に出会えるから、ネット徘徊はやめられないんですよww

記事を読む

20160408

風刺ネタでは安定のアンサイクロペディアを堪能する

【キーワード】よくあること アンサイクロペディアにはこんな項目もあったんですねぇ。 ライバル

記事を読む

20140721

古来からある諺の真偽を本当に確かめた人。

【キーワード】効果覿面 こういう実験を本気で真剣にやっちゃう人、好きだ―ww ネコに

記事を読む

20140523

身近な動物たちの生態、意外に知らないものが……

【キーワード】奥が深い 動物園などで目にする身近な動物たち。 でも、けっこう知らないことが多

記事を読む

20140314

予想の斜め上の行動をとられると、その場の状況そっちのけで腹筋崩壊してしまう。

【キーワード】まさかの エントリタイトルから男性を想像しながら読んでいたらまさかの女性wwww

記事を読む

20151215

名は体を表すとはよく言ったものだ

【キーワード】印象が変わる 芸名って、本人が考えるんでしょうか、それとも事務所かなぁ。

記事を読む

20150904

知らなくても全く支障のない、しかし知れば少し楽しい、そんな雑学

【キーワード】見方が変わる こういう、コネタというか、雑学系のネタに弱いワタクシ……(´・ω・

記事を読む

20131024

中島みゆき御大の歌にも「時代はまわる」とありましたが……

【キーワード】形を変えて これが2010年年末のアンケート結果なのかぁ。 復活してもいいかも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑