多彩な表現力に磨きをかけるための一方策

公開日: : 最終更新日:2016/06/23 ウェブ・IT関連

【キーワード】たまたま

青空文庫の偉大さはいまさら語るまでもありませんね。
過去の名著がボランティアの皆さまのたゆまぬ努力によって保存され提供されているのですから。
そんな青空文庫ですが、読む以外にも、たくさんの活用用途があり、全文検索などもその一つです。

青空てにをは辞典 「たまたま~」

青空てにをは辞典 「たまたま~」

そんなわけで、いくつかある青空文庫の全文検索システムの中の一つ青空WING ~~ 青空文庫の全文EPWING ~~から、青空てにをは辞典 「たまたま~」の項目が引っ掛かりました。

「たまたま」という言葉と共に使用されている語句の一覧が表示されているのですが、一文一文を読んでいるだけでさまざまな想像力をかきたてられます。
一緒に使われる機会の多い言葉が紹介されているわけですから、文章作成に悩む人たちにとってはこういったページに目を通すだけでも大きな助けになるのではないでしょうか。

青空てにをは辞典 総索引のページを見ていると、どんな言葉が文人たちによく選ばれているのかも垣間見えて、眺めているだけで飽きません(^^)
日本語の奥深さ、表現力の多彩さが垣間見える、そんなサイトです。

関連記事

20150526

PCの小技は実際に手を動かしてはじめて体が覚えるもの

【キーワード】圧倒的 長くPCに触れている人でも、案外ショートカットとか小技とか知らなかったり

記事を読む

20150202

焦ってしまうような事態に陥ったときこそ、まずは落ち着いて深呼吸を!

【キーワード】むしろ安心 あまりにも当たり前でありながら、まさに真理だ!と感じずにはいられない

記事を読む

20140712

思わぬきっかけでコンピューターの歴史をたどる

【キーワード】隔世の感 タイトルがすべてって感じです! 屋内外・野外のWeb利用の無

記事を読む

20150408

Apple社がキーボード配列において一時期CapsLockキーを右側に配置していたのは何故なのだろう?

【キーワード】稀な CapsLockキーが右側にある、iMacのキーボードを紹介している記事で

記事を読む

20140708

いわゆるウェブ日記サービスがいくつかいまだに現役なことにびっくりした。

【キーワード】隔世の感 サービス名を聞いただけでなつかしさのあまり悶絶しそうになりましたよww

記事を読む

20140822

ウェブで男性に人気のある男性タレントの特徴ってもしや……

【キーワード】話題になる このランキング、ネットに親しんでいる男性に聞いた、と言うところがミソ

記事を読む

20140425

人気のある公式アカウントはフォロワーとの交流も密ですね。

【キーワード】わざわざ これは昨年、2013年のエイプリルフールの出来事ですね。 警

記事を読む

20140911

そう言えばフラットデザインって突然出てきていつの間にか浸透してたよね

【キーワード】~の利点 そう言えば去年の春先から今頃にかけて、ちょうどこの話すごく盛り上がって

記事を読む

20140910

ブラウザの世界に、GoogleChromeが登場した時のような衝撃はまた訪れるのだろうか

【キーワード】~の利点 2010年9月の質問……ということは、4年前の状況ですね。 ITの世

記事を読む

20151116

くだらないことを考えて実行してみる好奇心

【キーワード】役に立たない これ、好きだわーwwwww 役に立たないけど面白いネタ的ブッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑