人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

公開日: : 最終更新日:2016/06/18 コラム・エッセイ

【キーワード】やりすごす

あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います。
ですが、多くの人に読んでほしいので、紹介することにしました。

断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ

断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ

自分を「被害者」の立場に貶めるのは簡単です。置かれた環境や状況のなかで、最悪な部分にだけ焦点を当て、そのことだけを取り上げればいいのだから。でも、それでは救われないのが人というものです。
だからこそ、自虐とは、そうすることでしか自身の傷を昇華するための方法がない人たちに与えられた、最後の自由なのかもしれません。

ワタクシ自身、リアルで誰かと対面する局面で絶えずしゃべり続け、あげくの果てに「喋る機関銃」だの「喋るのをやめると死ぬ人」だのという名誉ある二つ名(?)を頂戴するに至ったのは、自虐でしか自分の傷を隠す方法を知らなかったからでした。
今は、自分の気持ちを落ち着ける方法を身に着けるに至ったので、喋り続けるというほどでもなくなりましたが。

人それぞれに抱えているものがあり、それをどうにかやりすごして自分自身のバランスを探しながら生きている、そんな当たり前のことが、淡々と迫ってくる圧巻の文章です。ぜひ、ご一読を。

関連記事

20140920

大きな買い物にはいろいろな人間ドラマがつきもの

【キーワード】的確すぎて 不動産仲介をしているTHR住宅流通グループというサイト内の、「家」を

記事を読む

20150806

話し上手と話好きの間には天と地ほどの差が開く

【キーワード】~より~のほうが 意外な結果のようにも思えますが、読み進めると妙に納得させられて

記事を読む

20160122

気になった事柄を調べるために関連情報をたどるのが楽しい。

【キーワード】身近な謎 昔懐かし「トリビアの泉」だったら、へぇボタンを連打したくなるような話で

記事を読む

20160530

田舎暮らしの欠点をあげつらった上で、それでも田舎暮らし楽しいと言えるなら

【キーワード】憧れる 最近、田舎暮らしに憧れる人が多いんですってね。 あちらこちらで田舎暮ら

記事を読む

20131104

腹筋崩壊必至!フェアレディZにはとんだ災難。

【キーワード】インパクトが強い 久しぶりに馬鹿笑いしちゃいましたよーwwwww タイトルだ

記事を読む

20150612

後悔しない学生生活を送ってほしい、と願うのは、後悔ばかりの学生生活を送ってきたから。

【キーワード】振り返って 勉強「だけ」をやっていて許されるのは学生時代だけ。 だから、その後

記事を読む

20150822

物事には必ず表裏があるのだから、どうせなら裏を見るより表を見たいものだ。

【キーワード】無茶をする こういうものの考え方、好きなんです。 結局のところ、ある人の持つ強

記事を読む

20140614

占いというものの本質はどこにあるのか。

【キーワード】刺激された ああ、すごく共感できるなぁ。 大運の話 - 普通すぎる占い

記事を読む

20140830

いま残っているいろんな言葉たちには、それを拡散しようとしたたくさんの人たちの意志がこもっている。

【キーワード】永遠に語り継がれる いま巷にあふれている「名言」も、誰かが語り継いできたから、名

記事を読む

20151125

理想の本の手に入れ方

【キーワード】意外なところから 電子書籍擁護派のワタクシですが、今でもリアル書店大好きです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑