人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

公開日: : 最終更新日:2016/06/18 コラム・エッセイ

【キーワード】やりすごす

あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います。
ですが、多くの人に読んでほしいので、紹介することにしました。

断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ

断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ

自分を「被害者」の立場に貶めるのは簡単です。置かれた環境や状況のなかで、最悪な部分にだけ焦点を当て、そのことだけを取り上げればいいのだから。でも、それでは救われないのが人というものです。
だからこそ、自虐とは、そうすることでしか自身の傷を昇華するための方法がない人たちに与えられた、最後の自由なのかもしれません。

ワタクシ自身、リアルで誰かと対面する局面で絶えずしゃべり続け、あげくの果てに「喋る機関銃」だの「喋るのをやめると死ぬ人」だのという名誉ある二つ名(?)を頂戴するに至ったのは、自虐でしか自分の傷を隠す方法を知らなかったからでした。
今は、自分の気持ちを落ち着ける方法を身に着けるに至ったので、喋り続けるというほどでもなくなりましたが。

人それぞれに抱えているものがあり、それをどうにかやりすごして自分自身のバランスを探しながら生きている、そんな当たり前のことが、淡々と迫ってくる圧巻の文章です。ぜひ、ご一読を。

関連記事

20150530

探していると見えない、作りだそうと思えば見える、それが人生の意味。

【キーワード】圧倒的 意味なんてないと気づいたときがスタート地点ですよ、きっと。 生きて

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20150414

人間にも飼い犬にも優しい共生社会への提案。

【キーワード】プラスアルファの 1999年に書かれたコラムです。 もう16年も前の記事にもか

記事を読む

20150214

人生を変えるほど大きな影響を与えてくれた人との再会は、二重の意味で恐いもの

【キーワード】ホッとした ああ、自分にもこういう存在、いるなぁ……。 ちょっと懐かしい記憶を

記事を読む

20140307

執着やこだわりを捨てたら幸運が舞い込む……かもしれない。

【キーワード】覚悟を決めたら どれもこれも一理あるなぁと思っちゃいましたね。 実録!

記事を読む

20150926

枠にとらわれず、さまざまな分野から、良いものを吸収していく有利さ

【キーワード】冷静でいられない TFTを紹介しているお坊様がいたことに、ちょっとびっくりしてし

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20150627

歳をとったから丸くなるのではない、変化を受け入れた人が変化に対応した結果、丸くなったように見えるのだ

【キーワード】分けて考えれば 白黒はっきりつけたがる性分の裏に何があるのか。 そこら辺りにも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑