人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

公開日: : 最終更新日:2016/06/18 コラム・エッセイ

【キーワード】やりすごす

あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います。
ですが、多くの人に読んでほしいので、紹介することにしました。

断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ

断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ

自分を「被害者」の立場に貶めるのは簡単です。置かれた環境や状況のなかで、最悪な部分にだけ焦点を当て、そのことだけを取り上げればいいのだから。でも、それでは救われないのが人というものです。
だからこそ、自虐とは、そうすることでしか自身の傷を昇華するための方法がない人たちに与えられた、最後の自由なのかもしれません。

ワタクシ自身、リアルで誰かと対面する局面で絶えずしゃべり続け、あげくの果てに「喋る機関銃」だの「喋るのをやめると死ぬ人」だのという名誉ある二つ名(?)を頂戴するに至ったのは、自虐でしか自分の傷を隠す方法を知らなかったからでした。
今は、自分の気持ちを落ち着ける方法を身に着けるに至ったので、喋り続けるというほどでもなくなりましたが。

人それぞれに抱えているものがあり、それをどうにかやりすごして自分自身のバランスを探しながら生きている、そんな当たり前のことが、淡々と迫ってくる圧巻の文章です。ぜひ、ご一読を。

関連記事

20150612

後悔しない学生生活を送ってほしい、と願うのは、後悔ばかりの学生生活を送ってきたから。

【キーワード】振り返って 勉強「だけ」をやっていて許されるのは学生時代だけ。 だから、その後

記事を読む

20141025

免許証にしがみついている年配者は「自分だけは大丈夫」病にかかっている

【キーワード】勇気ある決断 この勇気は多くの人に持ってほしいけど、ほんとみんな、しがみつくよね

記事を読む

20150808

一度きりの人生を、より楽しく生きるための考え方

【キーワード】~より~のほうが この人の考え方、すごく好きだなぁ。 実は『人生は辛いこと

記事を読む

20150212

人の振り見て我が振り直せ、というのは、自覚が伴うかどうかが大事だということでもある。

【キーワード】ホッとした これは! ホッとするとこ間違ってる!と指摘したい。強く指摘したい!

記事を読む

20131005

体罰と、そうでないものを分ける境界線

【キーワード】人生で初めて ……泣いた つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 紹介記事のタイトル

記事を読む

20140307

執着やこだわりを捨てたら幸運が舞い込む……かもしれない。

【キーワード】覚悟を決めたら どれもこれも一理あるなぁと思っちゃいましたね。 実録!

記事を読む

20140612

手の届く範囲の憧れがどんどん消えていく

【キーワード】刺激された 昔から憧れつつ、結局一度も乗らずじまいだったなぁ……( = =) ト

記事を読む

20150303

変わっていく自分をどんどん楽しめたらそれが最高。

【キーワード】変化する 変化を認めないわけではなく。 単にどう変化するか予測できないから、想

記事を読む

20141227

期待すべきは読み手の読解力ではなく自分自身がどこまで書ききれているか

【キーワード】スルーできない 読み手に期待しないということですね。 ……と書くと、なんだか上

記事を読む

20160730

自分自身との約束を守れた時に得られるものの大きさ

【キーワード】制約が多い 繰り返し登場する「ゆるまない」という言葉が、とても印象的な文章です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑