職場での下世話な下ネタ世間話に巻き込まれそうになったなら……

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】やりすごす

男性が多い職場の時には、確かにこういうの、ありましたね……。
言いだしっぺはそれが面白いと本気で思っているあたり、始末に負えませんが(え)
下種な発言をする人間はどこにでもいるものです。

職場で下ネタ発言をされた時に関係を壊さない上手な返し方

職場で下ネタ発言をされた時に関係を壊さない上手な返し方

ワタクシが下ネタ合戦に巻き込まれた場合によく使った手は、この記事で紹介されている5.発言の内容について、厳しく批評するでした。
で、最後に、実体験が伴わない童貞くんのネタなんてその程度かー、底が浅いなーと追い打ちをかけてやると、確実に下ネタは封殺できたものです。ええ、すっごく嫌な奴になってましたよ、当時のワタクシ。

なのに。
嫌われるのを覚悟の上でこうして毎回、下ネタを封殺してやったら、なぜか、嫌われるどころか、当時の職場でのあだ名が「姐さん」になりました…………ヽ(´ー`)ノ ふっ
あまつさえ、恋愛ごとの相談を持ち掛けるようになるとはなにごとかぁヽ(`Д´)ノ ぷんすか
んなもん、ただの耳年増に決まっておろーがwwwww(自爆)

このように、効果覿面な方法ではありますが、効果的すぎるゆえの弊害もありますので、使用には細心の注意を払うことをお勧めします(何 ι )

関連記事

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20151114

長いスパンで考えれば、すべては収まるべきところに収まる

【キーワード】ひらめき この筆者が、大学院生の頃に恩師に言われたという一言、「一つの説を立てた

記事を読む

20140429

まだまだ世の中捨てたもんじゃないよ

【キーワード】ムキになって 正直、正論ばかりが並んで安心してしまいました(^^; ア

記事を読む

20150521

少し穿った見方をするくらいのほうが、本質に切り込めるのかもしれない

【キーワード】物は言いよう これは面白い着眼点の記事ですね。 物は言いよう - 働く母の

記事を読む

20160624

キワドイ話だからこそ、本質を突くことができるのかもしれない

【キーワード】たまたま しょっぱなから割とキワドイ話をしているので、これをどう紹介したものかた

記事を読む

20151120

勉強が実社会で役に立つか否かという、定期的に立ち上がる問題

【キーワード】役に立たない 「勉強は実社会で役に立つか否か?」 これ、定期的に話題になります

記事を読む

20150331

新しい職業は確かにどんどん現れるが、既存の職業を蔑ろにする理由にはならない。

【キーワード】思いもしなかった いま世の中を動かしている仕事のほとんどが、10年前、20年前に

記事を読む

20140321

意味が変わらないならネガティブな言い方よりポジティブな言い方のほうがいいよね。

【キーワード】理由について これはリアルに使える予感(ゑ) 少なくとも、退職理由3のところな

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20160322

本質をとらえる生き方で能動的に生きる

【キーワード】理解するために 同じ事柄に取り組んでいても、「やりたいorやるべきことである」と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑