職場での下世話な下ネタ世間話に巻き込まれそうになったなら……

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】やりすごす

男性が多い職場の時には、確かにこういうの、ありましたね……。
言いだしっぺはそれが面白いと本気で思っているあたり、始末に負えませんが(え)
下種な発言をする人間はどこにでもいるものです。

職場で下ネタ発言をされた時に関係を壊さない上手な返し方

職場で下ネタ発言をされた時に関係を壊さない上手な返し方

ワタクシが下ネタ合戦に巻き込まれた場合によく使った手は、この記事で紹介されている5.発言の内容について、厳しく批評するでした。
で、最後に、実体験が伴わない童貞くんのネタなんてその程度かー、底が浅いなーと追い打ちをかけてやると、確実に下ネタは封殺できたものです。ええ、すっごく嫌な奴になってましたよ、当時のワタクシ。

なのに。
嫌われるのを覚悟の上でこうして毎回、下ネタを封殺してやったら、なぜか、嫌われるどころか、当時の職場でのあだ名が「姐さん」になりました…………ヽ(´ー`)ノ ふっ
あまつさえ、恋愛ごとの相談を持ち掛けるようになるとはなにごとかぁヽ(`Д´)ノ ぷんすか
んなもん、ただの耳年増に決まっておろーがwwwww(自爆)

このように、効果覿面な方法ではありますが、効果的すぎるゆえの弊害もありますので、使用には細心の注意を払うことをお勧めします(何 ι )

関連記事

20150623

同じものを見たり聞いたりしても受け取り方は千差万別

【キーワード】分けて考えれば ……とても読みにくいページですorz しかし、とても興味深い問

記事を読む

20160625

「運が良い」「たまたま」と口にする成功者ほど、実は万全な布石を敷いているもの

【キーワード】たまたま 成功者の口からよく聞く「運がよかった」という言葉。 その「運」はたい

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20141213

自分にかけるべき言葉と、他人にかけるべき言葉を、きちんと使い分ける

【キーワード】大間違い そうそう、失敗は成功の母ってよく言われますけどね、「ただし……」っての

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20160901

いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

【キーワード】~なのに~ 昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチ

記事を読む

20140429

まだまだ世の中捨てたもんじゃないよ

【キーワード】ムキになって 正直、正論ばかりが並んで安心してしまいました(^^; ア

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

20141215

一般的に捉えられているものも、専門家の目で見るとまったく違う景色が開ける一例。

【キーワード】想像力が及ばない なるほど。分からん!!wwwwwww ……つД`)・゚・。・゚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑