テクニックを駆使して人心が掌握できるのは、やはり根柢に人を引きつけるカリスマ性があるゆえか

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 ビジネス・教養

【キーワード】気が多い

織田信長は非情な面も強調される一方、大変な人たらし(笑)であったエピソードも数多くありますね。

信長が『気が多い秀吉に悩むの秀吉の正室ねね』に送った手紙。そこには優しい気遣いがあった! | MemCode

信長が『気が多い秀吉に悩むの秀吉の正室ねね』に送った手紙。そこには優しい気遣いがあった! | MemCode

こちらの記事に紹介されている信長からねねへの文も、気遣いというか、天性の人たらし人心掌握術が発揮された、まるでビジネス対応の見本のように感じられるのは、ワタクシがいろいろなことに毒されているからでしょうか(^^;

しかし、いくらテクニックに長けていても、それだけでは相手の心をうまくつかむことはできませんから、これで相手を心酔させてしまう信長のカリスマ性はやはり卓越していたのでしょうね。
いくら自分がこんなテクニックを身に着けて使用したとしても、それで人心が掌握できる気がしませんしww

この記事以外も、こちら、こういうちょっとしたエピソードをいろんなところから集めて紹介しているブログで、
わりと懐かしいネタも紹介されていて、【年代テスト】カセットテープとボールペンの関係、わかりますか? | MemCodeとか、楽しく読ませていただきました。
ちょっとした余興の雑学ネタを仕入れるのに重宝しそうですよ。

関連記事

20150505

要約力を鍛えるにも反復練習が欠かせない

【キーワード】要約すれば おりしも本日は子どもの日。 こちら、お子さんを勉強好きにするための

記事を読む

20160426

余裕を持つことと、相手の優位に立ちたいと思うことは、まったく違うことだ

【キーワード】余裕を持って 紹介を旨とする当ブログでは、基本的に筆者の気に入ったものを紹介する

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

20140429

まだまだ世の中捨てたもんじゃないよ

【キーワード】ムキになって 正直、正論ばかりが並んで安心してしまいました(^^; ア

記事を読む

20160907

言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しかもかなり前に! そう思い、も

記事を読む

20140701

よほどのきっかけがないと自分からはアクセスしない場所

【キーワード】重宝している うわー、ニッチな分野だ! こういうものすごくピンポイントの専門的

記事を読む

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

20140116

よく分からないなりに世界の仕組みが見えて面白いと感じてしまうこと

【キーワード】自覚した 正直、なに書いてるのかさっぱりわからない部分が多々あるんですがwwww

記事を読む

20140605

訳したとたんに本来の意味が失われることがある。

【キーワード】裏を返せば とても共感できる考え方に出会いました。 こういうの読むと、自分の考

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑