ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

公開日: : 最終更新日:2016/06/07 ビジネス・教養

【キーワード】気が多い

本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒くさいなぁという気持ちを新たにしてしまいました……( = =) トオイメ

女性が多い職場で人間関係を良好にする方法 | nanapi [ナナピ]

女性が多い職場で人間関係を良好にする方法 | nanapi [ナナピ]

どれもこれも思い当たりすぎて、それだけに読みながら胃がキリキリと……(^^;
今だってコミュ障のワタクシには職場での人間関係はハードルが高いままだし。

なんとかかんとかやっていけているのは、最初の段階でスマオタであることを隠さなかったからですね(笑)
それが、この記事の項目の一つである、自分のキャラを確立するがたまたまうまくハマる要因になりました。
これも今だから通じただけで、ほかの職場だと通じない可能性だってありますしね。

なので、ここに書かれてあることを意識したからといって、必ずしも職場の人間関係がうまくいくとは限りませんが、まったく意識していないとそれはそれで躓く要因にはなりそうなので、頭の片隅に置いておくくらいがちょうどいいかもしれません。

関連記事

20160521

専門知識を得るのが簡単なこの時代におけるプロや専門家の役割とは

【キーワード】知恵を絞る インターネットの普及によって、「知る」だけならばハードルの下がったこ

記事を読む

20160708

カウンセリング系のブログは自分と波長が合うかどうかが一番大事ではないだろうか。

【キーワード】面倒に感じる このブログを通じてたくさんのさまざまな記事を紹介させていただいてい

記事を読む

20160321

読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

【キーワード】理解するために ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。 別に、読書嫌いの人

記事を読む

20151114

長いスパンで考えれば、すべては収まるべきところに収まる

【キーワード】ひらめき この筆者が、大学院生の頃に恩師に言われたという一言、「一つの説を立てた

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20160319

文科省の提供している世界の読書人口統計データをつぶさに観察してみた

【キーワード】習慣の問題 国内でも活字離れが叫ばれて久しい状況ですが、海外に目を向けても、事情

記事を読む

20140321

意味が変わらないならネガティブな言い方よりポジティブな言い方のほうがいいよね。

【キーワード】理由について これはリアルに使える予感(ゑ) 少なくとも、退職理由3のところな

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20150331

新しい職業は確かにどんどん現れるが、既存の職業を蔑ろにする理由にはならない。

【キーワード】思いもしなかった いま世の中を動かしている仕事のほとんどが、10年前、20年前に

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑