県民性のイメージに対する誤解はこういう形で広まるのだな……

公開日: : 最終更新日:2016/06/06 ネタ・雑学

【キーワード】気が多い

ああ、やっぱ、イメージ的に、こう思われちゃうんですかね?
ステレオタイプなイメージに引きずられている人が多いなーと、ワタクシなどは思っちゃいますが。

[コラム]空気が読めない人が多いと思う都道府県ランキング - gooランキング

[コラム]空気が読めない人が多いと思う都道府県ランキング – gooランキング

圧倒的多数の支持で一位を獲得したのが大阪府。しかし、こちらの記事に

実は瞬時にボケや突っ込みを入れてその場を笑いの渦にするお笑いタレントは、誰よりも空気に敏感なもの。さらには空気を理解した上で敢えて読まずに壊す、という高度な技も必要なのです。

とライターさんが書かれている意見にワタクシも賛成で、大阪の人は空気を読んだうえで敢えてそれを壊していると思っております。てゆーか、空気による同調圧力など受け入れるつもりがないんですよきっと(笑)
このタフさがいいんです( ̄ー ̄)ニヤリ

それよりも気になったのは、空気が読めない人が多いと思う都道府県ランキング – gooランキングの結果発表ページ。
1位の大阪府、4位の京都府、5位同率の兵庫県、10位の奈良県と、10位までに近畿勢が4か所もランキング入りしているとは、他の都道府県人たちの近畿勢に対するイメージって、いったいどうなってるんだ、と。

まあそこに住んだことがなく旅行で訪れたこともない、なんて人もいるでしょうから、しょせんイメージで語られているんでしょうけど、こういうランキングの結果を見て、また新たな風評被害(ぇ)が誕生するのかな、という気がしないでもありません(^^;

関連記事

20140527

破壊力抜群のコラ画像を凌駕するコピーライティングとは?!

【キーワード】急展開 pya!のネタを取り上げるのは久しぶりですねww 久しぶりとはいっても

記事を読む

20150608

場所にまつわるジンクスにもいろいろなパターンがありますね。

【キーワード】振り返って ……渡月橋を渡りながら振り返ったような気がする……すごく若い時に……

記事を読む

20150518

その場をうまく切り抜けた父の真実を知った娘の反応やいかに……

【キーワード】物は言いよう えらく懐かしい記事を拾い出してしまいましたー(笑) だってこれ、

記事を読む

20150416

曖昧な語源も多数の声にそれが真実のように響いてしまう。

【キーワード】プラスアルファの プラスアルファ、という言葉が、和製英語であることは知っていまし

記事を読む

20150117

誕生寿司とか、寿司言葉なんて、そんな概念はじめて聞いたよ!

【キーワード】ネタ占い 寿司占いネタはすでに関西人だから、Yahoo!JAPANがSuicaと

記事を読む

20141201

一度定着したものをさらに超えるのはなかなか難しいもの

【キーワード】~するレベル 感心するほどうまい言い回しの言葉って、みんながこぞって使いたがるか

記事を読む

20140829

組み合わせる想像力の威力

【キーワード】永遠に語り継がれる これは想像するだけで叫びだしたくなる度合いですよww

記事を読む

20150701

一口に冷奴と言ってもいろいろあってかなり奥深い世界なのだな。

【キーワード】どこにでも なんですか、この飯テロ記事は……無性に冷奴が食べたくなってしまいまし

記事を読む

20131029

間違った情報が正しい情報のように定着してしまい、本家が歩み寄る。

【キーワード】いつの間にか トリビアの泉に取り上げられたくらいポピュラーな話だったんですね。

記事を読む

20150203

たこ焼き屋の看板のたこのイラストって、共食いの象徴だったのか……!

【キーワード】むしろ安心 デイリーポータル Z:@niftyは記事が多すぎて全部を追っかけては

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    大阪人=人の話を聞いてない(ボケているのが気づかれない?)

    京都人=人の話を聞いてない(都人のプライドか相手に合わせる気がない)

    兵庫県人(実質:神戸人)=人の話を聞いてない(面白く無い話には絡んでいかない)

    奈良県人=人の話を聞いてない(都会や派手な地域の人の気位の高さにうんざりしていて興味が無い)

    奈良県人の一人として言わせていただくとこういう感じかも(爆)

    個人的には京都人は(過去のトラウマで)敵愾心メラメラ燃えてますし(^^;)大阪へ出勤していた時代に比べても大阪や神戸などの「都会」に出かけるのが億劫に感じられて「県内引きこもり」状態が重症化してます(爆)

    まいるさんも賛同されているように、関西人の気質の一つに「他地域からやってきた同調圧力には反発する」というものがあるでしょう。
    ただ、関西に土着の「同調圧力」は他地域発祥のそれよりもかなり激烈な気もします(爆)

    「ボケてる私に突っ込まないのは失礼」
    「ボケの一つも言わない堅物は信用出来ない」

    この二つは確実に存在すると思いますし、明らかに関東弁丸出しでしゃべる人であればまだしも、関西系のイントネーションで話す人には「暗黙の了解」あるいは「挨拶代わり」のボケ一発をお見舞いして反応を見る傾向は否定出来ないと思います(^^;)

    空気が読めないのか読まないのかはある種「主観的」な評価でしょうし、相手からすると「その言葉そのまま返したるわ!」(爆)と言われてしまう場面もかなりあるのでは?(^^;)

    つまりKY=同調圧力の強さとその反発係数は比例しており、全く裏返しになる可能性が大だと思うのです。

    なので「(空気を読む)ローカル的同調圧力の強い都道府県ランキング」も案外「KYランキング」と同じような結果になる気がしますねぇ(^^;)

    • まいる より:

      >soupさん
      コメントありがとうございます―。
      やっぱり京都と奈良のあいだには見えない何かがあるんですか?
      関西とはいえ西の端にいると、なかなか、その辺は見えてこないので、とても興味深いです(笑)

      >ただ、関西に土着の「同調圧力」は他地域発祥のそれよりもかなり激烈な気もします(爆)
      ああ、確かに、その一面はあるでしょうね。
      なんとなく、関西とそれ以外では空気の種類が違うのかな、という気はします。種類が違うから、読んでる空気も違う、と。だから他府県の人たちから見ると空気が読めないように見えるんでしょうね。
      関西圏の人たちは関西圏の空気を読むことには敏感ですね、確かに。

      それらを加味した上で、各地域において適切な空気を読むことを強要され、それができないと空気が読めないと責められるって、なんて生きにくい世界なんだと思わないこともありません(^^;
      完全にフラットな状態で、文化的な価値観に左右されず、空気を読むことを強要せず、対等に人付き合いするって、やはり不可能なんですかねぇ……

      まあ多くの人が地域ごとの価値観に毒されている自身の傾向に無自覚でしょうから、無知から生じる同調圧力は確かに存在するのでしょう。
      あとは個人個人が、自分のなかには偏りがあると自覚して、折り合いをつけていくしかないんでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑