たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】憧れる

本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロガーなる文字を目に止めたからでした。ああ、若いって、いいなぁ……( = =) トオイメ
自分も若い頃にいろんなことにぶつかったのを思い出しながら読ませていただきました。

別に凡人でもよくない?天才に憧れる前に凡人であることを極めると決めた - いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

別に凡人でもよくない?天才に憧れる前に凡人であることを極めると決めた – いつ俺〜いつから俺ができないと錯覚していた?〜

若い頃はとくに、秀でた自分であることを望み、その他大勢から抜け出すためにいろんな努力をします。その努力はとても尊いものですが、それだけに、特別にはなれない自分に気づいたときの虚脱感や挫折感は比例して大きくなるものです。

だからこそ、凡人であることを極めると決めることには、とても勇気が必要なのではないかな。
自分自身を振り返ってみれば、自分が凡人でしかないということを受け入れるとき、大変な葛藤があったものです。
でも、凡人=何もできない人、ではありませんね。そこにあるのは突出しているかしていないかというだけの差異だけ、凡人にだって自分の能力の範囲でできることはたくさんあります。そういう一つひとつを大事に、老いも若きも前に進んでいけたらいいな、という元気をもらいました(^^)

関連記事

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20150328

まとわりつく柵からは逃れられないが、それでも極力身軽でいたい。

【キーワード】もやもやする ああ、ワタクシのめざす境地です、これ。 目指してはいるけど、なか

記事を読む

20131005

体罰と、そうでないものを分ける境界線

【キーワード】人生で初めて ……泣いた つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 紹介記事のタイトル

記事を読む

20150715

他人の顔色を伺う前にやるべきこととは

【キーワード】無駄なこと あ、この記事2013年4月のものですね。 ベストセラーとなった嫌わ

記事を読む

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

20150812

「あなたの知らない世界」を垣間見る

【キーワード】立ち位置 先日、ファッションって本気だとここまでやらなくちゃいけないものなんです

記事を読む

20141003

モチベーションの保ち方は人それぞれ。宣言もその一つになると思う。

【キーワード】続けていれば こういうふうに「自分がブログを続けている理由」を宣言するのは、モチ

記事を読む

20140317

必要がないと感じていたからであって、必要とあらば普及するでしょう……多分(ゑ

【キーワード】理由について 赤文字に一言でキレイにまとめられてた……。 外国人に「日

記事を読む

20150610

パスポートの中身にまつわる振り返りアレコレ

【キーワード】振り返って これはイランだけの話なのでしょうか。 それとも中東全般の縛りなんで

記事を読む

20150406

絶対に男性にしか体験できない稀な出来事

【キーワード】稀な これ、男性にしか体験できない稀な事態ではありませんか……! 稀な経験

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑