ないものねだりするのはどこの国の人も同じようですね(笑)

公開日: : ネタ・雑学

【キーワード】憧れる

たまに、同じものごとを海外の人がどう見ているかという反応を紹介している記事を見かけるし、当ブログで紹介したこともありますが、その度に、とても新鮮な気分になるワタクシです。

海外「文化祭は楽しそう」 外国人が憧れる日本アニメのワンシーンが話題 【海外の反応】 : 海外の万国反応記

海外「文化祭は楽しそう」 外国人が憧れる日本アニメのワンシーンが話題 【海外の反応】 : 海外の万国反応記

読んでいるだけでもニヤニヤが止まりませんでした。
確かに、どれもこれも日本でしか体験できない行事だし。
あるいは向こうにも同じようなイベントごとは存在するのかもしれませんが、雰囲気がまったく違いそうな気もします。
そして、その雰囲気の違いこそ、海外の人たちが体験したいと思う要因なんでしょうね。

まあ、屋台のラーメン屋とか流しそうめんというフードイベント(?)はともかく、文化祭や初詣に関しては、アニメに登場するような甘酸っぱい感じとなると、日本の人たちですら体験し損ねている可能性がと言わざるを得ませんけどね…………( = =) トオイメ
あれはアニメで見るからすばらしい世界に見えるんだ……HAHAHAHAHA(なぜ外人風 ι )

ところで個人的にこのまとめ内で一番笑ったのは

17 万国アノニマスさん
「お兄ちゃん」という存在になりたい

だったりwwwww
アニメの中に登場する「お兄ちゃん」という存在になら、日本のヲタだってなりたいだろう……それが不可能だとみんな知っているからこそ……あんな妹は二次元にしか存在しない><
てゆーかワタクシとてアニメの中に登場するような「お兄ちゃん」なら欲しいと思います(笑)

関連記事

20140930

生きていくうえで必要のない、どうでもいいお題ほど、真剣に考えてしまう……それが人間というものかも

【キーワード】続けていれば こういう、実生活には何の役にも立たないであろう議論を、延々と繰り広

記事を読む

20140610

歴史に名を残す人の何が我々の心を刺激するのだろう

【キーワード】刺激された 天才となんとかは紙一重、って言いますよねぇ。 厨二心を刺激

記事を読む

20140113

魂の器と呼ばれる所以はこういうところにあるのか

【キーワード】自覚した 真冬に怪談話を披露するのもどうかと思ったんですがww 自分に

記事を読む

20140728

バンドファンとアイドルファンの文化的な違いに戸惑う。

【キーワード】印象的だった 何もそこまで言わなくてもwwと、思わずジャニオタを擁護したくなって

記事を読む

20160121

ちょっとした驚きを与えてくれる事実

【キーワード】身近な謎 4つ目と5つ目の謎の紹介が、とても興味深いものでした。 未だ解明

記事を読む

20150518

その場をうまく切り抜けた父の真実を知った娘の反応やいかに……

【キーワード】物は言いよう えらく懐かしい記事を拾い出してしまいましたー(笑) だってこれ、

記事を読む

20160603

地域にはそれぞれ特色があるが、東京はより強調されやすいのかもしれない

【キーワード】憧れる 田舎には田舎の、都会には都会の苦労があるということですね。 とはいえ、

記事を読む

20140410

今の調子が簡単にわかる診断。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで こういうものを見るとつい試したくなってしまいます><

記事を読む

20150608

場所にまつわるジンクスにもいろいろなパターンがありますね。

【キーワード】振り返って ……渡月橋を渡りながら振り返ったような気がする……すごく若い時に……

記事を読む

20141008

本当に営業しているのか疑わしいほどの寂れた、秘湯なんてレベルじゃない温泉

【キーワード】衝撃的な 素で驚いた……これ、営業してるんだ?! No.06 那須の珍

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    テレビ東京系のバラエティに外人さんをテーマにしたものがありますが、その外人さんが「日本語でブログを書いている」ようなやつを発見しました(^^;)

    現在はニュージーランド在住らしいのですが、日本語でブログを書くと周りに読める人間が居ないので色々都合がいいようです(爆)

    しかし、驚くほど堪能な日本語に絶妙にスラング化された「崩れた日本語」を駆使しつつ、価値観の差や外国人としての考え方を披瀝されると中々驚きの連続であります。

    ●ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日
    https://gamayauber1001.wordpress.com/

    直近のエントリは第2次世界大戦時の沖縄のことを書いていたりして、その視点の違いっぷりに少し唖然とするのですが、かなり興味深い部分も多々あります。

    右派バリバリの人が読んだら機嫌を損ないそうな内容もありますが、日本についての思い出話とかを読むと中々愛すべき人物の様子(^^;)

    無い物ねだりとは少し違うものの、自分の価値観や文化とハッキリ異なるものにはどんな民族でも少なからず憧れや興味(好奇心)を刺激されるのでしょう。

    外人さん達の驚きこそ、日本人の驚きであるのは昔からではあるんですが、何度経験しても新鮮に感じるのは悪い意味で思考が硬直してるんでしょうか?(^^;)

    結構頭の柔らかさでは自信を持っていたので、最近失望することが増えています(汗)

    歳のせいにするのは簡単だけど「面倒くさがり」が昂じて「思考停止」に陥りつつあるとしたら、由々しき問題だと昔のような「斜め上の視線」をなんとか取り戻したいと思っている毎日でございます(爆)

    • まいる より:

      >soupさん
      テレビ東京系にもそういう番組があるんですね(視聴不可地区在住……orz)
      ワタクシもテレ朝系のその手の番組をたまに視聴しています。
      ときどきハッとさせられるのがいいんですよね。こちらが思いつきもしなかった視点の発言があったりして。

      ブログ紹介、ありがとうございます。soupさんの紹介を読まなければ、ふつうに海外在住の日本の方が書かれたものかと思うほど日本語が板についていらっしゃいますね!びっくりしました。
      ひとまずプロフィールページを見てきたのですが、確かになかなか愛すべき人物の様子。それにしても直近エントリは確かに賛否両論ありそうですね(^^;

      >結構頭の柔らかさでは自信を持っていたので、最近失望することが増えています(汗)
      今回紹介して頂いたようなブログを読んでいろんな意見に耳を傾けている人が、何をおっしゃいますやら。
      本当に頭が固い人は、このような意見に耳を傾けることすらないものです。
      こういう、自分とは違う意見にきちんを耳を傾けられているうちは、まだまだ、大丈夫ですよ!

      海外の人たちの意見を耳にして、何度も新鮮な思いにとらわれるのは、頭の固さというよりも、ふだん、五感から吸収できるものが日本という環境のうちにあるものだけだからではないでしょうか。
      理性では海外の意見に耳を傾けそれを受け入れよう、あるいは是非を判断しようとしますが、あくまでそれは判断しようという冷静な働きであって、それが体感できているわけではありませんよね。そして、頭で考えたことよりも、環境による影響、体感できることのほうが、より影響力が強いのだと思います。
      日本的な環境、日本的な体感にいつも身を浸している以上、どうしてもそれが優先されますから、海外の反応を知るたびに改めて刺激を受けることになるのではないかと。
      この、紹介して頂いた人ほど言語能力が発達していて、諸外国のニュースなど網羅でき、ふだんからそれらの反応を知ることができれば、また違った体感が得られるのかもしれませんが……少なくともワタクシの言語能力はまったく追いついていませんしねwwwww つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

      いいじゃないですか、何度も経験して、何度でも新鮮に感じられれば。
      いつかそれが体感レベルにまで浸透すれば、より海外の人たちとの間の溝が埋まっていくかもしれませんしね。
      そういう意味では、ワタクシはお気楽ですので、あまり深く考えず、逆に、同じようなできごとに何度も驚けることを楽しんでいたりします(笑)
      コメントありがとうございました(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑