自分に適したアイデア出しの方法をふだんから培っておくということ

公開日: : 最終更新日:2016/05/20 クリエイティブ

【キーワード】知恵を絞る

アイデア出しについて書かれた記事を見かけると、八割の確率でジェームス W.ヤングのアイデアのつくり方が引き合いに出されていますね(笑)
それだけ、アイデアを出すということに関しては、他の追随を許さない名著だということでしょう。

効率的なアイデアの出し方──エンジニアのための企画書講座vol.2|CodeIQ MAGAZINE

効率的なアイデアの出し方──エンジニアのための企画書講座vol.2|CodeIQ MAGAZINE

記事本文は割とよくあるアイデア出しの説明になっていたのですが、ワタクシが気に入ったのは記事の下部にこぼれ話として披露されているものでした。
みな自分なりのアイデアの出し方を持っていて、それを活用しているのだなーと思ったのですね。

キーワードリストはワタクシも作っていますww
アイデア出しのためというよりも、このブログのネタにするつもりで(ぇ
それらのリストに書きとめられた単語たちは、「いつか使おう」と思われつつ、日常生活の中で思いついたキーワードが先に使われていくので、結局使われずにそのままリストの中に埋もれているのですが(ぉぃ
た、タイミングが大事ってことですね><

ジェームス W.ヤング CCCメディアハウス 1988-04-08
売り上げランキング : 519
by ヨメレバ

関連記事

20151010

タネがわかればなんともないけど、知らずに見るとびっくりする彫刻作品

【キーワード】驚愕した ある動画を紹介している記事だったのですが。 動画初見時、思わず「うわ

記事を読む

20150327

言いっぱなしにしない、自分にできる提案をする、代替案を用意する、そんな姿勢を持つ人が好きだ。

【キーワード】もやもやする 誰でも一度や二度は間違えたことがあるんじゃないかな、これ! 良い

記事を読む

20150704

移動式住宅で折々の景色を楽しみながら生活するという贅沢

【キーワード】どこにでも ひとり移動式住居でいろんな景色を楽しみながら暮らす…… そんな贅沢

記事を読む

20141220

5年前のコンテンツだけど、今こそ読み返したい、「人とロボットの秘密」全文掲載記事。

【キーワード】想像力が及ばない 人とロボットの秘密という、2008年に出版された、今でもふつう

記事を読む

20140531

些細なきっかけで出会った人との御縁とふれあい

【キーワード】急展開 サイドバーに置かれていたプロフィールの短い一文に圧倒されてしまいました。

記事を読む

20160307

自分があこがれるような文章の書き手に出会える幸運

【キーワード】影響されやすい あー、この気持ち、すごく分かるなー。 自分もやる気出るのは、い

記事を読む

20150908

没入し、集中できる対象の正体

【キーワード】集中できる 理由も何も書かれていない。 ただ、行為の種類が羅列されているだけ。

記事を読む

20151001

いつか訪れてみたい、INAXライブミュージアム

【キーワード】はじまり 株式会社LIXILというと、リフォームの会社というイメージしかなかった

記事を読む

20140924

日本茶ソムリエが語る、日本茶のほんとうの魅力と美味しさ

【キーワード】本当の魅力 衝撃的においしい日本茶、ワタクシも飲んでみたい……。 Da

記事を読む

20151216

塗りには個性が表れる

【キーワード】印象が変わる こういうの見るのが大好きなんですよ(^^) 色の選び方や塗り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑