自分に適したアイデア出しの方法をふだんから培っておくということ

公開日: : 最終更新日:2016/05/20 クリエイティブ

【キーワード】知恵を絞る

アイデア出しについて書かれた記事を見かけると、八割の確率でジェームス W.ヤングのアイデアのつくり方が引き合いに出されていますね(笑)
それだけ、アイデアを出すということに関しては、他の追随を許さない名著だということでしょう。

効率的なアイデアの出し方──エンジニアのための企画書講座vol.2|CodeIQ MAGAZINE

効率的なアイデアの出し方──エンジニアのための企画書講座vol.2|CodeIQ MAGAZINE

記事本文は割とよくあるアイデア出しの説明になっていたのですが、ワタクシが気に入ったのは記事の下部にこぼれ話として披露されているものでした。
みな自分なりのアイデアの出し方を持っていて、それを活用しているのだなーと思ったのですね。

キーワードリストはワタクシも作っていますww
アイデア出しのためというよりも、このブログのネタにするつもりで(ぇ
それらのリストに書きとめられた単語たちは、「いつか使おう」と思われつつ、日常生活の中で思いついたキーワードが先に使われていくので、結局使われずにそのままリストの中に埋もれているのですが(ぉぃ
た、タイミングが大事ってことですね><

ジェームス W.ヤング CCCメディアハウス 1988-04-08
売り上げランキング : 519
by ヨメレバ

関連記事

20150507

敷居の高さを少しでも下げてくれる参加しやすいイベントは大歓迎!

【キーワード】要約すれば うお、こんなイベントあるんだ! プログラミングという言葉を聞くだけ

記事を読む

20140517

twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

【キーワード】敢えて こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

記事を読む

20140328

なんでも鵜呑みにせず自分でチャレンジしてみないとね

【キーワード】試してみた ついこの間、一般人もLINEのスタンプを作って販売できるようになると

記事を読む

20150925

敷居が高いと思われがちな世界も、バックボーンに思いを馳せれば楽しくなる。

【キーワード】冷静でいられない 冒頭の文章のかっこよさにやられました。 というか、この気持ち

記事を読む

20160421

世界一周の旅を終えた方のたどり着いた境地の、圧倒的な説得力

【キーワード】自分から かなりの分量のテキストですが、引きこまれてあっという間に読み終えてしま

記事を読む

20160518

ある程度の枠組みと制限によって、発想の先鋭化がもたらされるようだ

【キーワード】知恵を絞る クリエイティブな作業に関わる人は、割と口を揃えて似たような発言をして

記事を読む

20151127

よその分野に目を向ければ、固定観念を突破できるかもしれない

【キーワード】意外なところから 自分自身を着飾る、という意味でのファッションネタはワタクシの苦

記事を読む

20130927

言葉に還元するのは難しいけれど

【キーワード】感覚だけで ずいぶん長いあいだ忘れていた感覚を、思い出させてくれるエントリに出会

記事を読む

20151024

盲点は意外なところに潜んでいる

【キーワード】伝わる 自身の盲点となっている部分を突かれてハッとさせられた経験、ありませんか?

記事を読む

20150324

分かりにくいようでしっかりと伝わる、そんな、本質に迫るデザイン。

【キーワード】もやもやする ある展覧会の紹介ページで、その展覧会そのものはすでに終了しているの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑