今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】ノスタルジー

「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬にもなる、ということですかね……。
気持ちを向けるのはいいけれど、そこに囚われてしまったり、あるいはこだわり過ぎてしまうと弊害になるというのは、どんな事柄にも当てはまることですし。

「懐かしい気持ち」がもたらす、意外なメリット | ライフハッカー[日本版]

「懐かしい気持ち」がもたらす、意外なメリット | ライフハッカー[日本版]

個人的には、この記事を読んで真っ先に頭をよぎったのが、森博嗣のすべてがFになるの中に登場する、犀川創平と西之園萌絵との印象的な一連のやり取りでした。

「思い出と記憶って、どこが違うか知っている?」
「思い出は良いことばかり、記憶は嫌なことばかりだわ」
「そんなことはないよ。嫌な思い出も、楽しい記憶もある」
「じゃあ、何です?」
「思い出は全部記憶しているけどね、記憶は全部は思い出せないんだ」

森 博嗣 講談社 1998-12-11
売り上げランキング : 4884
by ヨメレバ

ノスタルジーのある側面に焦点を当てるなら、記憶を全部思い出せないのは、自分のキャパシティを飽和させないための脳の処置のような気もしますね。それだけに、例えば懐かしい歌を聞いて、完全に忘れていた記憶が突然フラッシュバックして来たりすると、思い出としてしょっちゅう「記憶の倉庫」から取り出していなかった分、何で忘れていたんだろうとパニックに陥ったりもするものです(^^;<経験談

ノスタルジーに浸っているときに想起する思い出って割と限られているような気がします。どうしても同じような思い出ばかり反芻して、反芻するたびにその想いでの定着率が強化されていくので、反芻されなかった記憶はどんどん倉庫の片隅に追いやられていくような。

どうせ反芻して強化される思い出なら、この記事にも書かれているようなノスタルジーの正しい使い方は「過去と現在を結びつけること」という形で利用したいものです。
さらに未来から見て振り返ったときに強化したくなるような思い出を現在に積み重ねていくことができたら、人はとても幸せに生きていけるような、そんな気がします(^^)

関連記事

20150805

タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

【キーワード】~より~のほうが 手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気が

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

20160804

第一印象にこだわるのも良いが、作りすぎると後あと面倒なことになる

【キーワード】強い印象 これは、もっと多くの場所で言及されてしかるべきことかと思いますが、実際

記事を読む

20151218

一つの事柄から検索範囲を広げて新たな事実を知る楽しさ

【キーワード】印象が変わる こういう思考実験、好きなんですよー。 実際に書きだして目にしてみ

記事を読む

20150814

いつの間にか浸透して当たり前のように使っていた言葉

【キーワード】立ち位置 ああ、そうか、2007年当時はまだあまり浸透していなかったのだな、この

記事を読む

20160227

肯定でもなく否定でもなく、ただ淡々と客観的に考察するということ

【キーワード】こんな時こそ 読み応えのある、素晴らしい考察でした。 こちらのエントリによって

記事を読む

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

20160713

大きな波に乗るために、無駄に運気を使い果たさないよう留意しようという提言

【キーワード】貴重な 本日の紹介記事、記事タイトルに個人的な違和感を覚えつつも、記事内容には賛

記事を読む

20150506

教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

【キーワード】要約すれば なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう! §1.釈迦

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑