自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】余裕を持って

エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉に釣られました。
ワタクシもFateシリーズが大好きなので(笑)

心に渋滞が起きないよう、常に余裕を持って優雅たれ | Rebirthink Official Site

心に渋滞が起きないよう、常に余裕を持って優雅たれ | Rebirthink Official Site

とはいえ、内容は至極まっとうで役に立つお話でしたよ。
冒頭の「そのあとにくる感情の話」など、自身の経験を振り返っても納得させられましたし。

同じものやことを見聞きしても、余裕があるときとない時で受け止め方がまったく変わってしまった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。
けれど、そのことに対してなぜなのかを突き詰めて考えるとなると、とたんに少なくなる気がします。

反射的に湧き上がってきた感情に対して、あれ、今こういうふうに感じたけれど、その根底にあるものは何だろう?と突き詰めて考えられるのは、反射的に湧き上がってきた気持ちを分析できる余裕が自分にある証拠。

外側のものごとや出来事を分析するのもいいですが、たまには自分の考え方や反応のパターンと向き合って、自分自身を分析してみると、思いのほか客観的になれて、心に余裕も生まれてきますよ。

関連記事

20140906

大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

【キーワード】そこだけは 一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^

記事を読む

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20140508

タイトルに騙されることなかれ

【キーワード】ツボにハマる ちょっとお下品(汗)なんで、紹介するか迷ったんですが。 やっぱり

記事を読む

20150707

興味はあれど時間は有限、本当に大事なことなら言われるまでもなく実行している

【キーワード】やってみれば ああ、まったくそのとおりですねww やりたい、とか覚えたい、とい

記事を読む

20140717

新聞折り込みの受験問題をやってみた段階Jr世代のの淡々とした語り

【キーワード】懐かしい知恵 既に現役(?)を退いていながら、受験問題を解いてみようと思う、そん

記事を読む

20160908

考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、読みながら思わず「うん、うん」

記事を読む

20131004

まるで少女マンガのような

【キーワード】人生で初めて ……どこの少女マンガだぁぁぁぁぁぁ(叫) 現実にこんなことがある

記事を読む

20141120

心の重りを少しだけ外せる、語り継がれるべき方法。

【キーワード】やり直したい あ、結城浩さんの記事だ。結城さんと言えば数学ガールシリーズですね。

記事を読む

20140407

多数の知人より密度の濃い友人を。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 「あなたのおかげ」という言葉、とても美しいですね(^^)

記事を読む

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑