電子書籍もいいけれど、やはり美しい装丁の書籍という形も残ってほしい

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 クリエイティブ

【キーワード】それぞれの流儀

地方に住んでいて悔しい思いをするのは、こういうイベントが開催されていたことをあとから知ったとき。
都心近くに住んでいれば、チェックして通うものを……と地団太踏みたくなってしまいます。
地方からこういうイベントを見に行こうと思うと、まず移動距離のコストを考えちゃうんですよねぇ。世知辛い話ですorz

装丁家・装画家が選ぶ「私のこの1冊、この1枚」 - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

装丁家・装画家が選ぶ「私のこの1冊、この1枚」 – 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

本に関するイベントはいろんなところで開催されていますが、装丁に特化したイベントとなると、また違った趣がありそうですよね。しかもそれぞれの装丁家たちが渾身の出来と自負する作品をそれぞれ紹介しているときたら、まさに愛書家たち垂涎のイベントではないですか。

ワタクシが今まで一番インパクトを受けたのは、森博嗣氏のスカイ・クロラの装丁でした。帯も何もつけず、空を表現したあの美しい装丁から受けた衝撃は、いまだに忘れられません。

帯がない代わりに、美しい装丁の中に最初から刻まれた突き刺さるような言葉から受けたショック。
のちに映画化され、さらに世界観が広がったわけですが、すべてはこの装丁の美しさが引き寄せたもののように感じられたものです。

すでに文庫化され、続編も文庫で発売されていますが、やはりスカイ・クロラと言えばこの装丁でなくては。
このシリーズだけはいまだ、単行本のまま、厳選されたワタクシの書架(笑)にも収まっております。

電子書籍も手軽で場所をとらない魅力がありますが、やはり本は装丁も含めてのものだと思うので、書籍という形態もこれからも発展していってほしいものだと切に願う書痴のワタクシなのでした。

関連記事

20151104

潔さが運を呼ぶ

【キーワード】ついでに 黒板アートの何がすごいって、ものすごい製作時間をかけて完成させたあげく

記事を読む

20150309

世の中にある面白いものを見逃さないためにもっと鋭い感性が欲しい

【キーワード】感慨深い キャッチコピーネタに弱いです……好きなんでしょうね、短い言葉の中にギュ

記事を読む

20140925

伝統のものも見せ方次第で新しく魅力的に発信できる

【キーワード】本当の魅力 FAAVO(ファーボ)って、今はやりのクラウドファンディングと地方を

記事を読む

20140807

飛躍した発想と見えて、確固とした推論を一瞬で組み立てているだけ。

【キーワード】反射的に 「数学は友だち♪」レベルになるには、これに対して反射的に解答を導き出せ

記事を読む

20140821

万人に愛される秘訣は間違いを素直に認めることと打たれ強さにあると思う

【キーワード】話題になる これ、いちばん最初の元ネタしか知りませんでしたww 専門家を付ける

記事を読む

20150120

子どもたちの成長記録を絵日記で綴るオールラウンドプレーヤー主婦☆

【キーワード】気にしない ブログタイトルに「気にしない」が入っている、絵日記を描いてる主婦の方

記事を読む

20150128

違う視点から見える世界をブレなく写し撮る写真家のスゴ技

【キーワード】その発想はなかった 見ていると圧倒されます……。 【その発想はなかったわ】

記事を読む

20140203

意外なモノから奏でられる、美しい音楽にココロ洗われる

【キーワード】身近なものから ドラム缶を加工して打楽器にしてしまったことから登場したスティール

記事を読む

20160416

虚構世界を構築するためにこそ、現実について考えることは大切なのだ。

【キーワード】言えないこと 創作者は、現実と向き合うからこそ、虚構を積み上げることができるのだ

記事を読む

20151012

ハンドメイド作品は作ると誰かに見せたくなるもの

【キーワード】過程が楽しい これは確かに見ているだけで楽しい! でも実際に作っている人たちは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑