電子書籍もいいけれど、やはり美しい装丁の書籍という形も残ってほしい

公開日: : 最終更新日:2013/12/21 クリエイティブ

【キーワード】それぞれの流儀

地方に住んでいて悔しい思いをするのは、こういうイベントが開催されていたことをあとから知ったとき。
都心近くに住んでいれば、チェックして通うものを……と地団太踏みたくなってしまいます。
地方からこういうイベントを見に行こうと思うと、まず移動距離のコストを考えちゃうんですよねぇ。世知辛い話ですorz

装丁家・装画家が選ぶ「私のこの1冊、この1枚」 - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

装丁家・装画家が選ぶ「私のこの1冊、この1枚」 – 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

本に関するイベントはいろんなところで開催されていますが、装丁に特化したイベントとなると、また違った趣がありそうですよね。しかもそれぞれの装丁家たちが渾身の出来と自負する作品をそれぞれ紹介しているときたら、まさに愛書家たち垂涎のイベントではないですか。

ワタクシが今まで一番インパクトを受けたのは、森博嗣氏のスカイ・クロラの装丁でした。帯も何もつけず、空を表現したあの美しい装丁から受けた衝撃は、いまだに忘れられません。

帯がない代わりに、美しい装丁の中に最初から刻まれた突き刺さるような言葉から受けたショック。
のちに映画化され、さらに世界観が広がったわけですが、すべてはこの装丁の美しさが引き寄せたもののように感じられたものです。

すでに文庫化され、続編も文庫で発売されていますが、やはりスカイ・クロラと言えばこの装丁でなくては。
このシリーズだけはいまだ、単行本のまま、厳選されたワタクシの書架(笑)にも収まっております。

電子書籍も手軽で場所をとらない魅力がありますが、やはり本は装丁も含めてのものだと思うので、書籍という形態もこれからも発展していってほしいものだと切に願う書痴のワタクシなのでした。

関連記事

20140412

心にほっこり灯がともるような。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 独特の雰囲気があって好きだなぁ。 ギャラリー

記事を読む

20150930

パララックスで振り返る宇宙のはじまりと地球の歴史

【キーワード】はじまり スクロールエフェクトによるパララックスなサイト、一時期はやりましたねー

記事を読む

20151216

塗りには個性が表れる

【キーワード】印象が変わる こういうの見るのが大好きなんですよ(^^) 色の選び方や塗り

記事を読む

20151012

ハンドメイド作品は作ると誰かに見せたくなるもの

【キーワード】過程が楽しい これは確かに見ているだけで楽しい! でも実際に作っている人たちは

記事を読む

20151001

いつか訪れてみたい、INAXライブミュージアム

【キーワード】はじまり 株式会社LIXILというと、リフォームの会社というイメージしかなかった

記事を読む

20140924

日本茶ソムリエが語る、日本茶のほんとうの魅力と美味しさ

【キーワード】本当の魅力 衝撃的においしい日本茶、ワタクシも飲んでみたい……。 Da

記事を読む

20160517

多彩な表現を一堂に会した絢爛たる表現集

【キーワード】知恵を絞る どうやら有名なサイトだったらしい日本語表現インフォ(小説の言葉集):

記事を読む

20150325

風刺として捉えるなら便利すぎる現代社会への警鐘と考えられなくもない……かな?

【キーワード】もやもやする ここまで振り切れた役立たずなものだと、いっそすがすがしくてカッコい

記事を読む

20160420

公募小説の大賞作品紹介にかこつけて、自分の好きな小説のタイプを語る

【キーワード】自分から 昨夜紹介したのは、現実に、過去の自分から未来の自分に向かって届けられた

記事を読む

20140603

ネタも面白けどペンネームも面白いww

【キーワード】裏を返せば サラリーマン川柳、面白いですよねー(^^) 毎年けっこう楽しみにし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑