偏らず、公平に客観的に、しかし読み手に染み入るかのような人柄の文章

公開日: : 最終更新日:2013/12/20 コラム・エッセイ

【キーワード】それぞれの流儀

ほぼ日刊イトイ新聞は、コンテンツが膨大過ぎて、とてもすべて読み切れないので、たまに目についたものをちらちら読んでるだけでした。
こんな素敵なコンテンツもあったんですね。

ほぼ日刊イトイ新聞 - ぼくは見ておこう

ほぼ日刊イトイ新聞 – ぼくは見ておこうの話

ぼくは見ておこうは、TBSで報道の解説委員を務めている松原耕二さんのコラムを紹介しているコーナーです。
今回ピックアップしたページには、何故このコーナーのタイトルが「ぼくは見ておこう」になったのかが綴られています。
静かな筆致ながら、あふれる想いが伝わってきます。この文章を呼んだ後にもう一度タイトルを目にすると、最初とは印象ががらりと変わったように感じました。

あまりにすてきだったので、このコンテンツの最初のページに飛び、コラムを読むふけってしまいました。
どのコラムもとても客観的な視点が保たれているのは、やはり報道に携わってきた人だからでしょうか。偏りすぎない公平さを持ちながら、個人的な人柄もにじみ出ている、そういった意味でどの文章も染み渡ってきます。

書き手にもいろんなタイプの人がいて、柔和な文章で突き刺さる内容をつづる人もいれば、柔らかい筆致で染み渡るように核心に迫る人もいます。松原さんは後者のタイプとお見受けしました。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20160723

学術的に大切な話を雑学レベルで消化する

【キーワード】迂闊にも こういう話を読むのが大好きなので、見かけるとつい熱中してしまいます(^

記事を読む

20150812

「あなたの知らない世界」を垣間見る

【キーワード】立ち位置 先日、ファッションって本気だとここまでやらなくちゃいけないものなんです

記事を読む

20160422

情報遮断をしていても、本当に必要なものなら自然と入ってくるものだ。

【キーワード】自分から 本日紹介するエントリを読みながら、自分もこのような境地を経て、SNSと

記事を読む

20141227

期待すべきは読み手の読解力ではなく自分自身がどこまで書ききれているか

【キーワード】スルーできない 読み手に期待しないということですね。 ……と書くと、なんだか上

記事を読む

20160308

コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

【キーワード】影響されやすい 純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と

記事を読む

20140405

毎朝占いをチェックしている人にこそ気づいてほしい。

【キーワード】当てはまっている この女性占い師さん、まっこと正しい占いへのスタンスだと思います

記事を読む

20150611

同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

【キーワード】振り返って なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。

記事を読む

20141217

着ぐるみの中の人になったリアルな体験談

【キーワード】想像力が及ばない これはなかなか、あるようでない体験談なのでは?! B

記事を読む

20160908

考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、読みながら思わず「うん、うん」

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑