偏らず、公平に客観的に、しかし読み手に染み入るかのような人柄の文章

公開日: : 最終更新日:2013/12/20 コラム・エッセイ

【キーワード】それぞれの流儀

ほぼ日刊イトイ新聞は、コンテンツが膨大過ぎて、とてもすべて読み切れないので、たまに目についたものをちらちら読んでるだけでした。
こんな素敵なコンテンツもあったんですね。

ほぼ日刊イトイ新聞 - ぼくは見ておこう

ほぼ日刊イトイ新聞 – ぼくは見ておこうの話

ぼくは見ておこうは、TBSで報道の解説委員を務めている松原耕二さんのコラムを紹介しているコーナーです。
今回ピックアップしたページには、何故このコーナーのタイトルが「ぼくは見ておこう」になったのかが綴られています。
静かな筆致ながら、あふれる想いが伝わってきます。この文章を呼んだ後にもう一度タイトルを目にすると、最初とは印象ががらりと変わったように感じました。

あまりにすてきだったので、このコンテンツの最初のページに飛び、コラムを読むふけってしまいました。
どのコラムもとても客観的な視点が保たれているのは、やはり報道に携わってきた人だからでしょうか。偏りすぎない公平さを持ちながら、個人的な人柄もにじみ出ている、そういった意味でどの文章も染み渡ってきます。

書き手にもいろんなタイプの人がいて、柔和な文章で突き刺さる内容をつづる人もいれば、柔らかい筆致で染み渡るように核心に迫る人もいます。松原さんは後者のタイプとお見受けしました。
良いものを読ませていただきました。

関連記事

20160618

人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

【キーワード】やりすごす あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います

記事を読む

20150829

曖昧に存在しながら自分自身をかたどっているものの正体

【キーワード】幸運にも 「環境が人間をつくる」という一言に要約される話だと思いました。

記事を読む

20160422

情報遮断をしていても、本当に必要なものなら自然と入ってくるものだ。

【キーワード】自分から 本日紹介するエントリを読みながら、自分もこのような境地を経て、SNSと

記事を読む

20140501

コミュニケーションの極意は会話にあらず

【キーワード】ムキになって 「喋る機関銃」の異名を持つワタクシにとっては耳に痛い言葉ですね><

記事を読む

20160330

好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

【キーワード】知らないこと こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてし

記事を読む

20141010

誤解は些細なことから生じるが、自分の非をちゃんと認められるかどうかが大事ではないか

【キーワード】衝撃的な 別に女性に限らないでしょうが。 思い込み激しくて曲解する人って、確か

記事を読む

20151121

過去の自分の記録は未来の自分へあてた手紙のようだ

【キーワード】役に立たない どこのワタクシの話かと思っちゃいましたよww 役に立たないだ

記事を読む

20160629

趣味に熱中してどんどんはまり込んでる人って、幸せオーラ全開ですごい!

【キーワード】きっかけ ネットスラングとして定着した感のある「沼」という言葉。 確か、趣味が

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20131021

人間の本性は怠惰にあるからこそ……

【キーワード】形を変えて できれば出典を忘れないで欲しかったなぁ(´・ω・`)シュン その通

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑