好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】知らないこと

こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてしまうワタクシです……(^^;

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

生きているうちにすべてを知ることはできないし、それができると思うのは傲慢以外の何ものでもありませんが。
自分が円の中にいるとして、知っている事柄によってその半径が定まっていると仮定するなら、せめて、その半径を少しずつでも広げていきたい、その程度の欲は持っております。

知らなかったことを知ったからと言って何か益があるというわけではありませんが。
強いて言うなら、知ることによって得られる楽しさ、知識欲が満たされる感じ、それ自体が自分への報酬になっている、と言えるかもしれません。

思えばこのブログの更新作業は、こういった事柄を考えるための自分自身に対する口実の一つになっている気がします。
あえて抽象的な検索ワードを用いることで拾い出される広範な話題のなかには、自分の知らない事柄が含まれている場合が多いのです。この、知らない事柄との出会いの楽しみゆえに、今日もまた黙々と読み手がいるんだかいないんだか判然としないブログを淡々と更新し続けるのでした(笑)

関連記事

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

20150714

自分の愚痴に相手も賛同してくれると思いこんで、他人を巻き込もうとすることの愚かさときたら

【キーワード】無駄なこと こういう、世の中をちょっと斜めに見たような視点から書かれた文章に弱い

記事を読む

20150110

よその地方から大阪にやってきた人が、大阪に慣れるまでの記録。

【キーワード】なんでやねん ブログタイトルが大阪に慣れるまでの日々で、最後のエントリが2011

記事を読む

20150815

目の前のことをコツコツとこなしていれば、自分のスタンスはおのずから見出されるもの

【キーワード】立ち位置 なんという正論でしょう。 むしろ、「立ち位置」そのものについて考えて

記事を読む

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

20160425

自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

【キーワード】余裕を持って エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉

記事を読む

20150808

一度きりの人生を、より楽しく生きるための考え方

【キーワード】~より~のほうが この人の考え方、すごく好きだなぁ。 実は『人生は辛いこと

記事を読む

20140304

本気の決心ほど内容を軽々しく口にできないと思う

【キーワード】覚悟を決めたら 一読、とてもバランスの取れた考え方をする人だと感じました。

記事を読む

20150328

まとわりつく柵からは逃れられないが、それでも極力身軽でいたい。

【キーワード】もやもやする ああ、ワタクシのめざす境地です、これ。 目指してはいるけど、なか

記事を読む

20150716

それが「自分」にとってどういう意味を持っているのか、それが大事

【キーワード】無駄なこと 名言を紹介しているサイトはたくさんありますが、その名言が「自分にとっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑