好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】知らないこと

こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてしまうワタクシです……(^^;

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

生きているうちにすべてを知ることはできないし、それができると思うのは傲慢以外の何ものでもありませんが。
自分が円の中にいるとして、知っている事柄によってその半径が定まっていると仮定するなら、せめて、その半径を少しずつでも広げていきたい、その程度の欲は持っております。

知らなかったことを知ったからと言って何か益があるというわけではありませんが。
強いて言うなら、知ることによって得られる楽しさ、知識欲が満たされる感じ、それ自体が自分への報酬になっている、と言えるかもしれません。

思えばこのブログの更新作業は、こういった事柄を考えるための自分自身に対する口実の一つになっている気がします。
あえて抽象的な検索ワードを用いることで拾い出される広範な話題のなかには、自分の知らない事柄が含まれている場合が多いのです。この、知らない事柄との出会いの楽しみゆえに、今日もまた黙々と読み手がいるんだかいないんだか判然としないブログを淡々と更新し続けるのでした(笑)

関連記事

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

20141216

身の回りを「無菌状態」に保ったところで、偽物の安心感しか得られない

【キーワード】想像力が及ばない 「無菌社会」とは言い得て妙だなぁ。 無菌社会・日本

記事を読む

20150831

漢字の成り立ちには由来がある。

【キーワード】見方が変わる なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。 ワ

記事を読む

20141227

期待すべきは読み手の読解力ではなく自分自身がどこまで書ききれているか

【キーワード】スルーできない 読み手に期待しないということですね。 ……と書くと、なんだか上

記事を読む

20150530

探していると見えない、作りだそうと思えば見える、それが人生の意味。

【キーワード】圧倒的 意味なんてないと気づいたときがスタート地点ですよ、きっと。 生きて

記事を読む

20150321

「正しいこと」にすっきりするのは、人が基本的には善を求めているからだと信じたい。

【キーワード】すっきりした 見慣れたコピペもありましたが、初めて見たものもいくつか…… 2c

記事を読む

20131025

知らない世界を垣間見るのは、どんな時でもワクワクするもの

【キーワード】形を変えて 面白い、といってしまうと語弊がありますが。でも面白い! 自分の知ら

記事を読む

20140929

続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

【キーワード】続けていれば 競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。

記事を読む

20160219

楽しさは教えるものではなく、やって見せるものではないか

【キーワード】~ではないか 関係者はうすうす気づいているし、必要性も分かっている。 けれどそ

記事を読む

20150207

紙の本はいずれ、レコードのようにマニア向けの贅沢品になっていくのではないだろうか。

【キーワード】むしろ安心 本との出会いは人との出会い、ってわたしが知らないスゴ本は、きっとあな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑