好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】知らないこと

こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてしまうワタクシです……(^^;

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

生きているうちにすべてを知ることはできないし、それができると思うのは傲慢以外の何ものでもありませんが。
自分が円の中にいるとして、知っている事柄によってその半径が定まっていると仮定するなら、せめて、その半径を少しずつでも広げていきたい、その程度の欲は持っております。

知らなかったことを知ったからと言って何か益があるというわけではありませんが。
強いて言うなら、知ることによって得られる楽しさ、知識欲が満たされる感じ、それ自体が自分への報酬になっている、と言えるかもしれません。

思えばこのブログの更新作業は、こういった事柄を考えるための自分自身に対する口実の一つになっている気がします。
あえて抽象的な検索ワードを用いることで拾い出される広範な話題のなかには、自分の知らない事柄が含まれている場合が多いのです。この、知らない事柄との出会いの楽しみゆえに、今日もまた黙々と読み手がいるんだかいないんだか判然としないブログを淡々と更新し続けるのでした(笑)

関連記事

20150708

ネガティブはネガティブを連れてくるが、行動していれば払拭される。

【キーワード】やってみれば 当たり前のことが羅列されているだけだったのですが。 その中の一つ

記事を読む

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

20150228

心が疲れているときには、当たり前の言葉ほど染み込んでくるものなのかもしれない。

【キーワード】結果的に 読み終えると同時に、なんだかとてもホッとした気分になってしまいました…

記事を読む

20150829

曖昧に存在しながら自分自身をかたどっているものの正体

【キーワード】幸運にも 「環境が人間をつくる」という一言に要約される話だと思いました。

記事を読む

20141010

誤解は些細なことから生じるが、自分の非をちゃんと認められるかどうかが大事ではないか

【キーワード】衝撃的な 別に女性に限らないでしょうが。 思い込み激しくて曲解する人って、確か

記事を読む

20160328

むしろ知らずにいたほうが幸せだったかもしれないこと(笑)

【キーワード】知らないこと これはむしろ「できれば知りたくなかったこと」ではないでしょーかww

記事を読む

20150610

パスポートの中身にまつわる振り返りアレコレ

【キーワード】振り返って これはイランだけの話なのでしょうか。 それとも中東全般の縛りなんで

記事を読む

20160618

人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

【キーワード】やりすごす あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います

記事を読む

20141218

世代間に断絶があるとしても、変わらない本質的なものもあるはずだ

【キーワード】想像力が及ばない 世代間の断絶という話は、ここに書かれている通り、太古の昔からル

記事を読む

20150612

後悔しない学生生活を送ってほしい、と願うのは、後悔ばかりの学生生活を送ってきたから。

【キーワード】振り返って 勉強「だけ」をやっていて許されるのは学生時代だけ。 だから、その後

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑