好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】知らないこと

こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてしまうワタクシです……(^^;

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

たまむすひ:自分の知らないことを知ることができるか?

生きているうちにすべてを知ることはできないし、それができると思うのは傲慢以外の何ものでもありませんが。
自分が円の中にいるとして、知っている事柄によってその半径が定まっていると仮定するなら、せめて、その半径を少しずつでも広げていきたい、その程度の欲は持っております。

知らなかったことを知ったからと言って何か益があるというわけではありませんが。
強いて言うなら、知ることによって得られる楽しさ、知識欲が満たされる感じ、それ自体が自分への報酬になっている、と言えるかもしれません。

思えばこのブログの更新作業は、こういった事柄を考えるための自分自身に対する口実の一つになっている気がします。
あえて抽象的な検索ワードを用いることで拾い出される広範な話題のなかには、自分の知らない事柄が含まれている場合が多いのです。この、知らない事柄との出会いの楽しみゆえに、今日もまた黙々と読み手がいるんだかいないんだか判然としないブログを淡々と更新し続けるのでした(笑)

関連記事

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20131109

ネタに走るのは関西人の特権なのだろうか

【キーワード】インパクトが強い ああ、書かれている傾向がいまだに続いていることのほうが驚きです

記事を読む

20140211

誰が言ったかが大事? それとも、語られている内容のほうが大事?

【キーワード】ピタリとはまる 最近こうしたtwitterを利用したまとめ系のサイト、増えました

記事を読む

20140717

新聞折り込みの受験問題をやってみた段階Jr世代のの淡々とした語り

【キーワード】懐かしい知恵 既に現役(?)を退いていながら、受験問題を解いてみようと思う、そん

記事を読む

20141023

すっぱり思い切る決断をすることが、いちばん勇気の必要なことかもしれない

【キーワード】勇気ある決断 本当に勇気が必要なことって、続けることじゃなくて、止めることなのか

記事を読む

20150303

変わっていく自分をどんどん楽しめたらそれが最高。

【キーワード】変化する 変化を認めないわけではなく。 単にどう変化するか予測できないから、想

記事を読む

20141025

免許証にしがみついている年配者は「自分だけは大丈夫」病にかかっている

【キーワード】勇気ある決断 この勇気は多くの人に持ってほしいけど、ほんとみんな、しがみつくよね

記事を読む

20150716

それが「自分」にとってどういう意味を持っているのか、それが大事

【キーワード】無駄なこと 名言を紹介しているサイトはたくさんありますが、その名言が「自分にとっ

記事を読む

20140620

外れに当たることもあるからこそ、あたりを見つけたときの嬉しさが倍増する。

【キーワード】吟味した上で 一読、どこの私かと思っちゃいましたよww 冒頭の文章に殆どに大き

記事を読む

20140814

恥ずかしさというむずがゆさを説明するのに用いた例題が的確すぎてフイたww

【キーワード】けっこうたくさん たまに、誰がどんなセンスでつけたんだ!と叫びだしたくなるような

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑