少女マンガを曲解した理解からは程遠い笑止千万な勘違い記事を鼻で笑う

公開日: : 最終更新日:2016/03/26 ネタ・雑学

【キーワード】理解するために

一読、鼻で笑ってしまった程度には、筋金入りの少女マンガ好きなワタクシです。
これで「女心が理解できる」と本当に思っているなら笑止千万ですねヽ(´ー`)ノ ふっ

男が女心を理解するために読むべき少女漫画、少女漫画は最高の恋愛教材 | 恋愛マーケティング

男が女心を理解するために読むべき少女漫画、少女漫画は最高の恋愛教材 | 恋愛マーケティング

昔から「女心を知るためには少女マンガを読め」なる言説が忘れたころに出てきていたものですが。
そういう意図で少女マンガを読んだところで、女心なんて理解できないから(断言)
てゆーか、

また、マンガは女性を自宅に誘う時に使えるツールとして使うこともできます。

とか書かれている時点で、噴飯ものだから。ばっかじゃないのヽ(`Д´)ノ ぷんすか
不純なことを考えてる奴に、なんでそのマンガが好かれているのか、読まれているのかが理解できるわけがないじゃないか(失笑)

あと、このカテゴリで「世界一初恋」を紹介するな。BLだから。少女マンガとはちょっと違うから。混ぜるな危険、ってやつだから。もう一つ言っとくと、「りびんぐゲーム」は少女マンガじゃないから。青年マンガってやつだから。
この紹介者、本当に紹介しているマンガをちゃんと読んだのか?!とツッコみまくりたい。読みもせずに紹介しているなら無責任極まりない。
もうね、こんなに腹の立った記事は本当に久しぶりですよ。さらし者にしたくもなるってもんです。

こんなくだらない記事を参考にするくらいなら、男性が読んでも面白い少女マンガを紹介するブログおとよめ | 女性向けマンガのレビューとかなどを読んだ方が、男性諸氏には遥かに有益だと思います。
ブログを引っ越す前、オトコでも読める少女マンガの頃からこのサイトのファンです。それは、サイト主が、面白いマンガとして少女マンガとちゃんと向き合っているからです。その上で、男性が面白く感じるだろうポイントにも言及されているから、女性が読んでも響いてくるんですね。

なんでこのマンガは女性に人気なんだろう、と自分で考えるほうが、作品そのものから女心を知ろうとするより、よほど有益だと思います。まあこんな記事に踊らされる人がもしいるとしたら、そんな人は自分の頭で考えることを放棄しているわけですから、その時点で、女心を理解するなんて一生無理wwと鼻で笑ってやりますけどね。

あ、言っておきますが、紹介されているそれぞれのマンガが面白くないとは言ってませんよ? むしろ、面白いものが紹介されています。面白いものを面白いものとして紹介しないそのやり方に腹が立っているだけです。

こういう人たちは、ワタクシにとってのベストオブ少女マンガ7SEEDSでも読んで、本当の少女マンガの面白さってものを把握するところから始めたらどうかな。愛も恋も生きることにも真剣でまっすぐな乙女たちがたくさん出てくるんだから、サバイバルしてようが何しようが、ワタクシにとってのベストオブ少女マンガですよ、7SEEDSは。
先ほど紹介した良ブログでもこの作品はもっと売れるべき:田村由美「7SEEDS」18巻 – オトコでも読める少女マンガという記事で紹介されてますしね。

※読み始めると途中で止まらないから大人買い推奨。
※ちなみに31巻も発売中です。

いずれにせよ、マンガで異性心理を理解しようなんてお手軽さを求めている限り、何も得られないことは確かでしょうね。こんな記事の踊らされる人たちがいませんように……(-人-)祈

関連記事

20141121

自分の今までの人生を受け入れている人たちの潔さって、かっこいい。

【キーワード】やり直したい ちょっと意外な結果になってる……! コトノハ - 泣きた

記事を読む

20131002

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥

【キーワード】人生で初めて ちょwwwww 出落ちすぐるwwwww しかも堂々と間違いを犯し

記事を読む

20160203

素で変な声が出るほど驚かされた衝撃のチャレンジ

【キーワード】思い込み え、え、え、えええええ?! 種明かしの文を読んだときに、素で変な声が

記事を読む

20160831

知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチェックしてみる

【キーワード】~なのに~ この素朴な雑学系の質問。 忘れたころに目にして、回答を見て納得し、

記事を読む

20140402

リア充雑誌はたまにひどいダブルスタンダードを持ち出すから……(-“-)

【キーワード】当てはまっている これ、出典どこなんだろう>< 出典自体がリア充御用達雑誌から

記事を読む

20150218

原理が分からなくても困らないけど知りたい欲求にも勝てない

【キーワード】意外にも こういう科学系のネタに弱いワタクシ…… 詳しくないからこそ、つい反応

記事を読む

20141108

やはり「おかん」な人たちが群を抜いておもしろい

【キーワード】斜め上の発想 どれもこれも面白いんだけど。 やはり「おかん」な立場の人たちの書

記事を読む

20140825

幸せな恋話より悲恋もののほうが印象が強いのはなぜだろう。

【キーワード】永遠に語り継がれる 恋愛模様が歴史を動かしている事例が多々ある、というのがよく分

記事を読む

20150901

常識の定義など狭い範囲でしか通用しない

【キーワード】見方が変わる こういうのを読むと、本当に、自分は狭い世界に生きているのだなぁと、

記事を読む

20141205

これを普通と称する道民のレベルの高さに圧倒される

【キーワード】~するレベル 最初の写真のインパクトもすごいけど、その後に続く地元民の淡々とした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑