さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 ビジネス・教養

【キーワード】理解するために

記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったんですが……(^^;
……と、細かい部分(?)にツッコミを入れてしまいましたが、良い記事でした。

[自分がわからない時に]本当の自分を理解するためにやるべき6つのコト|welq [ウェルク]

[自分がわからない時に]本当の自分を理解するためにやるべき6つのコト|welq [ウェルク]

心理学書や自己啓発系の書物などではよく取り上げられている事柄がすっきりとまとまっています。
12項目全部試そうとするとけっこうな負担になるでしょうから、とりあえず手を付けられそうなところから始めてみるのがいいのではないでしょうか。

ワタクシ自身は、このブログ内でも何度か書いているとおり、日記を習慣にしておりますので、自分を客観視できるという意味でもその有効性には深く頷くばかりです。

何より、この記事でいちばん深く頷いたのは、12項目めに取り上げられていた、わからない自分を放っておくでした。
若い頃はこれができなくてねぇ(笑) 自分で自分を追いつめてしまったものです。
白や黒だけではなく、グレーもあるということを受け入れられると、本当に人生楽になるものですね(笑)

関連記事

20131017

専門的なことを調べるのが、楽な時代になりました。

【キーワード】気軽に 専門に特化したウェブサイト、本当に増えてきましたね。 昔は図書館で調べるし

記事を読む

20131217

いろんな形の読書方法があるけれど、基本的に読書は楽しいものだと思う。

【キーワード】それぞれの流儀 会社概要を見ると、セミナー事業を展開している会社のサイトなんです

記事を読む

20160812

こんな特殊な用途の施設にも東西の差異が現れているとは面白い現象だな

【キーワード】我が道を行く こんなところにまで東西の差異が現れてるんですねぇ(^^; 安い値

記事を読む

20160317

日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

【キーワード】習慣の問題 一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになる

記事を読む

20160711

意外な場所が意外な選出を受けていてびっくり

【キーワード】貴重な そんなわけで、昨日も書いた通り、1000エントリ目です(喜) 少し

記事を読む

20140621

本筋から外れた受け取り方をするのも読み手の自由ってもんです。

【キーワード】吟味した上で これ、文章指南としてではなく、別の意味で読み取って、役に立つ話だ!

記事を読む

20160331

Wikipediaのおまかせ表示で遊んでいる人は意外と多いようだ

【キーワード】知らないこと やっぱりこれで遊んでる人多いんだなー(喜) Wikipediaに

記事を読む

20160115

自然な文章に誘導され、はからずしも自分自身と向き合うことになった。

【キーワード】情けない 今週は「情けない」をキーワードに検索していろいろな記事を紹介しているわ

記事を読む

20150922

焦っても仕方がないと分かっていても焦ってしまうならば……

【キーワード】冷静でいられない 焦っているときはまず深呼吸ですよ。 焦って冷静でいられな

記事を読む

20160426

余裕を持つことと、相手の優位に立ちたいと思うことは、まったく違うことだ

【キーワード】余裕を持って 紹介を旨とする当ブログでは、基本的に筆者の気に入ったものを紹介する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑