読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

公開日: : 最終更新日:2016/03/21 ビジネス・教養

【キーワード】理解するために

ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。
別に、読書嫌いの人を読書家にする必要はないのではないかとも思っております。文科省の提供している世界の読書人口統計データをつぶさに観察してみたというつい先日のエントリにも書いた通り、元々、読まない人はまったく読まない分かっておりましたので。身近な狭い範囲を見渡しても、八割方の人がまったく本を読見ませんしね。

たった10秒でできるカンタン読書術!初めて読む本の理解度が2倍になるおすすめ読書テクニック | JIBURi.com

たった10秒でできるカンタン読書術!初めて読む本の理解度が2倍になるおすすめ読書テクニック | JIBURi.com

サイト主はある日、屈辱的な出来事(別エントリに詳細あり)をきっかけに、読書に目覚めたそうです。
息をするように幼いころから本を読んできた自分としては、読書嫌いがどのようにそれを克服したのかを読むのは、大変興味深いことでした。自分では絶対に追体験できないことですからねぇ……。

そんなサイト主が、いろんな読書方法を模索したのちにたどり着いた、理解を深めるための方法が書かれていました。
この方法自体は、読書家なら(意識的か無意識的かはともかく)誰でもやっていることだとは思うのですが……この話にたどり着くまでが長いwwwww ここはちょっとツッコませてほしい(笑)
「著者略歴を読む」のひと言で済むところを、ここまで引っ張れるのはある意味スゴイですけどね。

小説なんかだと作者の情報を入れない方が物語世界に没頭できるかと思いますが、実用書などでは著者略歴に目を通し、その後目次に目を通せば、ざっくりとした概要は掴むことができます。
確かに読書慣れしていない人には特に有効かもしれませんね。
こういうちょっとしたことがきっかけで自分から進んで読書するようになれば、きっと世界が広がって楽しいと思います(^^)

関連記事

20140723

漢字の書き順もこれなら一目瞭然。

【キーワード】効果覿面 漢字の書き順指南!こんなサイトもあったんですね!! いんたーねっつの

記事を読む

20150609

安穏と過ごせる人が羨ましい反面、ストレスまみれの人生も悪くはないと肯定してみたい。

【キーワード】振り返って 設問1の結果にちょっとびっくり…… 有効回答者数:284名だそうだ

記事を読む

20160504

今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

【キーワード】ノスタルジー 「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬

記事を読む

20140208

イラストや絵文字の需要が日々、増えているからこそ

【キーワード】身近なものから 絵を描くのが苦手、という人には、ぜひ参考にしてほしい記事ですね(

記事を読む

20131017

専門的なことを調べるのが、楽な時代になりました。

【キーワード】気軽に 専門に特化したウェブサイト、本当に増えてきましたね。 昔は図書館で調べるし

記事を読む

20160223

原因究明も大切、しかし対処することはもっと大切

【キーワード】こんな時こそ 紹介されている三つの質問そのものも有意義です。 しかし、この記事

記事を読む

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑