文科省の提供している世界の読書人口統計データをつぶさに観察してみた

公開日: : 最終更新日:2016/03/19 ビジネス・教養

【キーワード】習慣の問題

国内でも活字離れが叫ばれて久しい状況ですが、海外に目を向けても、事情は似たり寄ったりなのですね。

イタリア人と読書 | イタリアの美味しいおはなし

イタリア人と読書 | イタリアの美味しいおはなし

こちら、イタリア出版組合のデータに関する所感が綴られていました。
数字だけを見ると、人口の半分以上がまったく本を読まないのかと驚きますが。
元より、本というものは読む人と読まない人の差が激しいことを考えれば、これはこれで順当な数字かもしれません。

この記事を読んで興味が出たので、ちょっと読書人口の推移について検索してみたところ、文部科学省の「平成23年度「生涯学習施策に関する調査研究」読書環境・読書活動に関する諸外国の実態調査 調査報告書」というのが引っ掛かりました。

平成23年度「生涯学習施策に関する調査研究」読書環境・読書活動に関する諸外国の実態調査 調査報告書 – 1323725_12_1.pdf
見ての通り、PDFファイルです。開くときは注意してくださいね。
最初のPDFファイルに調査概要が記載され、以下、延々と
平成23年度「生涯学習施策に関する調査研究」読書環境・読書活動に関する諸外国の実態調査 調査報告書 – 1323725_13_1.pdfでアメリカとカナダの実情が、
平成23年度「生涯学習施策に関する調査研究」読書環境・読書活動に関する諸外国の実態調査 調査報告書 – 1323725_14_1.pdfでイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、フィンランドの実情が、
平成23年度「生涯学習施策に関する調査研究」読書環境・読書活動に関する諸外国の実態調査 調査報告書 – 1323725_15_1.pdf最後に中国、韓国、日本の実情が、それぞれ記載されています。

全部で163ページもあります……。
取り上げるからには!とすべてにざっくり目を通しました。ワタクシも暇ですねwwwww
いや、本当に暇なわけじゃないんですが>< 読み始めるとこれはこれで面白い「書物」でしたので、気がついたら読み下していたのです。こういうところが書痴の悪癖というものかもしれません……( = =) トオイメ

実際、面白い読み物でした。
こういうのを「おもしろい」で片づけちゃ駄目なんでしょうけど。
このPDFファイルを拾って来るに至ったイタリアの事情について触れられていた箇所もあり、自分なりに裏付けが取れた感もあります。

アメリカでの図書館利用が過去に比べて少し回復してきており、その理由が電子書籍の貸し出しを行っているためというくだりは、とくに興味深く感じました。同じく検索で引っかかったアメリカを変えたブッククラブというPDFファイルがありまして、これも読んだのですが(ぉぃ)、こちらには、国土が広すぎて図書館どころか書店に行こうにも行けない人たちがいる、というアメリカ特有の事情が書かれていました。電子書籍はこういう人たちにとっての福音ですよね。

もう一つ興味深かったのが、中国では最近、読書人口が増えているというデータでした。
文化的成熟期に書物への関心が高まり、円熟期には書物への関心が下降する、ということなのでしょうか。
何をもって文化的成熟や円熟と見なすのかについては、また別の論議になってしまいますが(^^;

ちょっとしたきっかけからえらく深入りしてしまいました。
とはいえ、こういうふうに関連情報をたどっていくのが、ウェブ探索のいちばんの楽しみでもあります。
また時間を作ってこのあたりの事情をさらに深く探ってみたいものです。さすがにそうなるとウェブ上だけでは限界がありそうなので、今度は図書館とかで調べ物しますかね……(笑)

関連記事

20160227

肯定でもなく否定でもなく、ただ淡々と客観的に考察するということ

【キーワード】こんな時こそ 読み応えのある、素晴らしい考察でした。 こちらのエントリによって

記事を読む

20140701

よほどのきっかけがないと自分からはアクセスしない場所

【キーワード】重宝している うわー、ニッチな分野だ! こういうものすごくピンポイントの専門的

記事を読む

20140208

イラストや絵文字の需要が日々、増えているからこそ

【キーワード】身近なものから 絵を描くのが苦手、という人には、ぜひ参考にしてほしい記事ですね(

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20160321

読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

【キーワード】理解するために ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。 別に、読書嫌いの人

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20160123

十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

【キーワード】身近な謎 記事タイトルのかっこよさにやられましたww 「生命の左利きの謎」……

記事を読む

20151212

技術の進歩に対してヒトが順応するまでの時間

【キーワード】思い出す なんかねー、新しい技術が出てきて、人々の生活が様変わりするような事例が

記事を読む

20150520

褒め言葉のバリエーションは知っておいて損はないはず。

【キーワード】物は言いよう やば……ここに書かれている言葉、すでに無意識レベルで使ってるわ……

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑