日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 ビジネス・教養

【キーワード】習慣の問題

一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになるなぁと思いつつ。
面白い話でしたので、取り上げずにはいられませんでした(^^;

村上春樹が語る「英語の小説を読むための幾つかの方法」 - オレンヂ

村上春樹が語る「英語の小説を読むための幾つかの方法」 – オレンヂ

ワタクシ、村上春樹氏の本は何冊か読んだのですが、どうにも馴染めず挫折したクチです(滝汗)
ですが、ここに書かれている方法は、素直にすごいと思います。ファンの方には周知の事実なんでしょうか。

海外在住期間が半年以上あれば、その国の言語はいつの間にか身に着くなんて話を聞きますよね。
その言葉しか耳に入ってこず目にすることもなければ、自然に覚えていくものなのかもしれません。
が。
国内に居ながらにして海外にいるのと同じような環境を作り、すべての日本語を生活から排除するなんて、常人には想像もつかないのではないでしょうか。思いついたところで実行することは困難でしょうし。
潔すぎて呆然としてしまいました。

ここまで環境を整えていた、ということは、それだけ、環境が人間に及ぼす影響が大きいということの証明でもありますね。何かを極めるためには、やはり、真っ先に環境を整えることが大切なのかもしれません。

関連記事

20160624

キワドイ話だからこそ、本質を突くことができるのかもしれない

【キーワード】たまたま しょっぱなから割とキワドイ話をしているので、これをどう紹介したものかた

記事を読む

20151021

伝えるためにいちばん大事なのは、伝えようとする気持ちじゃないのかな。

【キーワード】伝わる 伝わるポイントを紹介するというのなら、これくらい、絞り込んできてほしいも

記事を読む

20160315

基本に忠実に一つひとつこなしていくことが大事なのだな。

【キーワード】習慣の問題 ワタクシが英文を苦手な原因が、なんとなくわかったような気がします……

記事を読む

20141213

自分にかけるべき言葉と、他人にかけるべき言葉を、きちんと使い分ける

【キーワード】大間違い そうそう、失敗は成功の母ってよく言われますけどね、「ただし……」っての

記事を読む

20141030

広く浅くならインターネット、狭く深くなら……?

【キーワード】最適な レファレンス協同データベース、こんな司書さん御用達なサイトがあったんです

記事を読む

20140411

きっかけ作りは自分でできる

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ああ、いまツキの波に乗り損ねている自分には耳に痛いことば

記事を読む

20140429

まだまだ世の中捨てたもんじゃないよ

【キーワード】ムキになって 正直、正論ばかりが並んで安心してしまいました(^^; ア

記事を読む

20140621

本筋から外れた受け取り方をするのも読み手の自由ってもんです。

【キーワード】吟味した上で これ、文章指南としてではなく、別の意味で読み取って、役に立つ話だ!

記事を読む

20160331

Wikipediaのおまかせ表示で遊んでいる人は意外と多いようだ

【キーワード】知らないこと やっぱりこれで遊んでる人多いんだなー(喜) Wikipediaに

記事を読む

20140604

仕事に求めるのは給与だけではないはずだ。

【キーワード】裏を返せば 生きるように働く人の仕事探し「日本仕事百貨」なるサイトのワンコンテン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑