日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 ビジネス・教養

【キーワード】習慣の問題

一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになるなぁと思いつつ。
面白い話でしたので、取り上げずにはいられませんでした(^^;

村上春樹が語る「英語の小説を読むための幾つかの方法」 - オレンヂ

村上春樹が語る「英語の小説を読むための幾つかの方法」 – オレンヂ

ワタクシ、村上春樹氏の本は何冊か読んだのですが、どうにも馴染めず挫折したクチです(滝汗)
ですが、ここに書かれている方法は、素直にすごいと思います。ファンの方には周知の事実なんでしょうか。

海外在住期間が半年以上あれば、その国の言語はいつの間にか身に着くなんて話を聞きますよね。
その言葉しか耳に入ってこず目にすることもなければ、自然に覚えていくものなのかもしれません。
が。
国内に居ながらにして海外にいるのと同じような環境を作り、すべての日本語を生活から排除するなんて、常人には想像もつかないのではないでしょうか。思いついたところで実行することは困難でしょうし。
潔すぎて呆然としてしまいました。

ここまで環境を整えていた、ということは、それだけ、環境が人間に及ぼす影響が大きいということの証明でもありますね。何かを極めるためには、やはり、真っ先に環境を整えることが大切なのかもしれません。

関連記事

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

20160513

司書という調べ物のプロのレファレンス能力はもっと評価されるべきだ

【キーワード】抵抗感がある レファレンス協同データベースと言えば、全国の司書さん御用達、調べ物

記事を読む

20140621

本筋から外れた受け取り方をするのも読み手の自由ってもんです。

【キーワード】吟味した上で これ、文章指南としてではなく、別の意味で読み取って、役に立つ話だ!

記事を読む

20150505

要約力を鍛えるにも反復練習が欠かせない

【キーワード】要約すれば おりしも本日は子どもの日。 こちら、お子さんを勉強好きにするための

記事を読む

20150922

焦っても仕方がないと分かっていても焦ってしまうならば……

【キーワード】冷静でいられない 焦っているときはまず深呼吸ですよ。 焦って冷静でいられな

記事を読む

20140605

訳したとたんに本来の意味が失われることがある。

【キーワード】裏を返せば とても共感できる考え方に出会いました。 こういうの読むと、自分の考

記事を読む

20160504

今の体験も、未来から見れば記憶だったり思い出だったりするのだ。

【キーワード】ノスタルジー 「懐かしい気持ち」に限りませんが、なんでも、使い方しだいで毒にも薬

記事を読む

20150220

変わった資格を取得して何に活かせるか考えてみるのも一興

【キーワード】意外にも 確かに、ここで紹介されてるのって、えらくマニアックですね(^^;

記事を読む

20160331

Wikipediaのおまかせ表示で遊んでいる人は意外と多いようだ

【キーワード】知らないこと やっぱりこれで遊んでる人多いんだなー(喜) Wikipediaに

記事を読む

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑