コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2016/03/08 コラム・エッセイ

【キーワード】影響されやすい

純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と漠然と思ってました。
どうやらそう感じていたのはワタクシだけではないようです。

関西弁ってひとことでいうけれど。 - もにょもふの1日1電卓

関西弁ってひとことでいうけれど。 – もにょもふの1日1電卓

先日、関西ローカル番組をチラ見していた折。
二十歳以下の関西在住者たちが、関西弁独特の表現を理解できない様子を検証していました。
それを見ながら、語尾やニュアンスは残っているものの、純粋な方言はもう廃れている、と考えるほうがいいのかもしれないと感じたものです。

情報化社会が発展し、県外どころか海外の人とだってお互い家で話すことができます。

つまるところ、これかと。
SF世界の出来事だと思われていたテレビ電話も、いつのまにか身近なモノになっていました。
コミュニケーションにおける距離の垣根がどんどん取り払われている以上、言葉もまた混じり合って当然なのかもしれませんね。

関連記事

20150611

同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

【キーワード】振り返って なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。

記事を読む

20140929

続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

【キーワード】続けていれば 競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。

記事を読む

20140906

大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

【キーワード】そこだけは 一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^

記事を読む

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

20160127

ブログの記事が消える悲しみを魂の底から憂う熱い記事

【キーワード】思いがけない 記事タイトルが魂の叫びすぎて、紹介せずにはいられませんでした……

記事を読む

20131025

知らない世界を垣間見るのは、どんな時でもワクワクするもの

【キーワード】形を変えて 面白い、といってしまうと語弊がありますが。でも面白い! 自分の知ら

記事を読む

20131102

今は廃れた機能もその頃は必然だと思えたものなんです……( = =) トオイメ

【キーワード】いつの間にか なんというオールドカー世代のおっさんホイホイ…… 車に関する様々

記事を読む

20131004

まるで少女マンガのような

【キーワード】人生で初めて ……どこの少女マンガだぁぁぁぁぁぁ(叫) 現実にこんなことがある

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑