子供向け学習教材は、むしろ子を持つ親にこそ必要なものなのかもしれない

公開日: : 最終更新日:2013/12/16 趣味・実用

【キーワード】それぞれの流儀

科学するこころを開く サイエンスウィンドウという雑誌があるのですね。サイエンスウィンドウとはのページを見ると、全国の小中学校に無料で配布され、さらにすべてのバックナンバーがPDFで無料閲覧できるそうです。

今回ピックアップさせていただいたのは、2008年9月号で紹介された内容でした。

2008年 9月号| 特集:彼らは世界をどう見ているか | 科学するこころを開く サイエンスウィンドウ

2008年 9月号| 特集:彼らは世界をどう見ているか | 科学するこころを開く サイエンスウィンドウ

さまざまな動物の世界のとらえ方を、その生態から平易に解説しているページです。
小中学生向けの教材の一環ということですが、それだけにイラスト満載でとても分かりやすい!
子供のころ習ったはずのこれら動物の生態が、成長するにつれ頭の中からすっぽりと抜け落ちていくことを思えば、むしろ大人にこそ、こういった教材が必要なのかもしれませんね(^^;

幼いころ、あれほど不思議だと感じた世界の成り立ちが、自分の中のふしぎから取り除かれたのは、いったいいつ頃のことなんだろうなぁ。見るもの聞くことすべてが珍しくて、世界は発見に満ちていた子供時代の純粋さを、このサイトを眺めているうちに、ちょっと取り戻せたような気がします(*^-^*)

関連記事

20150523

思わぬ掘り出し物のことわざ辞典サイトに出会う

【キーワード】物は言いよう 「も」から始まることわざって、それだけでもこんなにたくさんあったん

記事を読む

20140820

その特殊アルバイトにどんなきっかけで従事することになったのかが気になる。

【キーワード】話題になる 特殊アルバイトの類って、みなさんどこで情報誌入れて従事することになっ

記事を読む

20130926_01

写真を撮りたがる人が多いのにはきっとわけがある。

【キーワード】感覚だけで なくてもよいもの。 余剰。 けれど、その余剰こそが、人間らしさを

記事を読む

201510287

趣味の世界における男女の垣根はどんどん取り払われてきているようだ。

【キーワード】ハマりやすい タイトルから違うものを思い描きながら該当ページを開いたところ。

記事を読む

20151014

図画工作の楽しさを思い出させてくれる作り方紹介の記事

【キーワード】過程が楽しい 子どものころからこういうのに慣れ親しむのはいいですね(^^) 小

記事を読む

20160611

本質傾向を表すエニアグラム診断結果プラスアルファ

【キーワード】気が多い エニアグラムという自分の性格や傾向を診断する方法をご存知でしょうか。

記事を読む

20150529

これは誰もが一度は考えたことのある問題ではないだろうか。

【キーワード】圧倒的 これは常々ワタクシも感じていることだったのですが。 いろんな意見があっ

記事を読む

20150209

年齢を重ねるごとにより深く楽しめるようになるのが絵本の魅力。

【キーワード】ホッとした ワタクシが絵本の良さが本当にわかったのは、いわゆる思春期を迎えたころ

記事を読む

20150827

肉眼でオーロラを見た人の体験談は現地での体感に満ちていた

【キーワード】幸運にも これは羨ましい!!! 北欧・北極圏オ-ロラの旅 オーロラは

記事を読む

20151225

閉館した交通科学博物館の歴史に思うそれぞれの時代の息吹

【キーワード】もっと知りたい 交通科学博物館の閉館は、時代の流れを感じて寂しかった出来事の一つ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑