子供向け学習教材は、むしろ子を持つ親にこそ必要なものなのかもしれない

公開日: : 最終更新日:2013/12/16 趣味・実用

【キーワード】それぞれの流儀

科学するこころを開く サイエンスウィンドウという雑誌があるのですね。サイエンスウィンドウとはのページを見ると、全国の小中学校に無料で配布され、さらにすべてのバックナンバーがPDFで無料閲覧できるそうです。

今回ピックアップさせていただいたのは、2008年9月号で紹介された内容でした。

2008年 9月号| 特集:彼らは世界をどう見ているか | 科学するこころを開く サイエンスウィンドウ

2008年 9月号| 特集:彼らは世界をどう見ているか | 科学するこころを開く サイエンスウィンドウ

さまざまな動物の世界のとらえ方を、その生態から平易に解説しているページです。
小中学生向けの教材の一環ということですが、それだけにイラスト満載でとても分かりやすい!
子供のころ習ったはずのこれら動物の生態が、成長するにつれ頭の中からすっぽりと抜け落ちていくことを思えば、むしろ大人にこそ、こういった教材が必要なのかもしれませんね(^^;

幼いころ、あれほど不思議だと感じた世界の成り立ちが、自分の中のふしぎから取り除かれたのは、いったいいつ頃のことなんだろうなぁ。見るもの聞くことすべてが珍しくて、世界は発見に満ちていた子供時代の純粋さを、このサイトを眺めているうちに、ちょっと取り戻せたような気がします(*^-^*)

関連記事

20160324

説明も何もない謎のようなシンプルなサイト

【キーワード】理解するために アクセスしたときに、一見して何のサイトなのかわからないことがあり

記事を読む

20150617

雑学もまとめあげると素晴らしく有用なコンテンツになり得るという実例

【キーワード】特殊な用途 知っているようで知らない、ナンバープレートに関する雑学あれこれが記載

記事を読む

20151117

有用すぎるのに役に立たないと謳う謙虚な管理人さん

【キーワード】役に立たない タイトルに嘘偽りあり、ですよ……? 沖縄発!役に立たない写真

記事を読む

20151016

列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

【キーワード】過程が楽しい このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく

記事を読む

20140108

山登りにはいったいどんな魅力があるのか

【キーワード】響きに惹かれて 登山を趣味にしてる人って、すごいなぁと、体力のない徹頭徹尾インド

記事を読む

20150523

思わぬ掘り出し物のことわざ辞典サイトに出会う

【キーワード】物は言いよう 「も」から始まることわざって、それだけでもこんなにたくさんあったん

記事を読む

20150606

個人サイトをめぐる楽しみは、まさにこの、どうでもいいことに真剣にチャレンジしている人の存在を知る醍醐味にある

【キーワード】妙なこだわり 本日の紹介記事、アクセスすると画面によっては目がちかちかしますので

記事を読む

20140618

旅の醍醐味は旅が始まる前の計画から

【キーワード】吟味した上で 某質問サイトに寄せられた、2005年の質問です。この頃はスマホもな

記事を読む

20150326

モヤモヤ解消法は千差万別でどの方法も効果があるような気がする。

【キーワード】もやもやする もやもやしたときの発散放って、人によってこんなに千差万別なんですね

記事を読む

20140630

意外な観葉植物の存在に驚く。

【キーワード】重宝している アスパラガスに観賞用のものが存在していることを、この記事で初めて知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑