小さな親切大きなお世話を地で行くsiriの小ボケ

公開日: : ウェブ・IT関連

【キーワード】誤変換

Siriのボケツッコミは、日々進化しているようだという過去エントリにて、iPhoneの音声操作機能siriにツッコミを入れている記事を紹介させていただいた折、Siriさんはいまではもっと賢くなっているはずですwwというフォロー文を入れたワタクシでしたが。
……昨年の時点で、まだまだ小ボケをかましてくれていたようですねww

誤変換に誤読のダブルパンチ! Siriちゃんが、私の名前を正しく呼んでくれない《加山恵美「イマドキのネットコミュニケーション」》

誤変換に誤読のダブルパンチ! Siriちゃんが、私の名前を正しく呼んでくれない《加山恵美「イマドキのネットコミュニケーション」》

記事タイトルが的確すぎる、ということが、記事を読むとよくわかりますww
これがPC Onlineの記事ではなく、個人ブログとかだったら、このタイトルに涙目の顔文字でも付け加えたいところではありませんか(笑)

読み進めると最終的にはちゃんと認識してくれたようで、読んでいるこちらも胸をなでおろしましたよ。
しかし、こんなに手間がかかるなら、やっぱりsiriを使うのはやめよう……と思ってしまったワタクシなのでした(ぉぃ ι )

あ、本日の紹介記事含め、PC Onlineの過去記事は会員登録しないと読めないのですが、無料ですし、記事内容が気になる方はこの機会に登録されておかれても良いかと思います(^^)

関連記事

20150526

PCの小技は実際に手を動かしてはじめて体が覚えるもの

【キーワード】圧倒的 長くPCに触れている人でも、案外ショートカットとか小技とか知らなかったり

記事を読む

20150312

iPhone7年の歴史を5分で振り返ろう

【キーワード】感慨深い 元記事は2014年6月のもの……ということは、iPhone登場からすで

記事を読む

20140818

話題になることで失うものと、淡々と続けることで得るもの

【キーワード】話題になる すべての法則(……は言い過ぎだけど)に逆らっていることが判明しました

記事を読む

20140910

ブラウザの世界に、GoogleChromeが登場した時のような衝撃はまた訪れるのだろうか

【キーワード】~の利点 2010年9月の質問……ということは、4年前の状況ですね。 ITの世

記事を読む

20150107

なんぞこれwwwと思わず草を生やしたくなるiPhoneアプリ

【キーワード】なんでやねん iPhoneアプリにはたまに、何でこんなわけのわからないものがww

記事を読む

20140705

スマホの便利さは依存症になるレベルですね

【キーワード】重宝している あ、これは確かに、アナウンサーならではの視点ですね! (

記事を読む

20160208

思わぬ組み合わせに出会う

【キーワード】巡り巡って まさか、CSSの説明記事で、この単語に巡りあうとは思いませんでしたよ

記事を読む

20140823

キャズムを超えるときに失われるもの

【キーワード】話題になる この、ちょっとばかり過激なネタを、「一理あるな……」と感じてしまった

記事を読む

20150316

アプリやアカウントサービスは、定期的に見直さないと混乱の元になる

【キーワード】すっきりした ああ、ここまできっちり整理したら、そりゃすっきりしたでしょうねぇ…

記事を読む

20140225

身近に潜む危険。正しい知識を持たない人間はカモにされるばかりなのです。

【キーワード】釣られやすい どんな場合でも、まずは正しい知識を身に着けることですよ……。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑