幸せを感じるきっかけは、意外と身近なところにある

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 ライフハック

【キーワード】~ではないか

この考え方、好きだなー。
そう思うと同時に、自分にも、自覚のないまま諦めてしまっていることがあるのかもしれない、と思えました。
本当にちょっとした方向転換で済むのに、それに気づけないというか。

幸せって「快適センサー」の感度で決まるのではないか?の考察 | Rucca*Lusikka

幸せって「快適センサー」の感度で決まるのではないか?の考察 | Rucca*Lusikka

実際の事例から、自分がどんな気付きを得られたのか、そのきっかけがどれだけ些細なものだったかが、詳細に書かれています。
きっかけって、本当に、これくらいの小さな出来事だったりするんですよね。

翻って、自分にもこういう傾向があるな、と感じました。
不便なものは不便なもので、仕方のないことなんだから、諦めるしかない、という……。
それは先入観でしかない、とはっきり書いてくれたことで、読んでいるこちらもハッとさせられました。

それにしても、この話を「快適センサー」という言葉の収束させた言葉のセンスに脱帽です。
毎日を幸せに過ごすコツは、本当に、こういう些細な出来事のなかにあるのかもしれませんね。

関連記事

20160702

胸を張って落ち込める人はいない。姿勢が精神に及ぼす作用は偉大だ。

【キーワード】きっかけ 最初に目にしたとき、エントリタイトルがちょっと大げさかなーと思わないこ

記事を読む

20140215

自己分析というと言葉が固いけど、自分を知れば自信が湧くことは間違いのない事実。

【キーワード】ピタリとはまる 物事の原点って、結局、同じようなところに立ち返るようになってるん

記事を読む

20160705

やる気が起きないときに効くちょっとした呪文

【キーワード】面倒に感じる ものすごくシンプルなのに、今日、いまこの瞬間からでも取り入れられる

記事を読む

20150320

昔も今も、すっきり気持ちよく目覚めるための方法に対する需要は高い

【キーワード】すっきりした そうそう。「寝覚めをよくする方法」で知りたいのは、睡眠サイクル以上

記事を読む

20141001

5分でも1分でもいい、とにかく続けることが大事。

【キーワード】続けていれば 一読、「あ、これは理に適っているな」と感心してしまいました。

記事を読む

20150807

読みやすさとは、読み手の存在を意識しているかどうかにかかってくるのかもしれない

【キーワード】~より~のほうが おお、この一覧は便利ですね! それにとても納得できる一覧です

記事を読む

20160615

怒りのコントロールに役立つ実践的な方法いろいろ

【キーワード】やりすごす 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会……怒りをコントロールする方

記事を読む

20150318

二日酔いを避けるために!飲んでる最中の食べ物に気を付けよう。

【キーワード】すっきりした 二日酔いに関しては、前にも便利で万能なツボ・合谷(ごうこく)は、二

記事を読む

20140809

反射的に翻訳できるほど語彙を充実させることが英語を勉強する醍醐味だった。

【キーワード】反射的に この発想はなかったなぁ……。 さらに、このたとえを持ち出されたら、納

記事を読む

20150711

いつもの作業に一つだけプラスアルファすることを繰り返していると……

【キーワード】やってみれば これはいい提言ですね! こういう視点から見れば、今この瞬間から始

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑