幸せを感じるきっかけは、意外と身近なところにある

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 ライフハック

【キーワード】~ではないか

この考え方、好きだなー。
そう思うと同時に、自分にも、自覚のないまま諦めてしまっていることがあるのかもしれない、と思えました。
本当にちょっとした方向転換で済むのに、それに気づけないというか。

幸せって「快適センサー」の感度で決まるのではないか?の考察 | Rucca*Lusikka

幸せって「快適センサー」の感度で決まるのではないか?の考察 | Rucca*Lusikka

実際の事例から、自分がどんな気付きを得られたのか、そのきっかけがどれだけ些細なものだったかが、詳細に書かれています。
きっかけって、本当に、これくらいの小さな出来事だったりするんですよね。

翻って、自分にもこういう傾向があるな、と感じました。
不便なものは不便なもので、仕方のないことなんだから、諦めるしかない、という……。
それは先入観でしかない、とはっきり書いてくれたことで、読んでいるこちらもハッとさせられました。

それにしても、この話を「快適センサー」という言葉の収束させた言葉のセンスに脱帽です。
毎日を幸せに過ごすコツは、本当に、こういう些細な出来事のなかにあるのかもしれませんね。

関連記事

20140913

最初は面倒に感じても、やっているうちにどんどん楽しくなってくる、それ自体が日記の利点かも。

【キーワード】~の利点 最近NAVERまとめをよく取り上げているので、今回はスルーしようかと思

記事を読む

20140219

単純なことほど大きな効果をもたらすのは、無理なく続けられるから……継続の力が一番大きい。

【キーワード】心が躍る ざっくり読むとただのポジティブシンキングっぽい。 ……んだけど。

記事を読む

20150711

いつもの作業に一つだけプラスアルファすることを繰り返していると……

【キーワード】やってみれば これはいい提言ですね! こういう視点から見れば、今この瞬間から始

記事を読む

20160803

心づかいの積み重ねを、どのように受け取るか

【キーワード】強い印象 え、別に卑劣でもなんでもない、当たり前の心遣いばかりじゃ……と読み終え

記事を読む

20150725

人間の複雑だけど単純な部分を用いた、ちょっとした改善策

【キーワード】ちょっとした工夫 ちょ、どこのワタクシの話だ>< 特に、朝の時間帯は、寝起きで

記事を読む

20140607

問題は自分の側にではなく相手の側にある。

【キーワード】裏を返せば あ、営業の仕事をするようになってから、自分が取り入れた考えと一致しま

記事を読む

20160427

時間に余裕を持って行動するためには目的から逆算するのが良い

【キーワード】余裕を持って 質問サイトにこういった相談が寄せられているのを見ると、似たような悩

記事を読む

20150720

既製品にちょっとした改良を加えることで、使い勝手が断然よくなる

【キーワード】ちょっとした工夫 IDEA*IDEAはRSS購読しているブログなので、当時読んで

記事を読む

20150320

昔も今も、すっきり気持ちよく目覚めるための方法に対する需要は高い

【キーワード】すっきりした そうそう。「寝覚めをよくする方法」で知りたいのは、睡眠サイクル以上

記事を読む

20141020

本当の決断は、決断していると見せかけたそのずっと前に行われている

【キーワード】勇気ある決断 意思決定の際に必要な三つのチェックポイントについて書かれた記事です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑