思わぬ組み合わせに出会う

公開日: : ウェブ・IT関連

【キーワード】巡り巡って

まさか、CSSの説明記事で、この単語に巡りあうとは思いませんでしたよ(笑)

【CSS】フォントサイズを限界を超えて小さくする | Snaplog

【CSS】フォントサイズを限界を超えて小さくする | Snaplog

ことわざ辞典のようなサイトで、「情けは人のためならず」を説明している項目に、「巡り巡って」という単語が登場しているページは、とてもたくさんありました。
しかし、そういったものを紹介しても、意外性も何もないではありませんか(笑)

今回紹介しているページでも、同じように語彙説明のために「巡り巡って」という単語が登場していましたが、あくまでもそれは例題を説明しているだけであって、本題はCSSの説明。
このような意外な組み合わせに出会うとき、このブログを続けてきた楽しみはここにあったのだと思いだすのでした。

説明されているCSSのテクニックも、自分の知らないことだったので、思いがけず有用なテクニックを知ることができてとてもラッキーでした(∩´∀`)∩ワーイ
たまーに、本当にたまーに、ネタ切れというか、ここを更新し続けることに意味はあるのかなーとか余計なことを考えることもあるのですが(苦笑)……こういう意外な組み合わせを見つけると、まだまだ楽しめそうだな、とも思うワタクシなのです(喜)

関連記事

20150302

CSSいじりはちょっとした気分転換に最適かもしれない

【キーワード】変化する HTML5とCSS3が主流のなってきて、すっかり新しい技術に頭が追い付

記事を読む

20141028

ドラマー御用達のアプリもあったんですね。

【キーワード】最適な 音楽系のアプリっていいのが大量にあって、入れ始めると際限なく膨れ上がりま

記事を読む

20131211

居ながらにして雄大な世界を追体験できる

【キーワード】ちょっとした冒険 3Dで見られるエベレスト写真集のアプリとな?! こんなものが

記事を読む

20150305

インターネットの本質はやはりフローではなくアーカイブ性にあると感じる。

【キーワード】変化する 本日紹介するのは2012年9月の記事です。 この記事から二年半が経過

記事を読む

20141014

情報は受け身で待っているものじゃなく、自分から取りに行くもの。

【キーワード】試しつつ これですよ、これ。 まさにこれが理由でRSSリーダーを手放せないワタ

記事を読む

20160902

過去の情報を眺めることで、現在の進化具合を知ることができる

【キーワード】~なのに~ 2008年のエントリです。 このような記事を目にするとき、インター

記事を読む

20140822

ウェブで男性に人気のある男性タレントの特徴ってもしや……

【キーワード】話題になる このランキング、ネットに親しんでいる男性に聞いた、と言うところがミソ

記事を読む

20160707

ショートカットはPC使うなら覚えたほうが楽だけど、それ以前に、PCを使う人が減ってきたな

【キーワード】面倒に感じる キーボード操作を覚えるのって、世の人たちにとってはそんなに面倒なこ

記事を読む

20140530

自社の宣伝にマンガを使う企業も増えてきましたが……

【キーワード】急展開 ちょ、これナニwwwww 本当に急展開過ぎるwwwww この

記事を読む

20160620

ちょっとしたプログラムから生と死の間に生まれたものの完全さを目撃する

【キーワード】たまたま プログラマの技術情報共有サービスQiitaの記事は、たまに拝見させてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑