思わぬ組み合わせに出会う

公開日: : ウェブ・IT関連

【キーワード】巡り巡って

まさか、CSSの説明記事で、この単語に巡りあうとは思いませんでしたよ(笑)

【CSS】フォントサイズを限界を超えて小さくする | Snaplog

【CSS】フォントサイズを限界を超えて小さくする | Snaplog

ことわざ辞典のようなサイトで、「情けは人のためならず」を説明している項目に、「巡り巡って」という単語が登場しているページは、とてもたくさんありました。
しかし、そういったものを紹介しても、意外性も何もないではありませんか(笑)

今回紹介しているページでも、同じように語彙説明のために「巡り巡って」という単語が登場していましたが、あくまでもそれは例題を説明しているだけであって、本題はCSSの説明。
このような意外な組み合わせに出会うとき、このブログを続けてきた楽しみはここにあったのだと思いだすのでした。

説明されているCSSのテクニックも、自分の知らないことだったので、思いがけず有用なテクニックを知ることができてとてもラッキーでした(∩´∀`)∩ワーイ
たまーに、本当にたまーに、ネタ切れというか、ここを更新し続けることに意味はあるのかなーとか余計なことを考えることもあるのですが(苦笑)……こういう意外な組み合わせを見つけると、まだまだ楽しめそうだな、とも思うワタクシなのです(喜)

関連記事

20140910

ブラウザの世界に、GoogleChromeが登場した時のような衝撃はまた訪れるのだろうか

【キーワード】~の利点 2010年9月の質問……ということは、4年前の状況ですね。 ITの世

記事を読む

20140719

おばあちゃんの知恵が詰まった宝庫のような場所

【キーワード】懐かしい知恵 あ、やっぱりあったんだ、こういうサイト!(喜) しかも、IPO団

記事を読む

20140530

自社の宣伝にマンガを使う企業も増えてきましたが……

【キーワード】急展開 ちょ、これナニwwwww 本当に急展開過ぎるwwwww この

記事を読む

20150123

誰も気にしないからこそ、力いっぱいふざけて、結果的に気にされてしまう事例

【キーワード】気にしない ……無駄に長いっすねww しかし、そんなことはきっと、誰も気にしな

記事を読む

20131015

ネットサービスは加速する

【キーワード】気軽に へぇ、こんなサービスがあったんだ…… 最近、最新事情にとんと疎くなっちゃい

記事を読む

20140627

あえて原点に戻ったほうがいい意味で目立てるかもww

【キーワード】~だからこそ iPhoneの着信用メロディは自作したことありますが、そう言えば「

記事を読む

20141015

頭に汗をかいて賢くなれる(ような気がする)無料アプリ

【キーワード】試しつつ こんなものを見せられたらやらずにおれようか>< 数字4桁を予

記事を読む

20150316

アプリやアカウントサービスは、定期的に見直さないと混乱の元になる

【キーワード】すっきりした ああ、ここまできっちり整理したら、そりゃすっきりしたでしょうねぇ…

記事を読む

20131127

firefox使いなら絶対にやっておくべき超簡単なバックアップ方法。

【キーワード】超絶便利 これは絶対にやっておくべき。firefox使いは一か月に一度くらいはこ

記事を読む

20160729

情報発信はなんのため誰のために行われているのか?

【キーワード】制約が多い 5年前の記事ですが、ここに書かれていることの重要性は現在のほうがより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑