リアル書店にはひらめきがあふれている

公開日: : 最終更新日:2016/01/30 コラム・エッセイ

【キーワード】思いがけない

電子書籍の普及には賛成だし、ネット書店はとても便利。とはいえ、リアル書店には他に果たせない役割がある。
ワタクシが常日頃から思っていることが、ストレートに書かれた記事でした。

思いがけないことを発見するチャンスは“書店”にあり|IKITOKI

思いがけないことを発見するチャンスは“書店”にあり|IKITOKI

まさに。エントリタイトルにすべてが集約されています。
人間の見ている世界など狭いものです。だから、何かを選ぶ際にも、自分の知っている世界のモノばかり選んでしまう。自分の嗜好傾向が決まってくると、そこから外れるものは盲点になってしまうんですよね。

書店という空間は、そういう自分の盲点を外してくれる場所。
さまざまなジャンルが存在することを知るだけでも、足を運ぶ価値があります。
図書館もそうですね。端から端まで丹念に見て回ると、本当にいろんな発見があります。あの空間を端から端まで歩きながらタイトルを眺めるだけでも、いろんなことがひらめくものです。

最低でも週一で図書館なりリアル書店なり本に囲まれた場所に行かないと禁断症状の出るワタクシとしては、思わず拍手喝采したくなるようなエントリでした(゚∇^d) グッ!!

関連記事

20131028

月日の流れが身に染みるのは、実はこんな些細なできごとに遭遇したときだったりする。

【キーワード】いつの間にか 自分が同じような出来事でショックを受けたのは、好きなドラマやアニメ

記事を読む

20160118

後ろめたい人間ほど小芝居したがるものらしい

【キーワード】身近な謎 筆者ご本人も言及されているとおり、謎というほどのこともありませんが。

記事を読む

20150611

同じ現象をどうとらえるかで、その後に受取る結果が変わる

【キーワード】振り返って なんということはない、自身の人生の振り返りの内容だったのですが。

記事を読む

20160122

気になった事柄を調べるために関連情報をたどるのが楽しい。

【キーワード】身近な謎 昔懐かし「トリビアの泉」だったら、へぇボタンを連打したくなるような話で

記事を読む

20140620

外れに当たることもあるからこそ、あたりを見つけたときの嬉しさが倍増する。

【キーワード】吟味した上で 一読、どこの私かと思っちゃいましたよww 冒頭の文章に殆どに大き

記事を読む

20140802

1982年の古い話でも、検索すれば当時のことを記録している人がたくさんいた。

【キーワード】印象的だった こちらの文章を読んで、紹介されている時期の月食が、どれくらい印象的

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20150610

パスポートの中身にまつわる振り返りアレコレ

【キーワード】振り返って これはイランだけの話なのでしょうか。 それとも中東全般の縛りなんで

記事を読む

20150829

曖昧に存在しながら自分自身をかたどっているものの正体

【キーワード】幸運にも 「環境が人間をつくる」という一言に要約される話だと思いました。

記事を読む

20150321

「正しいこと」にすっきりするのは、人が基本的には善を求めているからだと信じたい。

【キーワード】すっきりした 見慣れたコピペもありましたが、初めて見たものもいくつか…… 2c

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑