リアル書店にはひらめきがあふれている

公開日: : 最終更新日:2016/01/30 コラム・エッセイ

【キーワード】思いがけない

電子書籍の普及には賛成だし、ネット書店はとても便利。とはいえ、リアル書店には他に果たせない役割がある。
ワタクシが常日頃から思っていることが、ストレートに書かれた記事でした。

思いがけないことを発見するチャンスは“書店”にあり|IKITOKI

思いがけないことを発見するチャンスは“書店”にあり|IKITOKI

まさに。エントリタイトルにすべてが集約されています。
人間の見ている世界など狭いものです。だから、何かを選ぶ際にも、自分の知っている世界のモノばかり選んでしまう。自分の嗜好傾向が決まってくると、そこから外れるものは盲点になってしまうんですよね。

書店という空間は、そういう自分の盲点を外してくれる場所。
さまざまなジャンルが存在することを知るだけでも、足を運ぶ価値があります。
図書館もそうですね。端から端まで丹念に見て回ると、本当にいろんな発見があります。あの空間を端から端まで歩きながらタイトルを眺めるだけでも、いろんなことがひらめくものです。

最低でも週一で図書館なりリアル書店なり本に囲まれた場所に行かないと禁断症状の出るワタクシとしては、思わず拍手喝采したくなるようなエントリでした(゚∇^d) グッ!!

関連記事

20160308

コミュニケーションにおける距離の垣根が取り払われて、言葉も混じり合いつつあるのかもしれない。

【キーワード】影響されやすい 純粋な方言は年配の方たちのなかにしか残っていないのではないか、と

記事を読む

20150708

ネガティブはネガティブを連れてくるが、行動していれば払拭される。

【キーワード】やってみれば 当たり前のことが羅列されているだけだったのですが。 その中の一つ

記事を読む

20140308

実感は状況を追いかけるようにあとからじわじわとやってくる

【キーワード】覚悟を決めたら ええ話や……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。うるうる

記事を読む

20160118

後ろめたい人間ほど小芝居したがるものらしい

【キーワード】身近な謎 筆者ご本人も言及されているとおり、謎というほどのこともありませんが。

記事を読む

20140811

日常に密着した言葉は無意識に口をついて出ている

【キーワード】けっこうたくさん お大根……は自分は言わないなぁ。そう口にする人は周りにいますが

記事を読む

20160723

学術的に大切な話を雑学レベルで消化する

【キーワード】迂闊にも こういう話を読むのが大好きなので、見かけるとつい熱中してしまいます(^

記事を読む

20140814

恥ずかしさというむずがゆさを説明するのに用いた例題が的確すぎてフイたww

【キーワード】けっこうたくさん たまに、誰がどんなセンスでつけたんだ!と叫びだしたくなるような

記事を読む

20151224

世の中の大多数の人たちが求めているのは……

【キーワード】もっと知りたい ワタクシ、こういう発想大好きですが、世の中の大多数は、おそらく、

記事を読む

20130925_01

伝えることのむずかしさ

【キーワード】感覚だけで タイトルだけ読むと、感覚を信じるなという話なのかと思ってしまいました

記事を読む

20140111

詩集の楽しみ方いろいろ

【キーワード】響きに惹かれて 詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、とい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑