十四年前に仮説として唱えられた説が、現状はどうなっているのか知りたい。

公開日: : 最終更新日:2016/01/23 ビジネス・教養

【キーワード】身近な謎

記事タイトルのかっこよさにやられましたww
「生命の左利きの謎」……かっこよすぎやろ……!!

気になる科学コラムサイト「生命の左利きの謎」のページ

気になる科学コラムサイト「生命の左利きの謎」のページ

いきなり家庭の食卓の話から、生命の起源へと話が飛ぶ、その飛躍。この飛躍する謎に冒頭から一気に引き込まれ、気が付いたらけっこう長いページをあっという間に読み終えていました。
専門用語だらけになりそうなところを、あえて平易な言葉で表そうとするからこそ、この魅力的な記事タイトルになったのかな。

トップページこちらは気になる科学探検隊を見てみると、最終更新日が2002年7月20日になっています。うわ、じゃあ、もう14年も前の話なのか、これ!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
記事内ではまだ仮説段階らしいことが書かれていましたが、だとしたら、すでにこの謎も解明されているのかもしれませんね。調べてみようかな、と思いましたが、この話題をどんなキーワードで調べたらいいのかがわかりませんでした……orz そ、素養がないとこんなもんです つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

関連記事

20160426

余裕を持つことと、相手の優位に立ちたいと思うことは、まったく違うことだ

【キーワード】余裕を持って 紹介を旨とする当ブログでは、基本的に筆者の気に入ったものを紹介する

記事を読む

20140515

未知の分野だからムリ!決めつける前に。

【キーワード】敢えて どこのワタクシの話かと思っちゃいましたww 敢えてやってみる

記事を読む

20160625

「運が良い」「たまたま」と口にする成功者ほど、実は万全な布石を敷いているもの

【キーワード】たまたま 成功者の口からよく聞く「運がよかった」という言葉。 その「運」はたい

記事を読む

20140321

意味が変わらないならネガティブな言い方よりポジティブな言い方のほうがいいよね。

【キーワード】理由について これはリアルに使える予感(ゑ) 少なくとも、退職理由3のところな

記事を読む

20160115

自然な文章に誘導され、はからずしも自分自身と向き合うことになった。

【キーワード】情けない 今週は「情けない」をキーワードに検索していろいろな記事を紹介しているわ

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20131217

いろんな形の読書方法があるけれど、基本的に読書は楽しいものだと思う。

【キーワード】それぞれの流儀 会社概要を見ると、セミナー事業を展開している会社のサイトなんです

記事を読む

20150506

教義に従うことよりも、本質を日常生活に取り入れることにこそ、宗教の本質があるのではないか

【キーワード】要約すれば なんてスッキリ分かりやすく書かれているんでしょう! §1.釈迦

記事を読む

20160303

簡単になぞかけをひねり出すための魔法の方程式

【キーワード】誤変換 最初に提示された方程式の図が秀逸です。 これ、発想力やアイディア力を鍛

記事を読む

20160321

読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

【キーワード】理解するために ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。 別に、読書嫌いの人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑