気になった事柄を調べるために関連情報をたどるのが楽しい。

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 コラム・エッセイ

【キーワード】身近な謎

昔懐かし「トリビアの泉」だったら、へぇボタンを連打したくなるような話ですね。

The Shadow of Silver - Diary 1月7日(火)[本日の独言(ひとこと)]

The Shadow of Silver – Diary 1月7日(火)[本日の独言(ひとこと)]

あまりにも面白い話だったので、Wikipediaのエドワード・マイブリッジを読み込んできてしまいましたww
こちらにもその旨記載されていますね。

トーマス・エジソンの項目にも記載されているのだろうか、と気になり、ついでにアクセスしてみました。……え、キネトスコープ、本当はエジソンの発明じゃないの?え?

あー、でも、電気も、エジソンの名前のほうが有名だけど、本当の功績はニコラ・テスラのほうにありますしね。本当の功績、と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが(^^;
こういうのも、関連情報調べて辿ってみないと分からないことですから。

いずれにせよ、本日紹介させていただいた記事のおかげで、いろんな関連情報を辿れて、知らなかったことを知ることができたので、そのこと自体がとても楽しかったですww こういうのがリンクをたどっていくウェブの醍醐味なんだなー(^^)

関連記事

20151125

理想の本の手に入れ方

【キーワード】意外なところから 電子書籍擁護派のワタクシですが、今でもリアル書店大好きです。

記事を読む

20160128

良い師に巡り合えた人は、自身が伝える時にも良い師となり得るのかもしれない

【キーワード】思いがけない 人に教えるのが苦手なワタクシには、とても耳に痛い話でした……orz

記事を読む

20131025

知らない世界を垣間見るのは、どんな時でもワクワクするもの

【キーワード】形を変えて 面白い、といってしまうと語弊がありますが。でも面白い! 自分の知ら

記事を読む

20141010

誤解は些細なことから生じるが、自分の非をちゃんと認められるかどうかが大事ではないか

【キーワード】衝撃的な 別に女性に限らないでしょうが。 思い込み激しくて曲解する人って、確か

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20140407

多数の知人より密度の濃い友人を。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 「あなたのおかげ」という言葉、とても美しいですね(^^)

記事を読む

20140814

恥ずかしさというむずがゆさを説明するのに用いた例題が的確すぎてフイたww

【キーワード】けっこうたくさん たまに、誰がどんなセンスでつけたんだ!と叫びだしたくなるような

記事を読む

20131004

まるで少女マンガのような

【キーワード】人生で初めて ……どこの少女マンガだぁぁぁぁぁぁ(叫) 現実にこんなことがある

記事を読む

20140929

続けていれば、ある時、突然ブレイクスルーする瞬間がやってくる。

【キーワード】続けていれば 競馬なんてギャンブルじゃん、と一笑に付す人もいるでしょうけど。

記事を読む

20141219

翻訳家・山岡洋一氏のコラムから、出版業界の体質を思う

【キーワード】想像力が及ばない 翻訳家の山岡洋一さん、亡くなられていたのですね……。 以下に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑