気になった事柄を調べるために関連情報をたどるのが楽しい。

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 コラム・エッセイ

【キーワード】身近な謎

昔懐かし「トリビアの泉」だったら、へぇボタンを連打したくなるような話ですね。

The Shadow of Silver - Diary 1月7日(火)[本日の独言(ひとこと)]

The Shadow of Silver – Diary 1月7日(火)[本日の独言(ひとこと)]

あまりにも面白い話だったので、Wikipediaのエドワード・マイブリッジを読み込んできてしまいましたww
こちらにもその旨記載されていますね。

トーマス・エジソンの項目にも記載されているのだろうか、と気になり、ついでにアクセスしてみました。……え、キネトスコープ、本当はエジソンの発明じゃないの?え?

あー、でも、電気も、エジソンの名前のほうが有名だけど、本当の功績はニコラ・テスラのほうにありますしね。本当の功績、と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが(^^;
こういうのも、関連情報調べて辿ってみないと分からないことですから。

いずれにせよ、本日紹介させていただいた記事のおかげで、いろんな関連情報を辿れて、知らなかったことを知ることができたので、そのこと自体がとても楽しかったですww こういうのがリンクをたどっていくウェブの醍醐味なんだなー(^^)

関連記事

20150926

枠にとらわれず、さまざまな分野から、良いものを吸収していく有利さ

【キーワード】冷静でいられない TFTを紹介しているお坊様がいたことに、ちょっとびっくりしてし

記事を読む

20160723

学術的に大切な話を雑学レベルで消化する

【キーワード】迂闊にも こういう話を読むのが大好きなので、見かけるとつい熱中してしまいます(^

記事を読む

20150110

よその地方から大阪にやってきた人が、大阪に慣れるまでの記録。

【キーワード】なんでやねん ブログタイトルが大阪に慣れるまでの日々で、最後のエントリが2011

記事を読む

20141023

すっぱり思い切る決断をすることが、いちばん勇気の必要なことかもしれない

【キーワード】勇気ある決断 本当に勇気が必要なことって、続けることじゃなくて、止めることなのか

記事を読む

20160423

がんばりすぎる人へ。素直に現状を吐露していいのだと背中を押してもらえます。

【キーワード】自分から 疲れたときは素直に疲れたと口にした方がいいけれど、疲れたと言うことで周

記事を読む

20150228

心が疲れているときには、当たり前の言葉ほど染み込んでくるものなのかもしれない。

【キーワード】結果的に 読み終えると同時に、なんだかとてもホッとした気分になってしまいました…

記事を読む

20160413

贋作にもいろいろな種類がある

【キーワード】言えないこと 10年前の記事です。検索しててこういう古い記事を発掘した時は、なん

記事を読む

20131005

体罰と、そうでないものを分ける境界線

【キーワード】人生で初めて ……泣いた つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 紹介記事のタイトル

記事を読む

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑