居ながらにして雄大な世界を追体験できる

公開日: : 最終更新日:2013/12/11 ウェブ・IT関連

【キーワード】ちょっとした冒険

3Dで見られるエベレスト写真集のアプリとな?!
こんなものがあったとは!

『Mount Everest 3D』冒険家気分で見るリアルなエベレスト | エンターテインメント | App DIME アップダイム

『Mount Everest 3D』冒険家気分で見るリアルなエベレスト | エンターテインメント | App DIME アップダイム

さっそくダウンロードしましたよ!!

アプリ内はすべて英語表記。ですが英文を解読しようという気はさらさらありません(自爆)
ので、このページを参考に、タップしたりスワイプしたりして、いろいろな角度からエベレストを眺めてみました。

3Dの迫力はさすがですねー。山肌がリアルです。
ルート上をタップすると視界が移動していくのですが、その動きを目で追っていくと思わず「おおお」と声が漏れてしまいますww

まだ目にしたことはないのですが、定点観測用に設置されたウェブカム映像もあるとのこと。運が良ければリアルタイムでエベレストの風景を眺められるそうなので、それを拝むまではいろんな時間にこのアプリを立ち上げて遊んでしまいそうです(笑)

関連記事

20160302

小さな親切大きなお世話を地で行くsiriの小ボケ

【キーワード】誤変換 Siriのボケツッコミは、日々進化しているようだという過去エントリにて、

記事を読む

20141015

頭に汗をかいて賢くなれる(ような気がする)無料アプリ

【キーワード】試しつつ こんなものを見せられたらやらずにおれようか>< 数字4桁を予

記事を読む

20160726

プログラミングもどきだとしても、自分の作ったものがちゃんと動いたときは言葉にならないほど嬉しいものだ。

【キーワード】制約が多い ワタクシの場合、「プログラミングをやってみよう」と思ったわけではなく

記事を読む

20140715

懐かしい知恵を大事にしようと思ったのは、自分だけではないようだ。

【キーワード】懐かしい知恵 懐かしい知恵を探そうという発想、思いっきり先を越されてましたww

記事を読む

20150202

焦ってしまうような事態に陥ったときこそ、まずは落ち着いて深呼吸を!

【キーワード】むしろ安心 あまりにも当たり前でありながら、まさに真理だ!と感じずにはいられない

記事を読む

20150408

Apple社がキーボード配列において一時期CapsLockキーを右側に配置していたのは何故なのだろう?

【キーワード】稀な CapsLockキーが右側にある、iMacのキーボードを紹介している記事で

記事を読む

20131127

firefox使いなら絶対にやっておくべき超簡単なバックアップ方法。

【キーワード】超絶便利 これは絶対にやっておくべき。firefox使いは一か月に一度くらいはこ

記事を読む

20140425

人気のある公式アカウントはフォロワーとの交流も密ですね。

【キーワード】わざわざ これは昨年、2013年のエイプリルフールの出来事ですね。 警

記事を読む

20150305

インターネットの本質はやはりフローではなくアーカイブ性にあると感じる。

【キーワード】変化する 本日紹介するのは2012年9月の記事です。 この記事から二年半が経過

記事を読む

20150123

誰も気にしないからこそ、力いっぱいふざけて、結果的に気にされてしまう事例

【キーワード】気にしない ……無駄に長いっすねww しかし、そんなことはきっと、誰も気にしな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑