情けない表情もまた、心に残るものである。

公開日: : ネタ・雑学

【キーワード】情けない

ああ、確かに、笑顔も泣き顔もそれはそれで印象的ではあるけれど、情けない表情というのもまた、別の意味で印象的ですね。
何か心に引っ掛かりを残すというか、こちらの想像力をかきたてるというか、そういう感じで。

@nifty:デイリーポータルZ:心に残る「情けない顔」探し

@nifty:デイリーポータルZ:心に残る「情けない顔」探し

ここで紹介されている博多のお土産「二〇加煎餅(にわかせんぺい)」。これを見ると、すぐにリラックマと結びつけてしまいます。リラックマとのコラボ商品があるからなんですけどね。
むしろリラックマとコラボするというので、そのときに初めて「二〇加煎餅(にわかせんぺい)」の存在を知ったほどですww

で、そのときに面白いデザインだなーと情けない顔の由来を知りたくなり、検索してみたところ、二◯加煎餅 – Wikipediaの項目を見つけ、Wikipediaに項目があるほどポピュラーなお土産だったのかと二度びっくり。
郷土芸能由来の表情と知り、なんとなく合点がいったのでした(ナゼ ι )

しかし、これだけで記事をたたまず、さらなる情けない顔を求めてそのまま街中に繰り出していくあたりは、さすがデイリーポータル Zですね。
他にどんな「情けない顔」を探し出したのかは、ぜひ、元の記事を参照してみてください(^^)

関連記事

20150410

自然の造形美の美しさには、どんな人工物もかなわない

【キーワード】稀な 雪の結晶を持ち出すまでもなく、自然の造形美は美しいものですが。 これはま

記事を読む

20150810

当たり前すぎて改めて考えたことのない習慣的な違いについて考えてみるととても面白い

【キーワード】立ち位置 エスカレーターでは右側に立って左側を空ける、という癖が染みついてるなぁ

記事を読む

20150105

どうしたらこんな間違いができるのかと盛大にツッコミを入れたくなる画像の数々。

【キーワード】なんでやねん 新年早々NAVERまとめを取り上げる羽目になるとは屈辱的……(ぇ

記事を読む

20150608

場所にまつわるジンクスにもいろいろなパターンがありますね。

【キーワード】振り返って ……渡月橋を渡りながら振り返ったような気がする……すごく若い時に……

記事を読む

20141114

読むとちょっとだけ賢く(なったような気に)なれる歴史的な雑学

【キーワード】びっくりした この中では、モーツァルトの妻の写真が実在する、ということに、いちば

記事を読む

20141009

コネタ満載で羨ましい親子関係てんこ盛りww

【キーワード】衝撃的な ブログタイトル、好きだなー「鶏肉を取りに行く」って(笑) こういう小

記事を読む

20140619

萌え系美人になりたいならww

【キーワード】吟味した上で キーワードにヒットしたのは診断結果のページでしたが、結果だけ紹介し

記事を読む

20140306

言葉の定義を厳密にしようとすると回り道を強いられるのだから、実例を示せるのがいちばんかもしれない。

【キーワード】覚悟を決めたら 人は、本当に知りたいことに、さらに+αを加味した情報を与えてもら

記事を読む

20150804

往路と復路における体感の不確かさ

【キーワード】~より~のほうが これはけっこう意外な結果でしたね。 自分も『慣れ』の問題だと

記事を読む

20141115

人の体験談を読むと自分の知らなった世界を垣間見てびっくりすることがある

【キーワード】びっくりした けっこうみんなすごい体験してるんだな……! びっくりした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑