情けない表情もまた、心に残るものである。

公開日: : ネタ・雑学

【キーワード】情けない

ああ、確かに、笑顔も泣き顔もそれはそれで印象的ではあるけれど、情けない表情というのもまた、別の意味で印象的ですね。
何か心に引っ掛かりを残すというか、こちらの想像力をかきたてるというか、そういう感じで。

@nifty:デイリーポータルZ:心に残る「情けない顔」探し

@nifty:デイリーポータルZ:心に残る「情けない顔」探し

ここで紹介されている博多のお土産「二〇加煎餅(にわかせんぺい)」。これを見ると、すぐにリラックマと結びつけてしまいます。リラックマとのコラボ商品があるからなんですけどね。
むしろリラックマとコラボするというので、そのときに初めて「二〇加煎餅(にわかせんぺい)」の存在を知ったほどですww

で、そのときに面白いデザインだなーと情けない顔の由来を知りたくなり、検索してみたところ、二◯加煎餅 – Wikipediaの項目を見つけ、Wikipediaに項目があるほどポピュラーなお土産だったのかと二度びっくり。
郷土芸能由来の表情と知り、なんとなく合点がいったのでした(ナゼ ι )

しかし、これだけで記事をたたまず、さらなる情けない顔を求めてそのまま街中に繰り出していくあたりは、さすがデイリーポータル Zですね。
他にどんな「情けない顔」を探し出したのかは、ぜひ、元の記事を参照してみてください(^^)

関連記事

20160606

県民性のイメージに対する誤解はこういう形で広まるのだな……

【キーワード】気が多い ああ、やっぱ、イメージ的に、こう思われちゃうんですかね? ステレオタ

記事を読む

20141115

人の体験談を読むと自分の知らなった世界を垣間見てびっくりすることがある

【キーワード】びっくりした けっこうみんなすごい体験してるんだな……! びっくりした

記事を読む

20140402

リア充雑誌はたまにひどいダブルスタンダードを持ち出すから……(-“-)

【キーワード】当てはまっている これ、出典どこなんだろう>< 出典自体がリア充御用達雑誌から

記事を読む

20160614

渋滞時にイライラしない方法の一つとして、何かを食べることを推奨する

【キーワード】やりすごす ワタクシがドライブの際に必ずミントタブレット系を常備するようにしてい

記事を読む

20141205

これを普通と称する道民のレベルの高さに圧倒される

【キーワード】~するレベル 最初の写真のインパクトもすごいけど、その後に続く地元民の淡々とした

記事を読む

20151219

少し加えたアクセントで思わず笑顔

【キーワード】印象が変わる こちらの記事を目にしたとき、「才能の無駄遣い」という言葉が脳内を駆

記事を読む

20150518

その場をうまく切り抜けた父の真実を知った娘の反応やいかに……

【キーワード】物は言いよう えらく懐かしい記事を拾い出してしまいましたー(笑) だってこれ、

記事を読む

20141114

読むとちょっとだけ賢く(なったような気に)なれる歴史的な雑学

【キーワード】びっくりした この中では、モーツァルトの妻の写真が実在する、ということに、いちば

記事を読む

20140728

バンドファンとアイドルファンの文化的な違いに戸惑う。

【キーワード】印象的だった 何もそこまで言わなくてもwwと、思わずジャニオタを擁護したくなって

記事を読む

20141103

twitterでも話題になった、一度見たら忘れられないエアコンのデコレーション

【キーワード】斜め上の発想 自分も最初、twitterでこの写真を見たとき、かなり笑ったなぁ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑