懐かしいモノには懐かしい思い出が一緒に詰まっている

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 趣味・実用

【キーワード】思い出す

スーパーファミコンとか、確かに懐かしいなぁ……と思いながら、一ページ目の一番下までスクロールしたところで。
「ろう石」にやられました……><

30代なら全部わかる!? 子どもの頃を思い出す、懐かしのもの20選! – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

30代なら全部わかる!? 子どもの頃を思い出す、懐かしのもの20選! – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

これはアカン。反則や。懐かしいに決きまっとるやんけ!(逆ギレ)
幼少時より友人の一人もおらぬぼっちだった故、家にいたくないのも手伝って、ひとりで暗くなるまでアスファルトの上にろう石で落書きをしていた幼少時の思い出。ろう石はまさにワタクシの心の友です(`・ω・´)キリッ☆

お絵かき好きになったのも、きっと、三つ子の魂百まで状態で、そのときの孤独の楽しさがいまもって自分を支配しているからだろうなぁ。ぼっちだけど、学校でいじめられてるよりよほど、ろう石での落書きは楽しかったもん。毎日のあの何時間かが、ワタクシの幼少時の至福でした……。

関連として懐かしくて泣ける…思わず幼少期を思い出す懐かしのパッケージ18選を置いておきます。

関連記事

20150415

広報ポスターだからこそ、すっきり見やすく伝わりやすいことを最優先に。

【キーワード】プラスアルファの JR西日本、広報ブログやってたんですね。 ぜんぜん知りません

記事を読む

20150702

コンセプトを決めた旅行記は読んでいる方にも楽しさが伝わりやすいようだ

【キーワード】どこにでも なんか、モノクロトーンのお洒落なページが登場しました…… -

記事を読む

20150606

個人サイトをめぐる楽しみは、まさにこの、どうでもいいことに真剣にチャレンジしている人の存在を知る醍醐味にある

【キーワード】妙なこだわり 本日の紹介記事、アクセスすると画面によっては目がちかちかしますので

記事を読む

20160406

あとから知ってハマった人の熱いレベッカ語り

【キーワード】よくあること この人の比喩表現、ちょっと面白いです。 ワタクシのとても好きなタ

記事を読む

20151016

列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

【キーワード】過程が楽しい このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく

記事を読む

20160526

リアル書店はないとないで本当に困るんだけど……><

【キーワード】不便になった 最近このブログで隙を見ては「電子書籍さいこー」と叫んでいる(ぇ)ワ

記事を読む

20131216

子供向け学習教材は、むしろ子を持つ親にこそ必要なものなのかもしれない

【キーワード】それぞれの流儀 科学するこころを開く サイエンスウィンドウという雑誌があるのです

記事を読む

20140120

このドラマ、あのドラマ。あなたは覚えてる?

【キーワード】予想外だった ここの回答に上がったドラマのタイトルをほとんど知ってて、なおかつ見

記事を読む

20160830

本当にお洒落好きな人が書いた文章は、お洒落に興味がない人間が読んでも楽しいものだった

【キーワード】~なのに~ なんか、これまで取り上げたファッションに関する記事って、お洒落したけ

記事を読む

20140909

とりあえず免許くらいはAT限定じゃないの取得しときましょうよ

【キーワード】~の利点 新成人に調査! ほしい車、ドライブしたい新成人の有名人ランキング |

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑