よその分野に目を向ければ、固定観念を突破できるかもしれない

公開日: : 最終更新日:2015/11/27 クリエイティブ

【キーワード】意外なところから

自分自身を着飾る、という意味でのファッションネタはワタクシの苦手分野ですが(涙)
こういうネタでなら食いつきますよww

【東コレ取材日記】素材や製法は意外なところからやってくる | Fashionsnap.com

【東コレ取材日記】素材や製法は意外なところからやってくる | Fashionsnap.com

「○○は△△でなくてはならない」というのは、固定観念でしかないわけですね。
ただ、我々は、自分自身に染みついている固定観念になかなか気づけない。
服の素材は布地でなくてはならない、というのも固定観念の一つ。その殻を破って、初めて発想に飛躍がもたらされ、今まで使われなかった素材や製法にも目が向けられるわけですね。

これ、ファッション分野に限らず、他にも応用できる視点ですね。
他の分野で取り入れられている製法を取り入れることで、より進化させることができるという。
この記事でいえば、先に「より暖かくするには」というテーマがあり、そのテーマに沿って調べたことで、「ピンソニック加工」という手法に行き当たったわけですから、関係ないと最初から切り捨てず、よその分野の情報にもアンテナを張っておくことがいかに大事かってことですね。

関連記事

20140517

twitterとブログの良い部分をそれぞれに引き出す形

【キーワード】敢えて こういう過去ログの使い方もあったのか!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

記事を読む

20151012

ハンドメイド作品は作ると誰かに見せたくなるもの

【キーワード】過程が楽しい これは確かに見ているだけで楽しい! でも実際に作っている人たちは

記事を読む

20160421

世界一周の旅を終えた方のたどり着いた境地の、圧倒的な説得力

【キーワード】自分から かなりの分量のテキストですが、引きこまれてあっという間に読み終えてしま

記事を読む

20160307

自分があこがれるような文章の書き手に出会える幸運

【キーワード】影響されやすい あー、この気持ち、すごく分かるなー。 自分もやる気出るのは、い

記事を読む

20150120

子どもたちの成長記録を絵日記で綴るオールラウンドプレーヤー主婦☆

【キーワード】気にしない ブログタイトルに「気にしない」が入っている、絵日記を描いてる主婦の方

記事を読む

20140201

型を生かして型を超える、その美しく奥深い世界。

【キーワード】決まりきった 書道という響きはとても日本的なものだと感じてしまうのですが。 書

記事を読む

20160428

火事場の馬鹿力より、コンスタントに水準以上を成し遂げるほうが尊い

【キーワード】余裕を持って 耳に痛くて穴があったら入りたい気分になってしまいましたよ><

記事を読む

20150130

色鉛筆そのものをアート作品としての指輪にしてしまった人の制作過程動画がすごい。

【キーワード】その発想はなかった これはすごい……!! ハンドメイドの域を超えていますね!

記事を読む

20140203

意外なモノから奏でられる、美しい音楽にココロ洗われる

【キーワード】身近なものから ドラム缶を加工して打楽器にしてしまったことから登場したスティール

記事を読む

20150930

パララックスで振り返る宇宙のはじまりと地球の歴史

【キーワード】はじまり スクロールエフェクトによるパララックスなサイト、一時期はやりましたねー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑