違う分野の知識を仕入れ、得意分野にフィードバックする

公開日: : 最終更新日:2015/11/24 趣味・実用

【キーワード】意外なところから

情報収集が自分の得意分野に偏ると、技術的な面で進歩が止まるというのは、すごくよくわかります。

写真表現のヒントは意外なところから: 力めら雑記

写真表現のヒントは意外なところから: 力めら雑記

こちらの方、小説の書き方の指南本を読み、写真の表現方法についての示唆を得たそうです。
その、小説の書き方の指南本を読んだのも、小説の書き方を知りたかったからではなく、別の本を読んだ際に参考図書として挙げられていたから、興味を持って読まれたそうで、知識というのはこうして芋づる式にいろんなところから吸収できるのですね。

ワタクシもこのブログでたまに写真撮影に関する指南のテキストを紹介したりしますが、写真を取る趣味を持たないワタクシは、それを、絵を描くときの参考にさせていただいたりしています。構図の話など、とても参考になります。
自分の分野によその分野の方法を引き込めたら、広がりが出ますし、相乗効果が見込めますね。

さまざまな分野から幅広く知識を仕入れられる柔軟な姿勢を、いつも心がけていたいものです。

関連記事

20160903

国内に居ながらにしてモンゴルの遊牧民気分を味わえる観光スポット

【キーワード】~なのに~ え、県内にこんなテーマパーク(?)があるなんて、今まで全然気づきませ

記事を読む

20151210

懐かしいモノには懐かしい思い出が一緒に詰まっている

【キーワード】思い出す スーパーファミコンとか、確かに懐かしいなぁ……と思いながら、一ページ目

記事を読む

20160405

某記事に言及するだけでなく、自分なりのコツも書いているとても親切な人

【キーワード】よくあること インスパイアされたという元記事へのリンクも欲しかったなぁと思いつつ

記事を読む

20140124

一般人とヲタとの乖離をこんな場所で再確認させられるとは

【キーワード】予想外だった これを予想外と言われてしまったことが意外でした……。 予

記事を読む

20150624

ドラえもんというコンテンツの偉大さをかみしめる

【キーワード】分けて考えれば 改めて、ドラえもんというのは偉大なコンテンツなのだなーということ

記事を読む

20131216

子供向け学習教材は、むしろ子を持つ親にこそ必要なものなのかもしれない

【キーワード】それぞれの流儀 科学するこころを開く サイエンスウィンドウという雑誌があるのです

記事を読む

20150617

雑学もまとめあげると素晴らしく有用なコンテンツになり得るという実例

【キーワード】特殊な用途 知っているようで知らない、ナンバープレートに関する雑学あれこれが記載

記事を読む

20151221

意外と知らない野菜の漢字

【キーワード】もっと知りたい 野菜の漢字というと、真っ先に「南瓜」が脳裏をよぎるのは、ワタクシ

記事を読む

20160510

紙の本か電子書籍かって二択で考えるのではなく、好きな方を選べると考えればどうか。

【キーワード】抵抗感がある 紙の本か、電子書籍か、という争いの種は、今しばらく鎮火しそうにあり

記事を読む

20150415

広報ポスターだからこそ、すっきり見やすく伝わりやすいことを最優先に。

【キーワード】プラスアルファの JR西日本、広報ブログやってたんですね。 ぜんぜん知りません

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑