列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 趣味・実用

【キーワード】過程が楽しい

このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく答えてくれるのではないでしょうか。
時刻表、ここまで進化していたのですね……!

ASCII.jp:楽しい時刻表がデジタル化したらチョー楽しくなる! (1/4)

ASCII.jp:楽しい時刻表がデジタル化したらチョー楽しくなる! (1/4)

いちばん最近、青春18きっぷで旅をしたのは、おととしの正月に伊勢神宮参りを兼ねて伊勢志摩方面に旅行したときだったのですが、その時はあの分厚い時刻表がたいそう役に立ったものです。あの時にこのデジタル時刻表があれば、荷物の重さがかなり軽減されたのになぁ、と思わずにはいられません。

伊勢志摩方面なら近鉄特急を使えばいいのに……と地元の友人に笑われましたが、青春18きっぷで時刻表を睨みながら旅をしたかったのだというと、それはそれで納得してくれたのは、やはり時刻表片手の旅にはロマンがあることを友人も分かっていたからではないかと(笑)

最近はどこへ行くにも車で出かけているワタクシですが、たまに、本当にたまに、列車の旅を楽しみたくなることがあります。移動手段の一つでしかないはずなのに、車には車の、列車には列車の旅の楽しみがそれぞれにあるのですね。
あー、また旅に出たくなってきた……(笑)

関連記事

20151225

閉館した交通科学博物館の歴史に思うそれぞれの時代の息吹

【キーワード】もっと知りたい 交通科学博物館の閉館は、時代の流れを感じて寂しかった出来事の一つ

記事を読む

20140206

インターネットの速さより、アーカイブとしての有用性に目を向けたい

【キーワード】身近なものから インターネットというと、どうしても情報の即時性にばかり囚われてし

記事を読む

20160806

あなたの人称はどの人称?

【キーワード】強い印象 面白い考察です。 斜めな感じで読み始めたのに(ぇ)途中からたいそう引

記事を読む

20160312

読書を通して広がる世界は無限大

【キーワード】影響されやすい うわぁぁぁ、これはすごく分かる! これは、影響されやすい、とい

記事を読む

20151112

パズル好きにはたまらない優良パズルの宝庫

【キーワード】ひらめき パズル大好きなワタクシの目の前に、大きな釣針をたらされた気分です……(

記事を読む

20151002

奈良県桜井市は発祥の宝庫だった

【キーワード】はじまり 桜井市といえば奈良県ですね。日本の歴史上で「はじまりにあたるもの」がた

記事を読む

20140903

ソフトの発展はバグを見つけてくれたりデータを提供してくれたりする有志の力によるところが大きいんだな

【キーワード】そこだけは bveって何だろう、と思って調べてみたら。Bve trainsim

記事を読む

20150415

広報ポスターだからこそ、すっきり見やすく伝わりやすいことを最優先に。

【キーワード】プラスアルファの JR西日本、広報ブログやってたんですね。 ぜんぜん知りません

記事を読む

20150801

武術を嗜んでいる達人はさらなら吸収向上に余念がないようだ

【キーワード】似たような 武術にもさまざまな系統があるようですが、武術を嗜んでいなければ、たく

記事を読む

20160830

本当にお洒落好きな人が書いた文章は、お洒落に興味がない人間が読んでも楽しいものだった

【キーワード】~なのに~ なんか、これまで取り上げたファッションに関する記事って、お洒落したけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑