列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 趣味・実用

【キーワード】過程が楽しい

このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく答えてくれるのではないでしょうか。
時刻表、ここまで進化していたのですね……!

ASCII.jp:楽しい時刻表がデジタル化したらチョー楽しくなる! (1/4)

ASCII.jp:楽しい時刻表がデジタル化したらチョー楽しくなる! (1/4)

いちばん最近、青春18きっぷで旅をしたのは、おととしの正月に伊勢神宮参りを兼ねて伊勢志摩方面に旅行したときだったのですが、その時はあの分厚い時刻表がたいそう役に立ったものです。あの時にこのデジタル時刻表があれば、荷物の重さがかなり軽減されたのになぁ、と思わずにはいられません。

伊勢志摩方面なら近鉄特急を使えばいいのに……と地元の友人に笑われましたが、青春18きっぷで時刻表を睨みながら旅をしたかったのだというと、それはそれで納得してくれたのは、やはり時刻表片手の旅にはロマンがあることを友人も分かっていたからではないかと(笑)

最近はどこへ行くにも車で出かけているワタクシですが、たまに、本当にたまに、列車の旅を楽しみたくなることがあります。移動手段の一つでしかないはずなのに、車には車の、列車には列車の旅の楽しみがそれぞれにあるのですね。
あー、また旅に出たくなってきた……(笑)

関連記事

20151029

読んできた本が、自分自身を作りあげている

【キーワード】ハマりやすい 紀伊国屋書店、面白い企画ページを展開していたんですね!(喜)

記事を読む

20150428

たった一冊の過激な本のタイトルに注目するのではなく、それが登場するに至った背景こそが大事なのでは

【キーワード】ぶっ飛んだ 今年の2月の記事ですね。 そうか、いま中国ではこういう書名が目を惹

記事を読む

20160526

リアル書店はないとないで本当に困るんだけど……><

【キーワード】不便になった 最近このブログで隙を見ては「電子書籍さいこー」と叫んでいる(ぇ)ワ

記事を読む

20160903

国内に居ながらにしてモンゴルの遊牧民気分を味わえる観光スポット

【キーワード】~なのに~ え、県内にこんなテーマパーク(?)があるなんて、今まで全然気づきませ

記事を読む

20150702

コンセプトを決めた旅行記は読んでいる方にも楽しさが伝わりやすいようだ

【キーワード】どこにでも なんか、モノクロトーンのお洒落なページが登場しました…… -

記事を読む

20160406

あとから知ってハマった人の熱いレベッカ語り

【キーワード】よくあること この人の比喩表現、ちょっと面白いです。 ワタクシのとても好きなタ

記事を読む

20140206

インターネットの速さより、アーカイブとしての有用性に目を向けたい

【キーワード】身近なものから インターネットというと、どうしても情報の即時性にばかり囚われてし

記事を読む

20160316

ボイトレに適した姿勢で呼吸も楽になった

【キーワード】習慣の問題 声の通る姿勢って、呼吸も楽になるんですね……! 試してみて、ちょっ

記事を読む

20150504

親しみがないと難解だと感じてしまう物理の話題をここまで噛み砕いてくれているとは!

【キーワード】要約すれば 物理学を初心者向けに解説されているサイトの中の一ページです。

記事を読む

20140630

意外な観葉植物の存在に驚く。

【キーワード】重宝している アスパラガスに観賞用のものが存在していることを、この記事で初めて知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑