列車の旅には列車でしか感じられないロマンがある

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 趣味・実用

【キーワード】過程が楽しい

このデジタル時刻表なら、電車旅好き諸氏の高い欲求ハードルにも難なく答えてくれるのではないでしょうか。
時刻表、ここまで進化していたのですね……!

ASCII.jp:楽しい時刻表がデジタル化したらチョー楽しくなる! (1/4)

ASCII.jp:楽しい時刻表がデジタル化したらチョー楽しくなる! (1/4)

いちばん最近、青春18きっぷで旅をしたのは、おととしの正月に伊勢神宮参りを兼ねて伊勢志摩方面に旅行したときだったのですが、その時はあの分厚い時刻表がたいそう役に立ったものです。あの時にこのデジタル時刻表があれば、荷物の重さがかなり軽減されたのになぁ、と思わずにはいられません。

伊勢志摩方面なら近鉄特急を使えばいいのに……と地元の友人に笑われましたが、青春18きっぷで時刻表を睨みながら旅をしたかったのだというと、それはそれで納得してくれたのは、やはり時刻表片手の旅にはロマンがあることを友人も分かっていたからではないかと(笑)

最近はどこへ行くにも車で出かけているワタクシですが、たまに、本当にたまに、列車の旅を楽しみたくなることがあります。移動手段の一つでしかないはずなのに、車には車の、列車には列車の旅の楽しみがそれぞれにあるのですね。
あー、また旅に出たくなってきた……(笑)

関連記事

20140630

意外な観葉植物の存在に驚く。

【キーワード】重宝している アスパラガスに観賞用のものが存在していることを、この記事で初めて知

記事を読む

20160602

読書習慣のない人に最初に勧めるなら、実際のところどういう本がいいのだろう?

【キーワード】憧れる ブックオフオンラインって、ブログやってたんですね。 読書女子に憧れ

記事を読む

20150326

モヤモヤ解消法は千差万別でどの方法も効果があるような気がする。

【キーワード】もやもやする もやもやしたときの発散放って、人によってこんなに千差万別なんですね

記事を読む

20160611

本質傾向を表すエニアグラム診断結果プラスアルファ

【キーワード】気が多い エニアグラムという自分の性格や傾向を診断する方法をご存知でしょうか。

記事を読む

20140618

旅の醍醐味は旅が始まる前の計画から

【キーワード】吟味した上で 某質問サイトに寄せられた、2005年の質問です。この頃はスマホもな

記事を読む

20140702

好きこそものの上手なれ

【キーワード】重宝している Nature Logという、フォトライター日野東さんが運営している

記事を読む

20140903

ソフトの発展はバグを見つけてくれたりデータを提供してくれたりする有志の力によるところが大きいんだな

【キーワード】そこだけは bveって何だろう、と思って調べてみたら。Bve trainsim

記事を読む

20150629

世界を一周する楽しさを万人に届けたいという発想

【キーワード】どこにでも コンセプトを見ているだけでワクワクがとまりません。 こんな旅行会社

記事を読む

20151027

女性のほうがソシャゲーにハマりやすいそうだ

【キーワード】ハマりやすい このキーワードで検索するにあたり、「ソシャゲーの話題がたくさんでて

記事を読む

20150529

これは誰もが一度は考えたことのある問題ではないだろうか。

【キーワード】圧倒的 これは常々ワタクシも感じていることだったのですが。 いろんな意見があっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑