忘れ物には気を付けましょう

公開日: : 生活

【キーワード】驚愕した

これ、ふつうの人ならやはり、これだけ大きなサイズのものを忘れていたことに驚くんですねぇ(^^;

【こんなもの】駅員も驚愕した電車内の忘れ物が話題に【忘れんなw】 - NAVER まとめ

【こんなもの】駅員も驚愕した電車内の忘れ物が話題に【忘れんなw】 – NAVER まとめ

元ネタは「お客様のなかにタミヤの『JCJC』をお忘れの方はいらっしゃいますか?」 駅員も驚愕した電車内の忘れ物が話題に – トゥギャッチです。
よくあるツイッターのまとめですね。
この忘れ物についてのいちばん最初のツイートが00:41分だったことを思えば、まあ酔っていたのかな、と。

ちなみに、ワタクシ自身、酔ったあげくギターの入ったでかいハードケースを電車内に置き忘れたことのある前科持ちですww
なので、皆んさんほど驚かないのでした。ああ、そういうこともあるかな、と。
ワタクシの場合、朝すぐに駅に電話して、忘れ物の有無を確認して、その日の夜にきちんと回収できましたけどね(^^;

こちらの方もこの記事から察するに無事回収できたようで、何よりです。
というか、忘れたことをツイートされ、無事回収されたことをツイートされ……うーん、最近、どこで誰に何を見られているか、分かったものじゃないな、と。そっちの方が気になってしまったワタクシなのでした。

関連記事

20150820

まるで坂道を転がり落ちていくように衰えを感じはじめる物悲しさときたら。

【キーワード】無茶をする まさに、ワタクシが慢性の腰痛持ちとなってしまったのも、若かりし頃に、

記事を読む

20150205

見た目や年齢にこだわる人ほど、自分の内面磨きを疎かにしているのかも

【キーワード】むしろ安心 見た目と年齢の話しかしていないところに、ものすごい違和感を覚えるなぁ

記事を読む

20150515

子どもに見えている独特な世界の見え方を理解するだけでも相互理解の助けになる

【キーワード】先入観 子どものものの見方、大人とは違う独特の視点がどこから来るのかについて言及

記事を読む

20140417

内情のなかなか見えてこない特殊な仕事の貴重な資料

【キーワード】何故か 特殊な仕事というものは、内情がなかなかわからないものです。 こういった

記事を読む

20140409

小さなことから垣間見える価値観の違い

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 元スレッドのタイトルが百年の恋も冷めた瞬間! 64年目と

記事を読む

20140819

あり得ないことなどあり得ない、そんな世界のキラキラネームを推理する。

【キーワード】話題になる いわゆるキラキラネームの話題はこのブログでも何度か取り上げましたが。

記事を読む

20140408

どんな自分でも受け入れてくれる人はきっといる。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで ワタクシもこの状態に陥ったことがあります……。

記事を読む

20160309

影響されやすい人たちに役立つ考え方

【キーワード】影響されやすい 自分のなかにブレない軸をつくることが、影響されにくい心の強さを保

記事を読む

20131206

東京23区内にこんなオアシスのような場所があったとは。

【キーワード】見間違いかと こんな街中から近いところに、ふつうに渓谷があるとしたら、そりゃ初め

記事を読む

20140421

慣れ親しんだ習慣は、意外な時に自覚させられる

【キーワード】わざわざ 歯ブラシの話題でこんなに盛り上がっているとは思いませんでしたよ(笑)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑