奈良県桜井市は発祥の宝庫だった

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 趣味・実用

【キーワード】はじまり

桜井市といえば奈良県ですね。日本の歴史上で「はじまりにあたるもの」がたくさんある、ということに、奈良県というだけでなぜか納得させられてしまうお手軽なワタクシですww

はじまりの街桜井物語/桜井市ホームページ

はじまりの街桜井物語/桜井市ホームページ

万葉集の巻頭の歌が詠まれた地相撲発祥の地芸能発祥の地仏教伝来の地という、4つのはじまりについてそれぞれ個別ページがあります。……思わず全部読んじゃったよww

あ、でも相撲発祥はちょっと意外でしたね。垂仁天皇の時代ってとこが。なんか、もっと後の時代だと思ってたもんで……(^^;
相撲 – Wikipediaを覗いてみると、こちらにもそのことが書かれており、

『古事記』の垂仁記には (中略) 初めて「力士」(ちからひと・すまひひと と訓す)の文字が現れる。

なる記述もあることから、やはりこれを相撲の発祥と見てよさそうです。
何でもっと後の時代だと勝手に思ってたんだろう、自分……(´・ω・`)シュン
……ってなんでこんなに相撲にばかりこだわっているんでしょうねワタクシwwwww

関連記事

20150929

サイト開設16年目の昔懐かしいつくりをした個人ホームページを見つけて歓喜する

【キーワード】はじまり こういう、昔懐かしい感じのいわゆる「ホームページ」なサイトを見つけると

記事を読む

20150819

便利になればなるほど、技術を磨くという発想が失われてゆく

【キーワード】無茶をする こちらのエントリ、2010年のものなんですが、今まさに(特に車を運転

記事を読む

20151029

読んできた本が、自分自身を作りあげている

【キーワード】ハマりやすい 紀伊国屋書店、面白い企画ページを展開していたんですね!(喜)

記事を読む

20151027

女性のほうがソシャゲーにハマりやすいそうだ

【キーワード】ハマりやすい このキーワードで検索するにあたり、「ソシャゲーの話題がたくさんでて

記事を読む

20140623

時間に追われずゆっくりじっくり、そんな生活に憧れる

【キーワード】~だからこそ 生活の心配がないなら、自宅に引きこもって一日中本を読んでドラマ見て

記事を読む

20160509

仕事とプライベートは分けて考えたいと思っている人はやはり多いようだ。

【キーワード】抵抗感がある 本日紹介する調査結果に、自分だけではなかった……と少しばかり安堵感

記事を読む

20140206

インターネットの速さより、アーカイブとしての有用性に目を向けたい

【キーワード】身近なものから インターネットというと、どうしても情報の即時性にばかり囚われてし

記事を読む

20150911

アロマテラピーも環境を変える方法の一つ

【キーワード】集中できる こういうのは眉唾だと一刀両断に伏してしまう人もいるかもしれませんが。

記事を読む

20140108

山登りにはいったいどんな魅力があるのか

【キーワード】響きに惹かれて 登山を趣味にしてる人って、すごいなぁと、体力のない徹頭徹尾インド

記事を読む

20140123

退屈な日常に飽き飽きした時の特効薬になりえるもの

【キーワード】予想外だった ミステリ小説好きとしては乗らねばなるまいこのビッグウェーブに!(違

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    ひょっとして格闘技ファンですか?(^^;)相撲ファンというのは以前聞いた気もしますが。

    奈良ネタとあっては口出しせずには居れないわけで、見事に釣られてるとも思いますが、さしずめ決まり手は「釣り出し」と言うところでしょうか?(^^;)

    まぁ日本最初の統一王朝の都、倭国の首都であったわけですし、その時代に起きたことなら何をやっても「日本における発祥の地」となるのは当然でしょう。

    その奈良在住の人間にしてみれば「あ、そう」てなもんです(^^;)うんざりするくらい昔から人が住んでる処として、奈良では土木工事業者はかなり気を遣う、あるいはギャンブルのような気持ちで工事を始めるそうです。

    なにせ少し掘って何か出土しようものなら工事はストップ。文化庁から役人が調べに来て「発掘調査」にでもなったら下手すりゃ(重大な遺跡発見とでもなれば)数年は工事がストップ。

    今平城京旧跡の復元朱雀門の周辺がちょうど拡張整備中。1300年祭までは普通に飲食店(ファミレス)や中古車屋があった場所に、「朱雀大路」の外郭遺跡が埋まっていたらしく、あとン十年掛けて広大な平城京史跡公園にするらしいですが・・・。

    相撲に関して言えば、奈良県内では案外相撲は盛んではありません。せいぜい天理大学相撲部が全国的には「名門」「古豪」と言われるくらいで、他府県同様に武道系では柔道・剣道などの方が競技者人口は多いでしょう。

    相撲が後の時代のものというイメージはやはり、古代における相撲のルールが「打撃・蹴りを含む原始的な格闘技」であることと、「押し」「組手」「投げ」が中心の現状のルールに近づいて以降、そして力士を職業とする人々が登場した江戸時代以降の形式が定着したからではないでしょうか。(勧進相撲)

    相撲博物館:日本大相撲協会
    http://www.sumo.or.jp/sumo_museum/history

    和歌発祥というのもそんな雅な遊びをする貴族階級が都である場所にいたからでしょうし、芸能発祥もそういう貴族たちの宴に呼ばれた「白拍子」などの音曲演奏者や舞手?が多くいたことと無縁ではないでしょうし、仏教伝来は仏教の曼荼羅をモデルに権力階層を構築していった奈良時代だけに当然といえば当然でしょう。

    物珍しい「新しもの好き」はやはり裕福な階層がまず飛びつくのはいつの時代でもそうなので、奈良に都があったこの時代は丁度そういう「文化の爛熟期」のような「開花期」だったのかもしれません。

    • まいる より:

      >soupさん
      別にsoupさんを釣ろうと思って奈良ネタを入れているわけではないのですが、テキストを打ち込んでいる時点できっとsoupさんは釣られてくれるだろうと思っていたことをここに白状しますww……白状しなくてもバレバレだとは思いますが><

      うひゃ、相撲ファンだったこと覚えておられましたか(笑)
      最近あまり相撲を語ってなかったので、忘れ去られていてもおかしくないだろうと、テキストの最後ではとぼけてみたのですがww(ぉぃ) 無駄なあがきだったようですね。はい、相変わらず好きですよー♪

      格闘技全般というわけではなく、相撲が好きなんですよね……なんだろ、あの、叩くとか殴るとか蹴るとかではなく、ガチでぶつかり合う感じ、あれが好きなんだと思います。なので、ここで鶴竜の名前を出すのもアレなんですが、やっぱり立ち合いで変化する相撲を見るとがっかりするのですよ……
      って、また相撲を語ってしまいましたね(^^;

      奈良県の工事業者はギャンブルのような気持ちで工事に取り掛かるという、地元ならではの話を聞けたのも得した気分です。そうですよねー、どこに何が埋まっているかわかったもんじゃないし(^^; 工事をしている最中もよその地域の業者のように豪快に掘り起こすってわけにもいかないでしょうしねー。国なり自治体なりはそういう時は何かしら保証してあげているのでしょうか……><

      いま東京にすべての新しいものが集中しているように、きっとあの時代の奈良には新しいものが集中していたのでしょうね。新しいものに惹かれるのは今も昔も変わらないことを考えれば、時代は変われど人間はそう成長していないのかもしれませんね(笑)
      貴重なコメントありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑