目に見える形で残るものを作る仕事にあこがれる

公開日: : ビジネス・教養

【キーワード】はじまり

鹿島建設株式会社サイト内のスペシャルコンテンツをピックアップしました。
橋のはじまりです。

橋のはじまり | 橋 | 建設博物誌 | 鹿島建設株式会社

橋のはじまり | 橋 | 建設博物誌 | 鹿島建設株式会社

この手のコンテンツを見ると、なぜか血が滾るワタクシ……(笑)
特に、人の力で形に残るものを作りあげる知恵と技術について紹介されているコンテンツを見つけると、それだけで紹介したくなってしまうのです……。

自分が形に残らないことにばかり携わってきたからかもしれません。
販売も調理も営業も、形として残る仕事じゃありませんでしたからねぇ……。

特に土木・建築に関するものは、残る期間が長いですし、誰が見ても一目瞭然というあたりが、あこがれに拍車をかけるのかな(^^; 「あの橋のこの部分はお父さんが作ったんだぞー」みたいなね(貧困な発想)、で、息子が「パパすごーい!」みたいなね、そういうのを想像して、勝手に和やかな気持ちになってしまうのでした。

建設博物誌のコーナーには他にも「超高層」「トンネル」「大空間」「ダム」とそれぞれ大きな建築物に関するコンテンツがあり、どれもこれも興味深いものでしたので、ぜひひととおりご覧になってみてくださいねー☆

関連記事

20141213

自分にかけるべき言葉と、他人にかけるべき言葉を、きちんと使い分ける

【キーワード】大間違い そうそう、失敗は成功の母ってよく言われますけどね、「ただし……」っての

記事を読む

20141122

人生いくつになっても遅すぎることなんてない、という実例を示してくれる人の力強さ。

【キーワード】やり直したい 大人になってからでもいろんなことを「始められる」という実例を示した

記事を読む

20160513

司書という調べ物のプロのレファレンス能力はもっと評価されるべきだ

【キーワード】抵抗感がある レファレンス協同データベースと言えば、全国の司書さん御用達、調べ物

記事を読む

20141030

広く浅くならインターネット、狭く深くなら……?

【キーワード】最適な レファレンス協同データベース、こんな司書さん御用達なサイトがあったんです

記事を読む

20131112

日本語の表現力の豊かさは感嘆に価する

【キーワード】独特な言い回し 日本語には確かに、他の言語では到底表現しようのない意味を一言のう

記事を読む

20160317

日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

【キーワード】習慣の問題 一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになる

記事を読む

20160812

こんな特殊な用途の施設にも東西の差異が現れているとは面白い現象だな

【キーワード】我が道を行く こんなところにまで東西の差異が現れてるんですねぇ(^^; 安い値

記事を読む

20160311

ちょっとしたきっかけから深く調べるのが好奇心の始まり

【キーワード】影響されやすい 身長に遺伝が関係するのは小耳に挟んだことがありますが、80%とい

記事を読む

20140214

人は、本当に知りたいことに、さらに+αを加味した情報を与えてもらうと、ものすごく得した気分になる。

【キーワード】ピタリとはまる 世間では週末でバレンタインデーですね。お相手のいる人たちはいろい

記事を読む

20160607

ちょっとした心がけと運で女同士の面倒な人間関係をやりすごす

【キーワード】気が多い 本日紹介する記事に書かれていることを読みながら、女同士って本当に面倒く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑