敷居が高いと思われがちな世界も、バックボーンに思いを馳せれば楽しくなる。

公開日: : 最終更新日:2015/09/25 クリエイティブ

【キーワード】冷静でいられない

冒頭の文章のかっこよさにやられました。
というか、この気持ちがわかる(ような気がする)から、この文章をかっこよく感じたんでしょうね。

パリの美術館が凄すぎて冷静でいられないハタチ Saki Ishizakaさん | Compathy(コンパシー)

パリの美術館が凄すぎて冷静でいられないハタチ Saki Ishizakaさん | Compathy(コンパシー)

冒頭の文章を頭の片隅に残しつつ、一枚一枚の写真に添えられた、まるで散文詩のような短い文章に目を通すと、こんなステキな旅行をしたのなら、そりゃテンションあげずにはいられないよなぁと、思わず共感してしまいます。

自分にとって一番インパクトの大きかった美術館は、徳島県の大塚国際美術館ですね。
そのように感じる人は多いようで、定期的に話題に上るのを目にしますが、あれだけの迫力ある美術館ですから、話題に上るのもむべなるかな、と感じます。館内散策中は確かにテンションも上がりましたね(笑)

いろんなことをイメージしながら美術館・博物館巡りをするのは本当に楽しいので、こういうのがもっとポピュラーになればいいのになーと、本当にそう思いますね。

関連記事

20160420

公募小説の大賞作品紹介にかこつけて、自分の好きな小説のタイプを語る

【キーワード】自分から 昨夜紹介したのは、現実に、過去の自分から未来の自分に向かって届けられた

記事を読む

20140927

外側から見たからこそ分かる魅力を、内側から外側に向けて発信する。

【キーワード】本当の魅力 ウェブマガジンって、本当に増えましたね。数が多すぎて、知らないものが

記事を読む

20151216

塗りには個性が表れる

【キーワード】印象が変わる こういうの見るのが大好きなんですよ(^^) 色の選び方や塗り

記事を読む

20130927

言葉に還元するのは難しいけれど

【キーワード】感覚だけで ずいぶん長いあいだ忘れていた感覚を、思い出させてくれるエントリに出会

記事を読む

20151001

いつか訪れてみたい、INAXライブミュージアム

【キーワード】はじまり 株式会社LIXILというと、リフォームの会社というイメージしかなかった

記事を読む

20141220

5年前のコンテンツだけど、今こそ読み返したい、「人とロボットの秘密」全文掲載記事。

【キーワード】想像力が及ばない 人とロボットの秘密という、2008年に出版された、今でもふつう

記事を読む

20160415

それぞれに固有の思い出を引き出す力に満ちたキャッチコピーいくつか

【キーワード】言えないこと 企業広告やキャッチコピーを読むのが大好きです。 おそらく、すべて

記事を読む

20151127

よその分野に目を向ければ、固定観念を突破できるかもしれない

【キーワード】意外なところから 自分自身を着飾る、という意味でのファッションネタはワタクシの苦

記事を読む

20150709

ザ!鉄腕!DASH!!プロデューサーが語る、番組を通して伝えたいことがステキだった

【キーワード】やってみれば 制作者と視聴者の架け橋テレビコ……番組を作っている裏方さんたちをク

記事を読む

20160202

GIMP使いの人に使い勝手の良いチュートリアルサイト

【キーワード】思い込み GIMPといえばフリーでPhotoshop並みの高機能を備えた画像処理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑