欠点を自覚するからこそ、それを長所に変えることができる

公開日: : ライフハック

【キーワード】見返してみると

ワタクシも気が散りやすいタイプです。
こちらの方と同じ、授業中にノートに落書きをいっぱい描いていたクチです(^^;

しんごの巻:気が散りやすいという話

しんごの巻:気が散りやすいという話

気が散りやすい自覚があるからこそ、気が散らないようにするにはどうすればいいのかを考え、実行できる。
それが嫌みなく伝わってくる文章でした(^^)

ワタクシもポモドーロテクニックなど取り入れております。とにかくタイマーが鳴るまで、タイマーが鳴るまではこれを続ける!と、気が散りそうになるたびに自分に言い聞かせて作業を続けるのです。
すると、案外すぐにタイマーが鳴って、少し物足りない気分になることもままあるくらいです(笑)
そういう時、ああ、集中できていたのだな、と感じるのです。
本当に集中しているときって、集中している自分にすら気づかないものなんですね。

しかし、ワタクシが本当に共感したのは、

ただ、最後に言い残しておきたいのは、気が散りやすいという事自体は決して悪いことでは無いということである。

というこのエントリの締めの言葉です。
気が散りやすい人は案外視野が広かったりしますしね、他人が気づかないいろんなことに気づいたりもしますから、ワタクシも気が散りやすい自分はそう悪くないと思っていたりします(笑)

関連記事

20140329

身体を張った体験談が一番参考になる(笑)

【キーワード】試してみた 全部試したのか! 身体を張ってるなぁ……すごい。 作業中

記事を読む

20150124

改めて、日本という国の住みやすさが身に染みる。

【キーワード】気にしない なるほどと納得する一方、最後の項目はいささかハードルが高いのではない

記事を読む

20141001

5分でも1分でもいい、とにかく続けることが大事。

【キーワード】続けていれば 一読、「あ、これは理に適っているな」と感心してしまいました。

記事を読む

20150720

既製品にちょっとした改良を加えることで、使い勝手が断然よくなる

【キーワード】ちょっとした工夫 IDEA*IDEAはRSS購読しているブログなので、当時読んで

記事を読む

20160616

自分の手が届く範囲で、自分にできる対処法を

【キーワード】やりすごす 集団生活を送る中で、嫌いな人や苦手な人が一人もいないなんて幸運には、

記事を読む

20140913

最初は面倒に感じても、やっているうちにどんどん楽しくなってくる、それ自体が日記の利点かも。

【キーワード】~の利点 最近NAVERまとめをよく取り上げているので、今回はスルーしようかと思

記事を読む

20140816

10年前に自分を悩ませていたことなど、今となっては思い出せない。

【キーワード】けっこうたくさん 岡本太郎・かの子夫妻の名言から思い出した自身の体験談が書かれて

記事を読む

20140809

反射的に翻訳できるほど語彙を充実させることが英語を勉強する醍醐味だった。

【キーワード】反射的に この発想はなかったなぁ……。 さらに、このたとえを持ち出されたら、納

記事を読む

20140322

削ぎ落してなお残るものの中にこそ、その人の本質があるのかもしれない

【キーワード】理由について 厳選されて、それでも残っているものが、自分にとって本当に必要なもの

記事を読む

20150826

秘訣知り、喜んだのも束の間か、実行できれば苦労なし、それもまた、人間である弱さ哉

【キーワード】幸運にも この10項目、すべて実行できるような夫婦が、実際のところ存在するのでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑