一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】見方が変わる

ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したときに感じました。それでキリスト教にすっ転ぶとか、そういうことはありませんでしたが(笑)

歴史を知ると物の見方が変わる

歴史を知ると物の見方が変わる

こちらの方は、古事記を読破することで、それまで抱いていた古事記や日本書紀に対する見方が改まったそうで、その過程を新しい日本の歴史というコーナーにまとめられています。

歴史というものは、光を当てる側面を変えると文字どおり様相をガラリと変えるものです。
とはいえ、歴史にまつわる書物というものは、あくまでも全体を俯瞰して書かれているもの。個々人の感情や思考の過程を追うことができない以上、その理由づけについて書かれているものに関しては、あくまでも想像の域を出ないわけです。その、想像の域で書かれたものを、のちの時代の我々はさらに想像しながら読み進めるわけですから、最終的に「こうだろう」と租借した歴史観というものは、読み手の受け取り方に大きく影響を受けざるを得ないわけです。

というわけで、真に客観的な事柄など存在しないと思っているワタクシ。
ただ、自分の視点を変えるために、自分の知らない部分を埋めるために、光を当てる側面を増やすために、そう自覚しながら、歴史に関わる書物を読むワタクシなのでした。

関連記事

20150406

絶対に男性にしか体験できない稀な出来事

【キーワード】稀な これ、男性にしか体験できない稀な事態ではありませんか……! 稀な経験

記事を読む

20141223

コミュニケーションはいつから押し付けるものになったのだろうか。

【キーワード】スルーできない いくら技術が進歩して新しいものが出てきたところで、人間の基本的な

記事を読む

20160730

自分自身との約束を守れた時に得られるものの大きさ

【キーワード】制約が多い 繰り返し登場する「ゆるまない」という言葉が、とても印象的な文章です。

記事を読む

20151125

理想の本の手に入れ方

【キーワード】意外なところから 電子書籍擁護派のワタクシですが、今でもリアル書店大好きです。

記事を読む

20160629

趣味に熱中してどんどんはまり込んでる人って、幸せオーラ全開ですごい!

【キーワード】きっかけ ネットスラングとして定着した感のある「沼」という言葉。 確か、趣味が

記事を読む

20151026

単純な内容のものにほど、中毒性があるように思う。

【キーワード】ハマりやすい WindowsPCを持っている人なら一度は通る道ではないでしょうか

記事を読む

20150926

枠にとらわれず、さまざまな分野から、良いものを吸収していく有利さ

【キーワード】冷静でいられない TFTを紹介しているお坊様がいたことに、ちょっとびっくりしてし

記事を読む

20150527

子供が成長過程で自分が成長しているかどうかなど考えないのと同じ話かもしれない。

【キーワード】圧倒的 エントリタイトルが秀逸ですね。 体験の実感が溢れています。 圧倒

記事を読む

20150715

他人の顔色を伺う前にやるべきこととは

【キーワード】無駄なこと あ、この記事2013年4月のものですね。 ベストセラーとなった嫌わ

記事を読む

20160402

知らなかったことを知ることができるのは、本当にラッキーなことだ

【キーワード】知らないこと 一つの事柄を辿りはじめると、思った以上にいろんなことがつながってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑