一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】見方が変わる

ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したときに感じました。それでキリスト教にすっ転ぶとか、そういうことはありませんでしたが(笑)

歴史を知ると物の見方が変わる

歴史を知ると物の見方が変わる

こちらの方は、古事記を読破することで、それまで抱いていた古事記や日本書紀に対する見方が改まったそうで、その過程を新しい日本の歴史というコーナーにまとめられています。

歴史というものは、光を当てる側面を変えると文字どおり様相をガラリと変えるものです。
とはいえ、歴史にまつわる書物というものは、あくまでも全体を俯瞰して書かれているもの。個々人の感情や思考の過程を追うことができない以上、その理由づけについて書かれているものに関しては、あくまでも想像の域を出ないわけです。その、想像の域で書かれたものを、のちの時代の我々はさらに想像しながら読み進めるわけですから、最終的に「こうだろう」と租借した歴史観というものは、読み手の受け取り方に大きく影響を受けざるを得ないわけです。

というわけで、真に客観的な事柄など存在しないと思っているワタクシ。
ただ、自分の視点を変えるために、自分の知らない部分を埋めるために、光を当てる側面を増やすために、そう自覚しながら、歴史に関わる書物を読むワタクシなのでした。

関連記事

20140508

タイトルに騙されることなかれ

【キーワード】ツボにハマる ちょっとお下品(汗)なんで、紹介するか迷ったんですが。 やっぱり

記事を読む

20160130

リアル書店にはひらめきがあふれている

【キーワード】思いがけない 電子書籍の普及には賛成だし、ネット書店はとても便利。とはいえ、リア

記事を読む

20160330

好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

【キーワード】知らないこと こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてし

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20140308

実感は状況を追いかけるようにあとからじわじわとやってくる

【キーワード】覚悟を決めたら ええ話や……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。うるうる

記事を読む

20150110

よその地方から大阪にやってきた人が、大阪に慣れるまでの記録。

【キーワード】なんでやねん ブログタイトルが大阪に慣れるまでの日々で、最後のエントリが2011

記事を読む

20160328

むしろ知らずにいたほうが幸せだったかもしれないこと(笑)

【キーワード】知らないこと これはむしろ「できれば知りたくなかったこと」ではないでしょーかww

記事を読む

20141107

妹を励ました兄もまさかこんな顛末を迎えるとは思っていなかったであろう。

【キーワード】斜め上の発想 これはお兄ちゃんGJと言わざるを得ないでしょう。 ……いや、やは

記事を読む

20140317

必要がないと感じていたからであって、必要とあらば普及するでしょう……多分(ゑ

【キーワード】理由について 赤文字に一言でキレイにまとめられてた……。 外国人に「日

記事を読む

20131005

体罰と、そうでないものを分ける境界線

【キーワード】人生で初めて ……泣いた つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 紹介記事のタイトル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑