一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

公開日: : コラム・エッセイ

【キーワード】見方が変わる

ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したときに感じました。それでキリスト教にすっ転ぶとか、そういうことはありませんでしたが(笑)

歴史を知ると物の見方が変わる

歴史を知ると物の見方が変わる

こちらの方は、古事記を読破することで、それまで抱いていた古事記や日本書紀に対する見方が改まったそうで、その過程を新しい日本の歴史というコーナーにまとめられています。

歴史というものは、光を当てる側面を変えると文字どおり様相をガラリと変えるものです。
とはいえ、歴史にまつわる書物というものは、あくまでも全体を俯瞰して書かれているもの。個々人の感情や思考の過程を追うことができない以上、その理由づけについて書かれているものに関しては、あくまでも想像の域を出ないわけです。その、想像の域で書かれたものを、のちの時代の我々はさらに想像しながら読み進めるわけですから、最終的に「こうだろう」と租借した歴史観というものは、読み手の受け取り方に大きく影響を受けざるを得ないわけです。

というわけで、真に客観的な事柄など存在しないと思っているワタクシ。
ただ、自分の視点を変えるために、自分の知らない部分を埋めるために、光を当てる側面を増やすために、そう自覚しながら、歴史に関わる書物を読むワタクシなのでした。

関連記事

20140612

手の届く範囲の憧れがどんどん消えていく

【キーワード】刺激された 昔から憧れつつ、結局一度も乗らずじまいだったなぁ……( = =) ト

記事を読む

20140906

大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

【キーワード】そこだけは 一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^

記事を読む

20141219

翻訳家・山岡洋一氏のコラムから、出版業界の体質を思う

【キーワード】想像力が及ばない 翻訳家の山岡洋一さん、亡くなられていたのですね……。 以下に

記事を読む

20150815

目の前のことをコツコツとこなしていれば、自分のスタンスはおのずから見出されるもの

【キーワード】立ち位置 なんという正論でしょう。 むしろ、「立ち位置」そのものについて考えて

記事を読む

20160314

切り替えの早いフットワークの軽さが肝なのかもしれない

【キーワード】習慣の問題 努力の方向を見極める、というのは本当に大切なことですね。 それに気

記事を読む

20160119

他人の思い込みに振り回されるべからず

【キーワード】身近な謎 以下に紹介する記事、ちょっとびっくりして、慌てて真相を検索してしまいま

記事を読む

20140426

他人のことが気になるのは自分が不安定だからなのかも。

【キーワード】わざわざ 発言小町やはてな匿名ダイアリーとかの釣り針記事が炎上する構図も、これで

記事を読む

20160218

昔を懐かしむその昔は、全然昔のことではないのかもしれない

【キーワード】~ではないか これを書いている人自身が、確たる意見をまだ持てていないのかな、と読

記事を読む

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20160128

良い師に巡り合えた人は、自身が伝える時にも良い師となり得るのかもしれない

【キーワード】思いがけない 人に教えるのが苦手なワタクシには、とても耳に痛い話でした……orz

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑