漢字の成り立ちには由来がある。

公開日: : コラム・エッセイ ,

【キーワード】見方が変わる

なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。
ワタクシは考えたこともありませんでしたので、その着眼点に少し驚きました。

桜の花の見方が変わるかもしれない桜の由来 | ザッツ | zattu - 学びの体験談

桜の花の見方が変わるかもしれない桜の由来 | ザッツ | zattu – 学びの体験談

こちらのエッセイでは「自分はこう思う」という観点から花見をした際に感じた桜の木の印象を綴っておられたのですが。
今までそんなことを考えもしなかったくせに(笑)この記事に触発されて、「桜」という文字の由来をさくっと検索してみました。ワタクシはこういうのを放置できない性分のようで、調べずにはいられなかったのですよ(苦笑)

すると、「桜」の漢字の意味は? – その他(学問・教育) | 【OKWave】という質問を発見。

なんで「桜」という漢字には「女」は入っているのでしょう?

という、そのもの、どんぴしゃりな質問です。
すぐに疑問が解決して、とてもすっきりした気持ちになれました(笑)

余談ですが、今回紹介させていただいたこのエッセイ、ザッツ | zattu – 学びの体験談という個人のさまざまな体験談を集めたサイトでした。他にも色々気になる体験談が掲載されており、思わず読みあさってしまいました(笑)
まさに、人の数だけ体験があるのですね。

関連記事

20131220

偏らず、公平に客観的に、しかし読み手に染み入るかのような人柄の文章

【キーワード】それぞれの流儀 ほぼ日刊イトイ新聞は、コンテンツが膨大過ぎて、とてもすべて読み切

記事を読む

20160425

自己分析ができるかどうかは心に余裕があるかどうかの指標になる

【キーワード】余裕を持って エントリタイトルに入っていた「常に余裕を持って優雅たれ」という言葉

記事を読む

20131102

今は廃れた機能もその頃は必然だと思えたものなんです……( = =) トオイメ

【キーワード】いつの間にか なんというオールドカー世代のおっさんホイホイ…… 車に関する様々

記事を読む

20150328

まとわりつく柵からは逃れられないが、それでも極力身軽でいたい。

【キーワード】もやもやする ああ、ワタクシのめざす境地です、これ。 目指してはいるけど、なか

記事を読む

20151015

本棚に隙間があると埋めたくなる欲求をなんと名づけるべきか

【キーワード】過程が楽しい なんというか、見事な「読書オタほいほい」な記事タイトルだな……と感

記事を読む

20131004

まるで少女マンガのような

【キーワード】人生で初めて ……どこの少女マンガだぁぁぁぁぁぁ(叫) 現実にこんなことがある

記事を読む

20141010

誤解は些細なことから生じるが、自分の非をちゃんと認められるかどうかが大事ではないか

【キーワード】衝撃的な 別に女性に限らないでしょうが。 思い込み激しくて曲解する人って、確か

記事を読む

20160402

知らなかったことを知ることができるのは、本当にラッキーなことだ

【キーワード】知らないこと 一つの事柄を辿りはじめると、思った以上にいろんなことがつながってい

記事を読む

20140508

タイトルに騙されることなかれ

【キーワード】ツボにハマる ちょっとお下品(汗)なんで、紹介するか迷ったんですが。 やっぱり

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

Comment

  1. soup より:

    桜には確かに「女」の文字が入りますが、これは古代の信仰の対象(ご神体)であった自然の山や樹木といったものと人を結びつける「巫女」の存在があると思います。

    ●漢字辞典-OK辞典⇒⇒⇒「桜/櫻」という漢字
    http://okjiten.jp/kanji305.html

    解説にある“「大地を覆う木」の象形と「子安貝・両手を重ねひざまずく女性」の象形(女性が「首飾りをめぐらす」の意味)”などはまさにそれではないかと。

    精神的に潔いのは男か女か(^^;)というのは考えたこともありませんが、心にダメージを追った場合尾を引くのは男の方だったりするのはよく言われているので、「吹っ切る」という意味では女性の方が潔いのかもしれません。

    内面ではなく外見上、面目を重んじてそれに殉じることを厭わない点では男が勝るとも思いますけどね(^^;)

    ●「桜」の漢字の意味は?:OKWeb
    http://okwave.jp/qa/q544631.html

    こちらでは桜の旧字に赤ん坊を意味する「嬰」が含まれることから大切なもの・守るべきものと言う意味を含んでいるとの説を取っていますが、いずれにしても古代においては女性の神秘性が重要視されていたのは間違いなさそうです。

    ●巨木・大木・御神木・名木
    http://rakuzankai.justhpbs.jp/bigtree.html

    このリンクの下の方には桜の御神木も多数あります。何故か茨城県に集中しているような?(^^;)
    全体的に大木化しやすい杉などが多いようですが、政治的な中心地から少し外れた地域が多いようにも思えるので、いわゆる「霊場」「修行地」など古代の山岳信仰と結びついて存続し、かつては神々の対話の相手であった女性が漢字となって残ったのではないかと思います。

    ●吉野山と桜:吉野町
    http://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/sakura/yoshinoyama/

    奈良県といえばそして桜といえば吉野山ですが、やはり「御神木」としての「桜信仰」がはっきり伺えます。

    漢字には「女」が入るものが多く、多様な意味を持ちますが、「男」が入る漢字は非常に少なく、常用漢字の中でもあまりポジティブな意味のものは少ないです(^^;)

    ●「男」がつく漢字って、ないんですかねぇ?:Yahoo知恵袋
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1444338649

    やっぱり「女」には叶いませんなぁ(爆)

    • まいる より:

      >soupさん
      ぎゃああ、またスパムのところにコメントが紛れ込んでいて気付くの遅れました、ごめんなさい><
      たくさんの記事紹介、ありがとうございます!

      やはり「巫女」の象徴として「櫻」の字が成り立っているのですね。
      soupさんお住まいの奈良といえば真っ先に思い当たるのが邪馬台国や卑弥呼の伝説。
      長年、身近にこれらの現象を感じてこられたから、漢字の成り立ちにも興味を持たれていたのでしょうか。

      反面、このような部分に自分が疎かったのは、あまり身近な現象と感じなかったからかもしれません(´・ω・`)シュン

      潔いのは女性と言いますが、決断力の面では男性のほうが圧倒的なのは言うまでもありません。してみれば、諦める、思い切るという最終局面においては女性のほうが圧倒的強さを誇り、踏み込む、進むという最初の局面においては男性のほうが圧倒的強さを発揮する、という、補い合う関係なのではないかと愚考する次第。

      紹介URLの最後の「「男」がつく漢字って、ないんですかねぇ?:Yahoo知恵袋」に寄せられていた「勇気の勇には男の字が含まれている」という回答を見ても、やはり、最初に踏み込む勇気の字には男の字が当てられているのだなーと納得してしまったのでした。
      貴重な視点からのコメントをありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑