目の前のことをコツコツとこなしていれば、自分のスタンスはおのずから見出されるもの

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 コラム・エッセイ

【キーワード】立ち位置

なんという正論でしょう。
むしろ、「立ち位置」そのものについて考えている人は多くとも、この視点が欠けているがゆえに、摩擦が生じているのではないかとすら感じました。

「立ち位置」なんていつも意識しなくていい | おごちゃんの雑文

「立ち位置」なんていつも意識しなくていい | おごちゃんの雑文

立ち位置を自分で選べる人はいいんですよ。でも、そうじゃない人もいるわけです。なのに、立ち位置を明確にできる人には、そういう「弱者」への視点が欠けてしまう場合があって、ここはワタクシも反省のしどころなわけですが(汗)

そう、まずは目の前の仕事をコツコツと一つずつきちんと片づけていくこと。それがいちばん大事なんですよね。そうしているうちに、おのずと見えてくるものが、自分の立ち位置というものなのでしょう。それなのに、早くから立ち位置を明確にせよとせかされる場合が多々あるわけで、そこらへんで、齟齬が生じてしまうのかもしれません。

それにしても末尾に書かれた

「立ち位置」を意識するのは、「立ち位置」を意識しなきゃいけなくなった時でも遅くはない。それよりも「足腰」を鍛えておくことだ。

は素晴らしい名言ですね。
これが名言たるゆえんは、ぜひ、元のエントリで確認していただければと思います(^^)

関連記事

20151203

時間の価値を考える、ということは、自分が何を大事にしているかを明確にすることに等しい。

【キーワード】時間泥棒 ああ、ここ数日、時間を無駄に消費するようなサイトばかり紹介してきている

記事を読む

20160422

情報遮断をしていても、本当に必要なものなら自然と入ってくるものだ。

【キーワード】自分から 本日紹介するエントリを読みながら、自分もこのような境地を経て、SNSと

記事を読む

20150831

漢字の成り立ちには由来がある。

【キーワード】見方が変わる なぜ「桜」という漢字には「女」という文字が含まれているのか。 ワ

記事を読む

20140407

多数の知人より密度の濃い友人を。

【キーワード】ちょっとしたきっかけで 「あなたのおかげ」という言葉、とても美しいですね(^^)

記事を読む

20160219

楽しさは教えるものではなく、やって見せるものではないか

【キーワード】~ではないか 関係者はうすうす気づいているし、必要性も分かっている。 けれどそ

記事を読む

20160730

自分自身との約束を守れた時に得られるものの大きさ

【キーワード】制約が多い 繰り返し登場する「ゆるまない」という言葉が、とても印象的な文章です。

記事を読む

20150502

かけがえのない友人を大切にすることと、自分自身がかけがえのない存在になるということ。

【キーワード】ぶっ飛んだ 「愛すべきバカ」の周りにいつも人が絶えないのは、ここに書かれているよ

記事を読む

20140508

タイトルに騙されることなかれ

【キーワード】ツボにハマる ちょっとお下品(汗)なんで、紹介するか迷ったんですが。 やっぱり

記事を読む

20140906

大人数で前後不覚に陥る場の仕切りもない飲み会はいったい誰のためのものなのか

【キーワード】そこだけは 一読、「おまえは俺か!」という常套句が口をついて出たですよ……(^^

記事を読む

20131004

まるで少女マンガのような

【キーワード】人生で初めて ……どこの少女マンガだぁぁぁぁぁぁ(叫) 現実にこんなことがある

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑