目の前のことをコツコツとこなしていれば、自分のスタンスはおのずから見出されるもの

公開日: : 最終更新日:2015/08/15 コラム・エッセイ

【キーワード】立ち位置

なんという正論でしょう。
むしろ、「立ち位置」そのものについて考えている人は多くとも、この視点が欠けているがゆえに、摩擦が生じているのではないかとすら感じました。

「立ち位置」なんていつも意識しなくていい | おごちゃんの雑文

「立ち位置」なんていつも意識しなくていい | おごちゃんの雑文

立ち位置を自分で選べる人はいいんですよ。でも、そうじゃない人もいるわけです。なのに、立ち位置を明確にできる人には、そういう「弱者」への視点が欠けてしまう場合があって、ここはワタクシも反省のしどころなわけですが(汗)

そう、まずは目の前の仕事をコツコツと一つずつきちんと片づけていくこと。それがいちばん大事なんですよね。そうしているうちに、おのずと見えてくるものが、自分の立ち位置というものなのでしょう。それなのに、早くから立ち位置を明確にせよとせかされる場合が多々あるわけで、そこらへんで、齟齬が生じてしまうのかもしれません。

それにしても末尾に書かれた

「立ち位置」を意識するのは、「立ち位置」を意識しなきゃいけなくなった時でも遅くはない。それよりも「足腰」を鍛えておくことだ。

は素晴らしい名言ですね。
これが名言たるゆえんは、ぜひ、元のエントリで確認していただければと思います(^^)

関連記事

20160728

課せられたハンデをただのハンデで終わらせず活かすための考え方

【キーワード】制約が多い 相手の立場に立ってものを考えることが大事、というのはよく言われること

記事を読む

20150406

絶対に男性にしか体験できない稀な出来事

【キーワード】稀な これ、男性にしか体験できない稀な事態ではありませんか……! 稀な経験

記事を読む

20160514

「銃を持つ」という言葉を目にしたときに感じたものの正体を探る

【キーワード】抵抗感がある 平和な国に住んでいると、「銃を持つ」ということを真剣に考える機会が

記事を読む

20151107

意味を求めているうちは意味は見つからない。

【キーワード】ついでに ブログタイトルのインパクトに、しばし唖然としてしまいました。 「遺言

記事を読む

20141223

コミュニケーションはいつから押し付けるものになったのだろうか。

【キーワード】スルーできない いくら技術が進歩して新しいものが出てきたところで、人間の基本的な

記事を読む

20160402

知らなかったことを知ることができるのは、本当にラッキーなことだ

【キーワード】知らないこと 一つの事柄を辿りはじめると、思った以上にいろんなことがつながってい

記事を読む

20140614

占いというものの本質はどこにあるのか。

【キーワード】刺激された ああ、すごく共感できるなぁ。 大運の話 - 普通すぎる占い

記事を読む

20160330

好奇心を満たすことそれ自体が自分自身への報酬となり得る

【キーワード】知らないこと こういう禅問答とか哲学的な問いを見かけると、問答無用で食いついてし

記事を読む

20141227

期待すべきは読み手の読解力ではなく自分自身がどこまで書ききれているか

【キーワード】スルーできない 読み手に期待しないということですね。 ……と書くと、なんだか上

記事を読む

20150806

話し上手と話好きの間には天と地ほどの差が開く

【キーワード】~より~のほうが 意外な結果のようにも思えますが、読み進めると妙に納得させられて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑