大学にもそれぞれの特色があるのだなぁ(違)

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 ネタ・雑学

【キーワード】立ち位置

ほぼ1年ほど前に、こんなネタがはやっていたんですねぇ(笑)

名大の立ち位置が気になる・・・大学を擬人化してみたⅡ 国公立編 - withnews(ウィズニュース)

名大の立ち位置が気になる・・・大学を擬人化してみたⅡ 国公立編 – withnews(ウィズニュース)

ついつい笑ってしまいましたww
それも、盛大に笑うというよりも、思わず吹き出してしまうといった類の笑いです。
「そろばん大学」「オタク大学」や「たこやき大学」に吹き出し、スクロールして発見した神戸大の紹介文に書かれた「ちゃっかり」にさらに吹き出し……( ̄m ̄* )ムフッ♪.
いや、兵庫県の西の片隅にひっそり生息するワタクシから見ても、神戸っ子はやはり「ちゃっかりさん」なイメージなんでww

ちなみに、ワタクシの中の名大は東大・京大より大きな存在ですよ。森博嗣せんせーがいっとき助教授をしていたことはもちろん、フィクション世界とはいえ犀川創平氏が今だ助教授を務める大学でもあるわけですからねww(いや、それはあくまでも架空都市・那古野市の国立N大という設定だから ι )
ええ、そうです、尊敬する人を一人だけ挙げよ、という無理難題を突きつけられたら、間違いなく犀川創平の名をあげると断言できる程度には犀川創平助教授を尊敬しております。大真面目です(`・ω・´)キリッ☆

関連記事

20140503

なくて七癖・自然に性格が現れるものらしい。

【キーワード】ムキになって ……へぇへぇへぇ(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

記事を読む

20160112

情けない表情もまた、心に残るものである。

【キーワード】情けない ああ、確かに、笑顔も泣き顔もそれはそれで印象的ではあるけれど、情けない

記事を読む

20140825

幸せな恋話より悲恋もののほうが印象が強いのはなぜだろう。

【キーワード】永遠に語り継がれる 恋愛模様が歴史を動かしている事例が多々ある、というのがよく分

記事を読む

20150701

一口に冷奴と言ってもいろいろあってかなり奥深い世界なのだな。

【キーワード】どこにでも なんですか、この飯テロ記事は……無性に冷奴が食べたくなってしまいまし

記事を読む

20160603

地域にはそれぞれ特色があるが、東京はより強調されやすいのかもしれない

【キーワード】憧れる 田舎には田舎の、都会には都会の苦労があるということですね。 とはいえ、

記事を読む

20160408

風刺ネタでは安定のアンサイクロペディアを堪能する

【キーワード】よくあること アンサイクロペディアにはこんな項目もあったんですねぇ。 ライバル

記事を読む

20160217

難癖をつける人間の論旨はたいてい不明瞭なものだ

【キーワード】~ではないか なんにでも難癖をつけたがる人って、世界中にいるんですねぇ……( =

記事を読む

20140122

新幹線の区間距離が短い理由には中二病的計画が隠されているのかも?

【キーワード】予想外だった 山陽新幹線沿線以外にも、こんな短い区間に新幹線の駅を隣接させている

記事を読む

20150313

お寺の掲示板に掲載された有難い言葉の中に混じるネタっぽいものが気になる><

【キーワード】感慨深い twitterで話題になった面白い格言を紹介しているエントリです。

記事を読む

20131009

日常なんだか非日常なんだか。

【キーワード】~しちゃった うわぁ、落とした財布のエピソードが泣ける つД`)・゚・。・゚゚・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑