「あなたの知らない世界」を垣間見る

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 コラム・エッセイ

【キーワード】立ち位置

先日、ファッションって本気だとここまでやらなくちゃいけないものなんですか?!というエントリにて、自分にまったく理解できない世界の話を書かせていただきましたが。
今回は、ふつうに生活していれば、理解する必要はまったくない世界の話です。

はじめての懲役⑩・・・懲役新入りの立ち位置とは?:犯罪予備軍のための刑務所マニュアル:So-netブログ

はじめての懲役⑩・・・懲役新入りの立ち位置とは?:犯罪予備軍のための刑務所マニュアル:So-netブログ

理解する必要はありませんが、むしろ、好奇心の対象として興味をそそられるのは、こういう自分とは縁遠い世界の話かもしれませんね。
何ともすごいものを読んでしまった、という感想しか出てきません(^^;
思わず言葉が詰まるのは、こういうものを読んだときです。

我々はふだん、同じ現実世界を共有しているように思っていますが、実は世界は多重構造で、まったく交わらない世界というものが存在するのだ、ということを、改めて感じてしまったのでした。

読み物として大変興味深く、ふつうに生活していれば知らないままで終わるであろう事例が、これでもかと出てきますので、興味ある方はぜひ、このブログのいちばん最初のエントリから目を通してみてください。
まさに、「あなたの知らない世界」が広がっておりました。

関連記事

20141018

使い捨て紙おむつ発祥の由来に面白いエピソードが隠されていた。

【キーワード】試しつつ 今ではすっかり定着した使い捨て紙おむつ。 祖父が孫のために開発したも

記事を読む

20160423

がんばりすぎる人へ。素直に現状を吐露していいのだと背中を押してもらえます。

【キーワード】自分から 疲れたときは素直に疲れたと口にした方がいいけれど、疲れたと言うことで周

記事を読む

20150715

他人の顔色を伺う前にやるべきこととは

【キーワード】無駄なこと あ、この記事2013年4月のものですね。 ベストセラーとなった嫌わ

記事を読む

20160219

楽しさは教えるものではなく、やって見せるものではないか

【キーワード】~ではないか 関係者はうすうす気づいているし、必要性も分かっている。 けれどそ

記事を読む

20160723

学術的に大切な話を雑学レベルで消化する

【キーワード】迂闊にも こういう話を読むのが大好きなので、見かけるとつい熱中してしまいます(^

記事を読む

20150829

曖昧に存在しながら自分自身をかたどっているものの正体

【キーワード】幸運にも 「環境が人間をつくる」という一言に要約される話だと思いました。

記事を読む

20160813

こだわりの強さは自分のなかの軸がぶれている証左かもしれない

【キーワード】我が道を行く 読み進めて思わずはっとさせられました……。 確かに、芯がしっかり

記事を読む

20160314

切り替えの早いフットワークの軽さが肝なのかもしれない

【キーワード】習慣の問題 努力の方向を見極める、というのは本当に大切なことですね。 それに気

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20131105

どこの地域にもこういう「風景から浮いた施設」が一つ二つありそうな気がする……

【キーワード】インパクトが強い ああ、確かに、田んぼの中にこんな建物そびえてたら、そりゃインパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑