一度きりの人生を、より楽しく生きるための考え方

公開日: : 最終更新日:2015/08/08 コラム・エッセイ

【キーワード】~より~のほうが

この人の考え方、すごく好きだなぁ。

実は『人生は辛いことよりも楽しいことのほうが多い』という説。 | 福森亮太ブログ

実は『人生は辛いことよりも楽しいことのほうが多い』という説。 | 福森亮太ブログ

よくある「コップの中の水がもう半分しかないと思うか、まだ半分もあると思うか」というたとえにも直結する話だと思うんだけど、どこに焦点を当てるかで感じ方などガラリと変わるものだと思います。

普段の生活の中では、苦労していることのほうが印象に残りやすいし、話題としても、苦労話のほうに価値があるように感じてしまうものです。ワタクシ自身、よくそういう罠に陥ります。でも、あれ、不思議なもので、一つ苦労話を始めると、連鎖的にどんどん苦労話がわいてきて、気分的にも、どんどん苦労話のほうに比重が傾きはじめるんですよね。

だから、より楽しい話を。より豊かな話を。
そうすれば、より楽しい話、より豊かな話に比重が傾いて、より幸せに焦点を当てることができるようになるのだと思います。
よく刹那的とか享楽的とか叩かれるんですが(苦笑)一度しかない人生だし、自分の人生に責任をとれるのは自分しかいないのだから、だったらワタクシはより楽しい方向、より豊かな方向に舵を切って、そちらに焦点を当てた生き方をしたいと、そう思うのです。

関連記事

20160119

他人の思い込みに振り回されるべからず

【キーワード】身近な謎 以下に紹介する記事、ちょっとびっくりして、慌てて真相を検索してしまいま

記事を読む

20140111

詩集の楽しみ方いろいろ

【キーワード】響きに惹かれて 詩集は何度も手に触れて少し角が擦れたくらいのほうが好ましい、とい

記事を読む

20140514

沈黙は金、雄弁は銀、分かっちゃいるけど……

【キーワード】敢えて 理想の在り方ですねぇ…… 自分には程遠い境地ですがorz 敢

記事を読む

20150508

言葉狩りでもって他人を規制したがる人間ほど、実は差別意識が強いもの

【キーワード】要約すれば 「ブラック企業」という言葉が、人種差別に当たる、などというくだらない

記事を読む

20160727

真の自由は制限のある中で得られる発想の飛躍によってもたらされるのかもしれない

【キーワード】制約が多い 三谷幸喜さんのこの言葉、いろんなところで引用されているのを見かけます

記事を読む

20160130

リアル書店にはひらめきがあふれている

【キーワード】思いがけない 電子書籍の普及には賛成だし、ネット書店はとても便利。とはいえ、リア

記事を読む

20150905

一つの分野を様々な角度から眺めてみることは、自分自身の視野を広げてくれる。

【キーワード】見方が変わる ここに書かれているのと同じようなことを、自分は聖書を全部読破したと

記事を読む

20150404

予定調和で分かりやすいものばかり提供していては、飛躍した発想や想像力は生まれなくなる。

【キーワード】思いもしなかった え、これが「小学生にはむずかしい文章」? そうは思わないけど

記事を読む

20141107

妹を励ました兄もまさかこんな顛末を迎えるとは思っていなかったであろう。

【キーワード】斜め上の発想 これはお兄ちゃんGJと言わざるを得ないでしょう。 ……いや、やは

記事を読む

20131104

腹筋崩壊必至!フェアレディZにはとんだ災難。

【キーワード】インパクトが強い 久しぶりに馬鹿笑いしちゃいましたよーwwwww タイトルだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑