一度きりの人生を、より楽しく生きるための考え方

公開日: : 最終更新日:2015/08/08 コラム・エッセイ

【キーワード】~より~のほうが

この人の考え方、すごく好きだなぁ。

実は『人生は辛いことよりも楽しいことのほうが多い』という説。 | 福森亮太ブログ

実は『人生は辛いことよりも楽しいことのほうが多い』という説。 | 福森亮太ブログ

よくある「コップの中の水がもう半分しかないと思うか、まだ半分もあると思うか」というたとえにも直結する話だと思うんだけど、どこに焦点を当てるかで感じ方などガラリと変わるものだと思います。

普段の生活の中では、苦労していることのほうが印象に残りやすいし、話題としても、苦労話のほうに価値があるように感じてしまうものです。ワタクシ自身、よくそういう罠に陥ります。でも、あれ、不思議なもので、一つ苦労話を始めると、連鎖的にどんどん苦労話がわいてきて、気分的にも、どんどん苦労話のほうに比重が傾きはじめるんですよね。

だから、より楽しい話を。より豊かな話を。
そうすれば、より楽しい話、より豊かな話に比重が傾いて、より幸せに焦点を当てることができるようになるのだと思います。
よく刹那的とか享楽的とか叩かれるんですが(苦笑)一度しかない人生だし、自分の人生に責任をとれるのは自分しかいないのだから、だったらワタクシはより楽しい方向、より豊かな方向に舵を切って、そちらに焦点を当てた生き方をしたいと、そう思うのです。

関連記事

20131104

腹筋崩壊必至!フェアレディZにはとんだ災難。

【キーワード】インパクトが強い 久しぶりに馬鹿笑いしちゃいましたよーwwwww タイトルだ

記事を読む

20160604

たとえ突出していなくても、できることをできる範囲でこつこつと

【キーワード】憧れる 本日紹介するエントリを微笑ましい気持ちで読んだのは、サイドバーの学生ブロ

記事を読む

20160618

人間には自身の抱えているものを笑いに変える自由がある

【キーワード】やりすごす あまりにも深い、真摯な記事だったので、どう紹介したらいいのか迷います

記事を読む

20140326

許されるデッドラインの見極めは本当に大事だ

【キーワード】試してみた ……これあかんヤツや……!>< 結婚を考えてた恋人に仕事ク

記事を読む

20140307

執着やこだわりを捨てたら幸運が舞い込む……かもしれない。

【キーワード】覚悟を決めたら どれもこれも一理あるなぁと思っちゃいましたね。 実録!

記事を読む

20140717

新聞折り込みの受験問題をやってみた段階Jr世代のの淡々とした語り

【キーワード】懐かしい知恵 既に現役(?)を退いていながら、受験問題を解いてみようと思う、そん

記事を読む

20140419

ふいんき(変換できない)とその派生形および起源の考察

【キーワード】何故か 最初はただの言い間違いだったのが、いつの間にかツッコミ待ちみたいな使われ

記事を読む

20140505

些細なことから始まった探究ほど、終わりが見えず面白いもの

【キーワード】ツボにハマる ちょっと焦点がずれているように感じてしまうのはワタクシだけでしょー

記事を読む

20150812

「あなたの知らない世界」を垣間見る

【キーワード】立ち位置 先日、ファッションって本気だとここまでやらなくちゃいけないものなんです

記事を読む

20150406

絶対に男性にしか体験できない稀な出来事

【キーワード】稀な これ、男性にしか体験できない稀な事態ではありませんか……! 稀な経験

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑