タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

公開日: : 最終更新日:2015/08/05 ビジネス・教養

【キーワード】~より~のほうが

手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気がします。
そのぶんじっくり考えられるというか。

タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンス

タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンス

これ、けっこう定期的に出てくる話題ですよね。
とはいえ、どっちも大事だとは思いますが。
手は第二の脳なんて言葉もあるくらいですから、初期段階で何かを覚えようとする場合は手書きのほうが効果的なんでしょうけど、スピードを求めるなら手書きでは追いつかない場合もありますから、タイピングの技術を覚えておくことも重要っちゃ重要ですしね。

実際、自分の考えなんかを綴ろうとする場合、手書きのスピードでは思考の速度に追いつかなくてまどろっこしいということもありますから。タイピングなら思考速度と同じスピードで文字を打ち込んでいくこともある程度は可能ですし。あくまでもある程度、ですけどww

こちらの話題、タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンスでその後に展開されているコメント欄の数々もいろいろと参考になります。
……途中で「一晩おいたカレーの味」云々に話が脱線しているのもご愛嬌ですねww

関連記事

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20151109

IQ診断をあてずっぽうで乗り切ってみたところ……

【キーワード】ひらめき この手の診断系コンテンツを目にすると、素通りできないワタクシが通ります

記事を読む

20150910

大人だって可愛いものに囲まれていたいのです☆

【キーワード】集中できる なんですか、この、ワタクシを擁護するためだけに存在するような研究結果

記事を読む

20141030

広く浅くならインターネット、狭く深くなら……?

【キーワード】最適な レファレンス協同データベース、こんな司書さん御用達なサイトがあったんです

記事を読む

20151119

自己啓発本も読み方次第では役に立つ

【キーワード】役に立たない ワタクシもいわゆる「自己啓発本オタク」になってしまっていた時期があ

記事を読む

20150509

『資本論』という自分にとってのトラウマ案件にもう一度チャレンジしようかと思わせられた

【キーワード】要約すれば 資本論。 チャレンジして挫折した、若かりし頃の苦い思い出がよみがえ

記事を読む

20140214

人は、本当に知りたいことに、さらに+αを加味した情報を与えてもらうと、ものすごく得した気分になる。

【キーワード】ピタリとはまる 世間では週末でバレンタインデーですね。お相手のいる人たちはいろい

記事を読む

20160711

意外な場所が意外な選出を受けていてびっくり

【キーワード】貴重な そんなわけで、昨日も書いた通り、1000エントリ目です(喜) 少し

記事を読む

20150513

捉え方ひとつで自分の気持ちを楽にして方向転換することができる

【キーワード】先入観 Yahoo!知恵袋って、釣り質問があったり、あるいは回答が一方の考え方に

記事を読む

20151212

技術の進歩に対してヒトが順応するまでの時間

【キーワード】思い出す なんかねー、新しい技術が出てきて、人々の生活が様変わりするような事例が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑