タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

公開日: : 最終更新日:2015/08/05 ビジネス・教養

【キーワード】~より~のほうが

手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気がします。
そのぶんじっくり考えられるというか。

タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンス

タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンス

これ、けっこう定期的に出てくる話題ですよね。
とはいえ、どっちも大事だとは思いますが。
手は第二の脳なんて言葉もあるくらいですから、初期段階で何かを覚えようとする場合は手書きのほうが効果的なんでしょうけど、スピードを求めるなら手書きでは追いつかない場合もありますから、タイピングの技術を覚えておくことも重要っちゃ重要ですしね。

実際、自分の考えなんかを綴ろうとする場合、手書きのスピードでは思考の速度に追いつかなくてまどろっこしいということもありますから。タイピングなら思考速度と同じスピードで文字を打ち込んでいくこともある程度は可能ですし。あくまでもある程度、ですけどww

こちらの話題、タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンスでその後に展開されているコメント欄の数々もいろいろと参考になります。
……途中で「一晩おいたカレーの味」云々に話が脱線しているのもご愛嬌ですねww

関連記事

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20151212

技術の進歩に対してヒトが順応するまでの時間

【キーワード】思い出す なんかねー、新しい技術が出てきて、人々の生活が様変わりするような事例が

記事を読む

20160708

カウンセリング系のブログは自分と波長が合うかどうかが一番大事ではないだろうか。

【キーワード】面倒に感じる このブログを通じてたくさんのさまざまな記事を紹介させていただいてい

記事を読む

20160322

本質をとらえる生き方で能動的に生きる

【キーワード】理解するために 同じ事柄に取り組んでいても、「やりたいorやるべきことである」と

記事を読む

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20150220

変わった資格を取得して何に活かせるか考えてみるのも一興

【キーワード】意外にも 確かに、ここで紹介されてるのって、えらくマニアックですね(^^;

記事を読む

20160613

職場での下世話な下ネタ世間話に巻き込まれそうになったなら……

【キーワード】やりすごす 男性が多い職場の時には、確かにこういうの、ありましたね……。 言い

記事を読む

20150429

正直に理由を申告するのは是か非か

【キーワード】ぶっ飛んだ 休日に相応しい話題……ですかね(^^; 明日、休み明けに出勤する人

記事を読む

20151110

ひらめきを誘発するための7項目はとても理にかなったものだった

【キーワード】ひらめき 人間は思った以上に視覚……というか、五感に左右されている、というのが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑