タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

公開日: : 最終更新日:2015/08/05 ビジネス・教養

【キーワード】~より~のほうが

手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気がします。
そのぶんじっくり考えられるというか。

タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンス

タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンス

これ、けっこう定期的に出てくる話題ですよね。
とはいえ、どっちも大事だとは思いますが。
手は第二の脳なんて言葉もあるくらいですから、初期段階で何かを覚えようとする場合は手書きのほうが効果的なんでしょうけど、スピードを求めるなら手書きでは追いつかない場合もありますから、タイピングの技術を覚えておくことも重要っちゃ重要ですしね。

実際、自分の考えなんかを綴ろうとする場合、手書きのスピードでは思考の速度に追いつかなくてまどろっこしいということもありますから。タイピングなら思考速度と同じスピードで文字を打ち込んでいくこともある程度は可能ですし。あくまでもある程度、ですけどww

こちらの話題、タイピングよりも手書きのほうが学習効果は高いという実験結果 | スラド サイエンスでその後に展開されているコメント欄の数々もいろいろと参考になります。
……途中で「一晩おいたカレーの味」云々に話が脱線しているのもご愛嬌ですねww

関連記事

20140106

慣れ親しむことの重要性

【キーワード】響きに惹かれて 中央FMのコンテンツにMy Eyes Tokyoというの番組があ

記事を読む

20141030

広く浅くならインターネット、狭く深くなら……?

【キーワード】最適な レファレンス協同データベース、こんな司書さん御用達なサイトがあったんです

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20150304

進化しているNHKのコンテンツにまったくついていけていなかったことが判明><

【キーワード】変化する NHK for School! NHKのコンテンツ、奥が深い……!!

記事を読む

20160901

いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

【キーワード】~なのに~ 昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチ

記事を読む

20160115

自然な文章に誘導され、はからずしも自分自身と向き合うことになった。

【キーワード】情けない 今週は「情けない」をキーワードに検索していろいろな記事を紹介しているわ

記事を読む

20160303

簡単になぞかけをひねり出すための魔法の方程式

【キーワード】誤変換 最初に提示された方程式の図が秀逸です。 これ、発想力やアイディア力を鍛

記事を読む

20160311

ちょっとしたきっかけから深く調べるのが好奇心の始まり

【キーワード】影響されやすい 身長に遺伝が関係するのは小耳に挟んだことがありますが、80%とい

記事を読む

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

20150616

覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

【キーワード】特殊な用途 こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑