人間の複雑だけど単純な部分を用いた、ちょっとした改善策

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 ライフハック

【キーワード】ちょっとした工夫

ちょ、どこのワタクシの話だ><
特に、朝の時間帯は、寝起きで頭もはっきりしていないし(ぉぃ ι )
出かける前にやらなくちゃいけないことも多く、リマインダーチェックどころじゃないって部分が(^^;

物忘れを防ぐちょっとした工夫 | Zafiel

物忘れを防ぐちょっとした工夫 | Zafiel

ワタクシも、この人と同じように、朝必要なものをテーブルに置いておく、という動作を取り入れたところ、確かに、忘れ物がぐっと減りました。
それに味を占めて、朝だけでなく、仕事始めなどにもあえて「ワンクッション入れる」を取り入れたところ、物忘れがかなり改善されました。

自分がこの方法を取り入れたのは、かなり前のことで、テレビで老人介護の話を見て以来のことだったように記憶しています。
物忘れのひどい老人たちにいかに薬をきちんと飲んでもらうか、という取り組みをする際に、この「ワンクッション入れさせる」をヘルパーさんたちが実行していたのですね。

人間というものは、複雑だけど単純、単純だけど複雑。
ワンクッション入れる、というのは、物事を複雑にしているように見えますが、実は、単純にそこに集中させる効果を発揮することになるのかもしれません。

関連記事

20150914

欠点を自覚するからこそ、それを長所に変えることができる

【キーワード】見返してみると ワタクシも気が散りやすいタイプです。 こちらの方と同じ、授業中

記事を読む

20160206

逆説的ながらシンプルで力強い言葉

【キーワード】思い込み 今回、検索してピックアップ作業をしているときに、この手の「思い込みを突

記事を読む

20140219

単純なことほど大きな効果をもたらすのは、無理なく続けられるから……継続の力が一番大きい。

【キーワード】心が躍る ざっくり読むとただのポジティブシンキングっぽい。 ……んだけど。

記事を読む

20140607

問題は自分の側にではなく相手の側にある。

【キーワード】裏を返せば あ、営業の仕事をするようになってから、自分が取り入れた考えと一致しま

記事を読む

20150720

既製品にちょっとした改良を加えることで、使い勝手が断然よくなる

【キーワード】ちょっとした工夫 IDEA*IDEAはRSS購読しているブログなので、当時読んで

記事を読む

20160430

身体にアプローチすることで落ち着きを取り戻し余裕を持つ

【キーワード】余裕を持って 「余裕を持つ」と考えたときに、真っ先に浮かぶのは心や気持ちを落ち着

記事を読む

20140913

最初は面倒に感じても、やっているうちにどんどん楽しくなってくる、それ自体が日記の利点かも。

【キーワード】~の利点 最近NAVERまとめをよく取り上げているので、今回はスルーしようかと思

記事を読む

20150622

効率的に物事を勧めたいなら自分自身へのご褒美は必須かも。

【キーワード】分けて考えれば いちばん最初に提示されている楽しみを作っておく方法は、ガチですね

記事を読む

20150807

読みやすさとは、読み手の存在を意識しているかどうかにかかってくるのかもしれない

【キーワード】~より~のほうが おお、この一覧は便利ですね! それにとても納得できる一覧です

記事を読む

20160429

いざという時に余裕を持つために大切な、普段からの心がけ

ブログのタイトルがステキで、つい足を止めて(?)しまいました。 心の余裕の作り方 ゆとりを持つ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑