似たような字面で意味が正反対の言葉を変換するときは、最大限の注意を払わなければならない。

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 ネタ・雑学

【キーワード】どこにでも

……うわぁ、これは自分も気を付けねば><
キーボードの変換に頼っていると、こういう似た文字はそのままスルーしてしまいそうですからね(滝汗)

誤字等の館:どこにでも偏在する

誤字等の館:どこにでも偏在する

「遍在」と変換すべき言葉を「偏在」として変換してしまうと、意味が正反対になってしまう、という話が書かれています。
これらの言葉の意味が正反対なのはワタクシも知っています。が、いざ自分がキーボードを打っていて、長文を一括変換した際に、この誤字に気づいて修正するかどうかと問われれば、見逃す可能性のほうが大きいと言わざるをえないでしょうorz

だいたい、意味がまったく正反対になるのにこんなに文字が似ていることが問題なんだ!!(逆ギレww)
こうしてみると、他にも似たような字面なのに意味が正反対になる言葉がありそうですね。校正を生業としている人たちの重要性を再認識する次第です……。

そういえばこの記事の置かれた誤字等の館は書籍化もされている超有名サイトですね。
この記事をピックアップしたのをきっかけに、久しぶりに目にしたのですが、2009年からこっち、更新が止まっていたのですね。
面白いテキストサイトが更新停止しているのを見ると、少し寂しい気持ちになります……(´・ω・`)シュン

関連記事

20130904_01

そのメロディであれを覚えるとは。

【キーワード】感覚だけで ギターはコードくらい弾けるけど、鍵盤系はからきしの茅須が通りますよ。

記事を読む

20150730

日本で適用されたらえらいことになるだろうインドネシアの迷信

【キーワード】似たような 海外のことわざについてはことわざにはそれができた当時の風習が見て取れ

記事を読む

20141104

一度ついたイメージはなかなか抜けないようだ。

【キーワード】斜め上の発想 誰かのイメージを見ちゃうと、自分の発想がそれに引きずられてしまう、

記事を読む

20150416

曖昧な語源も多数の声にそれが真実のように響いてしまう。

【キーワード】プラスアルファの プラスアルファ、という言葉が、和製英語であることは知っていまし

記事を読む

20140424

驚くポイントって人によってこんなに違うんだΣ(゚Д゚)

【キーワード】わざわざ 叫びたい気持ちもわかるんだけどwwwww わざわざAmazo

記事を読む

20150105

どうしたらこんな間違いができるのかと盛大にツッコミを入れたくなる画像の数々。

【キーワード】なんでやねん 新年早々NAVERまとめを取り上げる羽目になるとは屈辱的……(ぇ

記事を読む

20140320

価値を決めるのは人間側の都合であって、生き物はただ生きているだけなのかもしれない

【キーワード】理由について 真実はあっさりしたものなのかもしれませんね。 【納得】ダ

記事を読む

20141009

コネタ満載で羨ましい親子関係てんこ盛りww

【キーワード】衝撃的な ブログタイトル、好きだなー「鶏肉を取りに行く」って(笑) こういう小

記事を読む

20150203

たこ焼き屋の看板のたこのイラストって、共食いの象徴だったのか……!

【キーワード】むしろ安心 デイリーポータル Z:@niftyは記事が多すぎて全部を追っかけては

記事を読む

20160401

忘れ去られることなく長く愛され続ける、それだけでも価値あること

【キーワード】知らないこと エイプリルフールですね。 凝ったことにチャレンジしているサイトも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑