似たような字面で意味が正反対の言葉を変換するときは、最大限の注意を払わなければならない。

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 ネタ・雑学

【キーワード】どこにでも

……うわぁ、これは自分も気を付けねば><
キーボードの変換に頼っていると、こういう似た文字はそのままスルーしてしまいそうですからね(滝汗)

誤字等の館:どこにでも偏在する

誤字等の館:どこにでも偏在する

「遍在」と変換すべき言葉を「偏在」として変換してしまうと、意味が正反対になってしまう、という話が書かれています。
これらの言葉の意味が正反対なのはワタクシも知っています。が、いざ自分がキーボードを打っていて、長文を一括変換した際に、この誤字に気づいて修正するかどうかと問われれば、見逃す可能性のほうが大きいと言わざるをえないでしょうorz

だいたい、意味がまったく正反対になるのにこんなに文字が似ていることが問題なんだ!!(逆ギレww)
こうしてみると、他にも似たような字面なのに意味が正反対になる言葉がありそうですね。校正を生業としている人たちの重要性を再認識する次第です……。

そういえばこの記事の置かれた誤字等の館は書籍化もされている超有名サイトですね。
この記事をピックアップしたのをきっかけに、久しぶりに目にしたのですが、2009年からこっち、更新が止まっていたのですね。
面白いテキストサイトが更新停止しているのを見ると、少し寂しい気持ちになります……(´・ω・`)シュン

関連記事

20131116

淡々と記録されたものの価値は計り知れない

【キーワード】独特な言い回し こういう記事に出会えるから、ネット徘徊はやめられないんですよww

記事を読む

20131009

日常なんだか非日常なんだか。

【キーワード】~しちゃった うわぁ、落とした財布のエピソードが泣ける つД`)・゚・。・゚゚・

記事を読む

20150608

場所にまつわるジンクスにもいろいろなパターンがありますね。

【キーワード】振り返って ……渡月橋を渡りながら振り返ったような気がする……すごく若い時に……

記事を読む

20150129

飛躍した発想で、日常の不便を補う人々

【キーワード】その発想はなかった あれ、もっとネタっぽいものが並んでいるかと思いきや(酷)

記事を読む

20150619

世界にはまだまだ未知の文化や風習が溢れているようだ

【キーワード】特殊な用途 「食用石」なるものの存在を、このページで初めて知りました……。

記事を読む

20150811

宴会ネタにはなるかもしれない程度の些細な成功度分析方法

【キーワード】立ち位置 真偽のほどはともかく(ぇ)宴会ネタにはいいかも。 「卒業写真の神

記事を読む

20140716

いちど印象がつくともうそのようにしか見えない事例

【キーワード】懐かしい知恵 どれもこれも、本当にそう見えることにびっくりしてしまいました( ゚

記事を読む

20141022

昔に戻れたら違う決断しますか?

【キーワード】勇気ある決断 この手の診断系コンテンツはワタクシにとっては釣り糸のようなもの……

記事を読む

20150416

曖昧な語源も多数の声にそれが真実のように響いてしまう。

【キーワード】プラスアルファの プラスアルファ、という言葉が、和製英語であることは知っていまし

記事を読む

20140314

予想の斜め上の行動をとられると、その場の状況そっちのけで腹筋崩壊してしまう。

【キーワード】まさかの エントリタイトルから男性を想像しながら読んでいたらまさかの女性wwww

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑