似たような字面で意味が正反対の言葉を変換するときは、最大限の注意を払わなければならない。

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 ネタ・雑学

【キーワード】どこにでも

……うわぁ、これは自分も気を付けねば><
キーボードの変換に頼っていると、こういう似た文字はそのままスルーしてしまいそうですからね(滝汗)

誤字等の館:どこにでも偏在する

誤字等の館:どこにでも偏在する

「遍在」と変換すべき言葉を「偏在」として変換してしまうと、意味が正反対になってしまう、という話が書かれています。
これらの言葉の意味が正反対なのはワタクシも知っています。が、いざ自分がキーボードを打っていて、長文を一括変換した際に、この誤字に気づいて修正するかどうかと問われれば、見逃す可能性のほうが大きいと言わざるをえないでしょうorz

だいたい、意味がまったく正反対になるのにこんなに文字が似ていることが問題なんだ!!(逆ギレww)
こうしてみると、他にも似たような字面なのに意味が正反対になる言葉がありそうですね。校正を生業としている人たちの重要性を再認識する次第です……。

そういえばこの記事の置かれた誤字等の館は書籍化もされている超有名サイトですね。
この記事をピックアップしたのをきっかけに、久しぶりに目にしたのですが、2009年からこっち、更新が止まっていたのですね。
面白いテキストサイトが更新停止しているのを見ると、少し寂しい気持ちになります……(´・ω・`)シュン

関連記事

20150821

タイトルと中身の乖離はその落差が激しいほどインパクトが強い

【キーワード】無茶をする このエントリタイトル、どう考えてもひっかけwwwww どれだけ学術

記事を読む

20140626

地方には地方にしかない面白ネタがたくさんww

【キーワード】~だからこそ こういう地方ネタ、大好物ですwwwww 【島根県あるある

記事を読む

20141008

本当に営業しているのか疑わしいほどの寂れた、秘湯なんてレベルじゃない温泉

【キーワード】衝撃的な 素で驚いた……これ、営業してるんだ?! No.06 那須の珍

記事を読む

20131023

カメラメーカーNikonのキッズ向けコンテンツに野望を見た(大袈裟)

【キーワード】形を変えて カメラメーカーNikonのサイト内に、このようなキッズ向けのページが

記事を読む

20140113

魂の器と呼ばれる所以はこういうところにあるのか

【キーワード】自覚した 真冬に怪談話を披露するのもどうかと思ったんですがww 自分に

記事を読む

20150619

世界にはまだまだ未知の文化や風習が溢れているようだ

【キーワード】特殊な用途 「食用石」なるものの存在を、このページで初めて知りました……。

記事を読む

20160224

ペンギンの歩き方は可愛すぎるので、それだけですべてが許される

【キーワード】こんな時こそ ちょwwwww オチが酷いwwwww 慣れない雪道を歩くの

記事を読む

20150108

なせオカンはオカンになるとオカンとしか言いようのない行動を取るのか。

【キーワード】なんでやねん このブログでもすでにオカン最強説という過去エントリでオカンの珍行動

記事を読む

20141104

一度ついたイメージはなかなか抜けないようだ。

【キーワード】斜め上の発想 誰かのイメージを見ちゃうと、自分の発想がそれに引きずられてしまう、

記事を読む

20160203

素で変な声が出るほど驚かされた衝撃のチャレンジ

【キーワード】思い込み え、え、え、えええええ?! 種明かしの文を読んだときに、素で変な声が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑