ドラえもんというコンテンツの偉大さをかみしめる

公開日: : 最終更新日:2015/06/24 趣味・実用

【キーワード】分けて考えれば

改めて、ドラえもんというのは偉大なコンテンツなのだなーということが伝わってくる、素晴らしい解説記事です。

ドラえもん『世の中うそだらけ』(ギシンアンキ)

ドラえもん『世の中うそだらけ』(ギシンアンキ)

検索からピックアップされたのはこのコンテンツの2ページ目だったのですが、最初から読んでほしいので、いちばん最初のページを紹介します。ドラえもん9巻に登場する話『世の中うそだらけ』の解説です。

藤子・F・不二雄 小学館 1975-11-01
売り上げランキング : 32335
by ヨメレバ

天才・藤子F不二夫の真骨頂を堪能できる、素晴らしい解説です。
これ、ドラえもんの中のワンエピソードだし、取扱い金額が50円100円の少額だから、読んでいる大人側としてはすぐに理論の穴を看破できるわけですが、実際に自分がこういう局面に立たされ、しかも金額が跳ね上がって暗算ができない状態に陥ったら、最初ののび太やのちのジャイアンと同じ状態にならないとはとても言いきれませんね……(滝汗)

この記事の中でも言及されているように、詐欺師はこういうテクニックを応用してこちらの判断力を奪っていくわけですね。
最終ページに書かれている

でも、「自分だけは大丈夫」と思いこんでいる人間こそが、
詐欺師にとってはかっこうの標的だそうです。

という教訓を、よくよく噛みしめておこうと思います。

関連記事

20151201

カップヌードル特設サイトにある三分ゲームのクオリティが高い

【キーワード】時間泥棒 ちょ、日清食品さん、なにやってんすかwwwww ……とツッコミを入れ

記事を読む

20140206

インターネットの速さより、アーカイブとしての有用性に目を向けたい

【キーワード】身近なものから インターネットというと、どうしても情報の即時性にばかり囚われてし

記事を読む

20160526

リアル書店はないとないで本当に困るんだけど……><

【キーワード】不便になった 最近このブログで隙を見ては「電子書籍さいこー」と叫んでいる(ぇ)ワ

記事を読む

20151029

読んできた本が、自分自身を作りあげている

【キーワード】ハマりやすい 紀伊国屋書店、面白い企画ページを展開していたんですね!(喜)

記事を読む

20140702

好きこそものの上手なれ

【キーワード】重宝している Nature Logという、フォトライター日野東さんが運営している

記事を読む

20140828

波に乗る瞬間をなぜテイクオフと表現するのか

【キーワード】永遠に語り継がれる 地面が動くスポーツは波乗り(サーフィン)だけ、という言葉に、

記事を読む

20151117

有用すぎるのに役に立たないと謳う謙虚な管理人さん

【キーワード】役に立たない タイトルに嘘偽りあり、ですよ……? 沖縄発!役に立たない写真

記事を読む

20160903

国内に居ながらにしてモンゴルの遊牧民気分を味わえる観光スポット

【キーワード】~なのに~ え、県内にこんなテーマパーク(?)があるなんて、今まで全然気づきませ

記事を読む

20150912

RPGでレベル上げに熱中した人ほどすごい勢いで頷きたくなる推論

【キーワード】集中できる これは面白い着眼点です。 RPGゲームに一度でも熱中したことのある

記事を読む

20140507

自転車で風を切る気持ちよさを思い出させてもらいました。

_【キーワード】ツボにハマる 趣味のロードバイクでいろんな場所を走っている人のブログでした。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑