覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 ビジネス・教養

【キーワード】特殊な用途

こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサイトだろうなぁ……。
探してまで見ることがなかった、という不遜な自分を思わず顧みてしまいます。

2マスで表す文字-晴眼者のための点字入門

2マスで表す文字-晴眼者のための点字入門

晴眼者のための点字入門というサイト内に置かれたワンコンテンツです。
身近にそれを必要としている人がいなければ、なかなか、自分から点字を学ぼうとは思わないものですよね。手話なんかもそうか。人間は自分の手の届く範囲のことにしか興味を持てないものですし。

そんなわけで、サイト内を一通り全部読んで、点字というものが見事な法則性に基づいていることに感心しました。法則を頭に叩き込めば、覚えることは割合簡単かもしれないです。というか、簡単に読めるようにならなければ、それを習得することの苦労を強いることになるわけですから、それは当然の配慮かもしれません。

が。
点字というのは指先の感覚で文字を読み取っていくものですよね……?
指先の感覚が退化しているワタクシなど、これらの点の集まりを文字として「感じ取る」、その繊細さにこそ、感服するばかりです……。

関連記事

20151021

伝えるためにいちばん大事なのは、伝えようとする気持ちじゃないのかな。

【キーワード】伝わる 伝わるポイントを紹介するというのなら、これくらい、絞り込んできてほしいも

記事を読む

20140214

人は、本当に知りたいことに、さらに+αを加味した情報を与えてもらうと、ものすごく得した気分になる。

【キーワード】ピタリとはまる 世間では週末でバレンタインデーですね。お相手のいる人たちはいろい

記事を読む

20160624

キワドイ話だからこそ、本質を突くことができるのかもしれない

【キーワード】たまたま しょっぱなから割とキワドイ話をしているので、これをどう紹介したものかた

記事を読む

20150512

設問と回答はワンセットだが、そこに至る思考の道筋を明らかにすることにこそ、一番の価値がある

【キーワード】先入観 マイクロソフトの入社試験で使われた問題(や、それに類する問題)を紹介して

記事を読む

20150710

大人にとっても勇気づけられる、高校生に向けた講演の言葉。

【キーワード】やってみれば 高校生を対象とした講演の内容が綴られているのですが、これ、大人が読

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20150805

タイピングか手書きかというのは定期的に出る話題

【キーワード】~より~のほうが 手書きのほうがスピードが落ちる、というのも一つ理由のような気が

記事を読む

20150429

正直に理由を申告するのは是か非か

【キーワード】ぶっ飛んだ 休日に相応しい話題……ですかね(^^; 明日、休み明けに出勤する人

記事を読む

20141213

自分にかけるべき言葉と、他人にかけるべき言葉を、きちんと使い分ける

【キーワード】大間違い そうそう、失敗は成功の母ってよく言われますけどね、「ただし……」っての

記事を読む

20140208

イラストや絵文字の需要が日々、増えているからこそ

【キーワード】身近なものから 絵を描くのが苦手、という人には、ぜひ参考にしてほしい記事ですね(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑