覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 ビジネス・教養

【キーワード】特殊な用途

こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサイトだろうなぁ……。
探してまで見ることがなかった、という不遜な自分を思わず顧みてしまいます。

2マスで表す文字-晴眼者のための点字入門

2マスで表す文字-晴眼者のための点字入門

晴眼者のための点字入門というサイト内に置かれたワンコンテンツです。
身近にそれを必要としている人がいなければ、なかなか、自分から点字を学ぼうとは思わないものですよね。手話なんかもそうか。人間は自分の手の届く範囲のことにしか興味を持てないものですし。

そんなわけで、サイト内を一通り全部読んで、点字というものが見事な法則性に基づいていることに感心しました。法則を頭に叩き込めば、覚えることは割合簡単かもしれないです。というか、簡単に読めるようにならなければ、それを習得することの苦労を強いることになるわけですから、それは当然の配慮かもしれません。

が。
点字というのは指先の感覚で文字を読み取っていくものですよね……?
指先の感覚が退化しているワタクシなど、これらの点の集まりを文字として「感じ取る」、その繊細さにこそ、感服するばかりです……。

関連記事

20160204

思い込みを持つことで一番苦しいのは自分自身かもしれない

【キーワード】思い込み 我々は自分が思っている以上に不要な思い込みに囚われている、というのがよ

記事を読む

20160325

さまざまな方法で自分自身をいろんな角度から見つめるためのいくつかの方法

【キーワード】理解するために 記事のタイトルが「6つのこと」なのに、実際には12項目もあったん

記事を読む

20150910

大人だって可愛いものに囲まれていたいのです☆

【キーワード】集中できる なんですか、この、ワタクシを擁護するためだけに存在するような研究結果

記事を読む

20160513

司書という調べ物のプロのレファレンス能力はもっと評価されるべきだ

【キーワード】抵抗感がある レファレンス協同データベースと言えば、全国の司書さん御用達、調べ物

記事を読む

20150304

進化しているNHKのコンテンツにまったくついていけていなかったことが判明><

【キーワード】変化する NHK for School! NHKのコンテンツ、奥が深い……!!

記事を読む

20160321

読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

【キーワード】理解するために ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。 別に、読書嫌いの人

記事を読む

20140214

人は、本当に知りたいことに、さらに+αを加味した情報を与えてもらうと、ものすごく得した気分になる。

【キーワード】ピタリとはまる 世間では週末でバレンタインデーですね。お相手のいる人たちはいろい

記事を読む

20160426

余裕を持つことと、相手の優位に立ちたいと思うことは、まったく違うことだ

【キーワード】余裕を持って 紹介を旨とする当ブログでは、基本的に筆者の気に入ったものを紹介する

記事を読む

20141122

人生いくつになっても遅すぎることなんてない、という実例を示してくれる人の力強さ。

【キーワード】やり直したい 大人になってからでもいろんなことを「始められる」という実例を示した

記事を読む

20160901

いろんなものを受け入れて混合されてきたがゆえに、今の供養の形がある

【キーワード】~なのに~ 昨日のエントリ知っているようで実は曖昧な雑学知識をいろんな角度からチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑