覚えることではなく、使いこなすことに意義がある

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 ビジネス・教養

【キーワード】特殊な用途

こういうきっかけでもなければ、自分から探してまで見ることのなかったサイトだろうなぁ……。
探してまで見ることがなかった、という不遜な自分を思わず顧みてしまいます。

2マスで表す文字-晴眼者のための点字入門

2マスで表す文字-晴眼者のための点字入門

晴眼者のための点字入門というサイト内に置かれたワンコンテンツです。
身近にそれを必要としている人がいなければ、なかなか、自分から点字を学ぼうとは思わないものですよね。手話なんかもそうか。人間は自分の手の届く範囲のことにしか興味を持てないものですし。

そんなわけで、サイト内を一通り全部読んで、点字というものが見事な法則性に基づいていることに感心しました。法則を頭に叩き込めば、覚えることは割合簡単かもしれないです。というか、簡単に読めるようにならなければ、それを習得することの苦労を強いることになるわけですから、それは当然の配慮かもしれません。

が。
点字というのは指先の感覚で文字を読み取っていくものですよね……?
指先の感覚が退化しているワタクシなど、これらの点の集まりを文字として「感じ取る」、その繊細さにこそ、感服するばかりです……。

関連記事

20150717

RPGになぞらえて人生をとらえてみると……

【キーワード】無駄なこと 親御さんなら一度ならず問われたことがあるであろう「勉強はなぜ必要なの

記事を読む

20160722

身近な場所に隠れた名所が存在しているかもしれない

【キーワード】迂闊にも 実は史実上とても重要な場所だったのに、意外にもそれを知らないまま長らく

記事を読む

20160317

日常生活から習得したい言語以外のものを排除するという潔さ

【キーワード】習慣の問題 一昨日英文読解についてのネタを取り上げたばかりなので、ネタ被りになる

記事を読む

20140516

指導することのむずかしさ

【キーワード】敢えて 本来はこうあるべきなんだけど。頭じゃわかってるんだけど(^^; それが

記事を読む

20160321

読書嫌いが読書好きに変身した、本を好きになるための一つの方法

【キーワード】理解するために ワタクシ自身は読書家を自負しておりますが。 別に、読書嫌いの人

記事を読む

20150509

『資本論』という自分にとってのトラウマ案件にもう一度チャレンジしようかと思わせられた

【キーワード】要約すれば 資本論。 チャレンジして挫折した、若かりし頃の苦い思い出がよみがえ

記事を読む

20160625

「運が良い」「たまたま」と口にする成功者ほど、実は万全な布石を敷いているもの

【キーワード】たまたま 成功者の口からよく聞く「運がよかった」という言葉。 その「運」はたい

記事を読む

20160115

自然な文章に誘導され、はからずしも自分自身と向き合うことになった。

【キーワード】情けない 今週は「情けない」をキーワードに検索していろいろな記事を紹介しているわ

記事を読む

20131217

いろんな形の読書方法があるけれど、基本的に読書は楽しいものだと思う。

【キーワード】それぞれの流儀 会社概要を見ると、セミナー事業を展開している会社のサイトなんです

記事を読む

20150304

進化しているNHKのコンテンツにまったくついていけていなかったことが判明><

【キーワード】変化する NHK for School! NHKのコンテンツ、奥が深い……!!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ランダムピックアップ
上記ランダムピックアップの文字をクリックすると、適当な過去エントリを拾い出します。暇つぶしにどぞ★

20160910
高揚した気分が抜けると疲れを感じることに似ている

【キーワード】そうじゃないかと このテーマについて深く考えたこと

20160909
とりあえず始めたことにいつの間にか熱中してしまうのはなぜだろう

【キーワード】そうじゃないかと エントリタイトルの一行にすべてが

20160908
考えれば考えるほど「自分らしさ」とは曖昧なものだ

【キーワード】そうじゃないかと ものすごく共感できるエントリで、

20160907
言葉の用法を厳密に追求し始めると迷宮に迷い込むしかないようだ

【キーワード】そうじゃないかと このブログ、見たことある……しか

20160906
フットワークの軽さがアイデアに形を与えるのかもしれない

【キーワード】そうじゃないかと 誰でも考えつきそうだけど、あえて

→もっと見る

 

PAGE TOP ↑